FC2ブログ

新聞の間違い(21) 『U-29:1人640万円、僕らが返すの?』日本経済新聞H21.6.27

新聞の間違い 『U-29:1人640万円、僕らが返すの?』日本経済新聞H21.6.27

 息子 国と地方の借金が816兆円もあるっていわれるとびっくりするよね。いったい何でふくらんだの?
…娘 800兆円っていわれてもピンと来ないけど、国民1人当たり約640万円の借金がある計算。09年度の国の予算を家計に例えると、収入は580万円なのに支出は1千万以上あり、440万円の借金をしなきゃいけないんだって。
…息子 大丈夫。僕らの子供の世代が返してくれるよ
娘 ホントにそんなに先送りできるのかなあ。


<日本は貯蓄超過>

日本は「貯蓄超過」なのです。

三面等価の図を見ましょう。
三面等価

ここから、 (S+I)=(G-T)+(EX-IM)という関係がわかります。
 左辺(S-I)が0(つまり、国民の貯蓄を、企業投資で使い切っている状態)なら、財政赤字(G-T)と、貿易黒字(EX-IM)の合計は0です。
高度経済成長期は、企業投資が活発で、国債発行も、貿易黒字も生じませんでした。
国債残高
日本の輸出入
 国民の貯蓄超過がなくならない限り、財政赤字(G-T)+貿易黒字(EX-IM)は必ずトータルプラスで発生します
 GDP(財・サービス)が10円とします。イコール国民所得GDIも10円です。この10円が、すべて国内で生産された材・サービスの購入に向かえばよいのですが、国民は10円中6円しか消費せず、4円貯蓄(財・サービスの購入に充てられなかったすべて)します。
 その4円を借りて消費するのが、企業(I)、政府(G-T)、外国(EX-IM)です。

<国債の取り上げ方>

三面等価の図を見ましょう。
三面等価
 ここから、S-I=(G-T:公債)+(EX-IM:外国への資金貸出)という関係がわかります。国民の貯蓄(S)が(G-T)に充てられています。ですから、 「国債は政府の借金=国民の財産」です。

 この借入金を買っているのは誰でしょう?それは我々1人1人の国民なのです。我々が預貯金をしたり、生命保険金を支払ったりしたお金が、国債の購入に当てられています。
国債保有者 日経H21.6.27
 しかも、国債の金利は、銀行や郵貯、保険会社の利益(GDPに算入)です。将来の世代が、その利子を受け取る のです。

 約668兆円の国債のうち、94%=約628兆円は、我々日本人が持っているのです(海外の6%を除く 上記グラフ参照)。簡単に言えば、約1500兆円に及ぶ、日本人の個人資産の約45%は国債なのです。
P134 家計の金融資産残高の推移
カラー0004

家計→金融機関→国債購入なのです。

 日本の消費Cは、約287兆円です。消費税を10%引き上げると、28兆7千億円増税です。税収不足分が補えることがわかります。国と地方が、現在発行しなければならない債務を、消費税を15%にすることで、「無借金経営」にすることが出来ます

新聞の間違い(20) 一直『大機小機:ますます大事な財政再建目標』日経 H21.6.2

一直『大機小機:ますます大事な財政再建目標』日経 H21.6.2

 …日本の財政再建の歴史は不幸の連続だった。1970年に高度成長が終わったとたんに2度の石油ショックに遭遇し、財政赤字が定着した。…今世紀に入ってからは小泉構造改革と景気回復に支えられて再建の道を徐々にたどっていた。その途上でまたまたショックを受けたのだ。…すでに日本の政府の長期債務残高はGDPの1.5倍を超えて、先進国で最悪である

<公債発行と、貿易黒字は、貯蓄超過から生まれる>


 日本は「貯蓄超過」なのです。
 三面等価の図を見ましょう。
三面等価

 ここから、(S-I)=(G-T)+(EX-IM)という関係がわかります。
 左辺(S-I)が0(つまり、国民の貯蓄を、企業投資で使い切っている状態)なら、財政赤字(G-T)と、貿易黒字(EX-IM)の合計は0です。

 高度経済成長期は、企業投資が活発(S-I=0)で、国債発行(G-T)も、貿易黒字(EX-IM)も生じませんでした
国債残高
日本の輸出入


 国民の貯蓄超過がなくならない限り、財政赤字(G-T)+貿易黒字(EX-IM)は必ずトータルプラスで発生します。

 GDP(財・サービス)が10円とします。イコール国民所得GDIも10円です。この10円が、すべて国内で生産された材・サービスの購入に向かえばよいのですが、国民は10円中6円しか消費せず、4円貯蓄(財・サービスの購入に充てられなかったすべて)します。
 その4円を借りて消費するのが、企業(I)、政府(G-T)、外国(EX-IM)です。


 続いて、国債の取り上げ方です。

三面等価の図を見ましょう。
三面等価

 ここから、S-I=(G-T公債)+(EX-IM貿易黒字)という関係がわかります。
 国民の貯蓄(S)が(G-T)に充てられています。ですから、「国債は政府の借金=国民の財産」です。
 この借入金を買っているのは誰でしょう?それは我々1人1人の国民なのです。我々が預貯金をしたり、生命保険金を支払ったりしたお金が、国債の購入に当てられています。しかも、国債の金利は、銀行や郵貯、保険会社の利益(GDPに算入)です。
 約668兆円の国債のうち、95.4%=約637兆円は、我々日本人が持っているのです(海外の4.6%を除く 2006年3月末現在)。簡単に言えば、約1500兆円に及ぶ、日本人の個人資産の約42%は国債なのです。

P134 家計の金融資産残高の推移カラー0004
国債保有者 日経H21.6.27

 「国はいくら国債を発行しても倒産することはないと考えて良いのでしょうか。結論から言えばそのとおりです。現代の管理通貨制の下では自国通貨建ての国債をいくら発行してもそれが理由で国が倒産することはありえ (下線部筆者)」ないのです。
岩村充 『貨幣の経済学』集英社 2008 p153 
 
 同書では,「国債は政府の株式」に例えられています。また、国債は通貨制度のアンカー(昔の金本位制度における金)だと喝破しています。

新聞の間違い(13) 日本経済新聞

 経済新聞が、経済的な誤りを掲載しています。
(R)『国債入札、無難な再開 マーケット ウオッチャー 』 日本経済新聞 H21.5.13

日本は国債を増発しても、経常黒字でため込んだ国内での貯蓄で吸収できる点が強みだ。だが経常赤字の月が出始めるなど、「貯蓄の超過幅が急縮小しており、国債増発の影響が強まるかもしれない」 (東海東京証券の斎藤満チーフエコノミスト)。

 新聞記事の間違いは、正解はで示しました。記者は間違い斉藤さんは正解です。
 「経常黒字でため込んだ国内での貯蓄」についてです。
 再三指摘しているとおり、経常黒字=資本収支赤字なので、経常黒字額=外国債、外国株、外国社債、直接・間接投資額など、外国への資金の貸し出しのことです。ですから、「経常黒字」は儲けではないので、「ため込む」ことは不可能ですし、 「国内の貯蓄」には絶対になりません。 「国内の貯蓄」が「経常黒字」に回る のです。

 三面等価の図を見て見ましょう。三面等価

 国内のS(貯蓄)が、I(企業の投資)、(G-T:公債)、(EX-IM:輸出―輸入:経常黒字:海外への資金の貸し出し)になるのです。S=144兆円、それがI93兆円、G-T32兆円、EX-IM18兆円に回るのです。新聞は全く反対に書いています

 経常赤字の月が出始めるなど、「貯蓄の超過幅が急縮小しており、国債増発の影響が強まるかもしれない」というのは、次のことをあらわします。三面等価の式です。

貯蓄超過= 公債 + 経常黒字
(S-I)  = (G-T)+ (EX-IM)
プラス     プラス    プラス
 ↓       ↓      ↓
減少      影響    マイナス(経常赤字)

ということです。左辺=右辺なので、右辺・左辺両方が減る中、公債を増発しても、公債に回るカネが少ない=国債価格下落→長期金利上昇→金利急騰になる可能性を指摘しているのです。

国債価格の下落=(長期)金利上昇とは、以下のことを表しています。

 満期の額面100万円の国債があります。この国債は、市場で常に売買されます。今、国債が98万円で売れたとします。利益率は、2万÷98万×100=2.04%、これが、国債の金利です。国債の人気が下がれば、98万円では売れません。(需要<供給)です。
例えば95万円に値下げして売られるとします(国債価格の下落)。そうなると、1年後に100万円手に入る国債を95万円で買ったのだから、その利益は5万円、金利は、5万÷95×100=5.26%になります(金利上昇)。
 国際価格下落=長期金利上昇とおさえておきましょう。


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
中高の教科書でわかる経済学 マクロ篇 発売です!

中高の教科書でわかる経済学 マクロ篇

中高の教科書でわかる経済学 ミクロ篇 発売です!

中高の教科書でわかる経済学 ミクロ篇


図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ