絶対? 表現の自由

<絶対に?>

 さて、フランスの風刺画について、過去記事です。その中で、次のように書きました。

クリック

風刺画の理由

ムスリムにとっては、宗教こそ、生きる価値そのものです。何のために生きるか、それは神のおぼしめしだからです。宗教=人生そのものです。

風刺画は、宗教をバカにします。「宗教なんて、価値なんかないよ」と、絶対価値を相対化します。そのために、一番強烈な表現方法を使います。
もちろん、イエスも風刺画の対象です。

価値の相対化が目標なんでしょうね。「この世の価値・生きる価値」も相対化されます。

宗教になんて価値はない、それが相対化です。宗教で食べていっている人もごまんといます。

さあ、では、風刺画に反論してみましょう。「いや、絶対的な価値はある!」



 フランスは「ライシテ」つまり「政教分離」、「公の場に宗教を持ち込まない」が原則です。ですから、政治に宗教は持ち込ませず、公教育に宗教は持ち込ませず(イスラム教徒のスカーフは学校では禁止)・・・です。

 政教分離は、フランスの国是です。18世紀末、教会が非寛容で抑圧的だった時代の産物です。ユグノー弾圧など宗教内戦もありました。

 フランス革命で、「非宗教」が国是となりました。

 12人が殺された、シャリルエブド誌襲撃で、「表現の自由を守れ」と、イギリスキャメロン首相や、ドイツメルケル首相をはじめ、フランスで「表現の自由」を守るために、大規模な集会が行われました。

 しかし、また、デンマークで、表現の自由をめぐり、事件が起きました。

日経電子2月18日

デンマークの首都コペンハーゲンで14日午後(日本時間同日深夜)、表現の自由を巡る会合を狙った銃撃事件が発生し、1人が死亡、3人の警官が負傷した。容疑者は25~30歳くらいの男性1人で、現場から逃走している。デンマーク警察当局は15日未明、別の銃撃事件で3人が負傷したと発表し、警戒を強化している。



 「宗教」を「そんなもの絶対的ではない」と表現の自由をもとに批判する、フランスの精神。これ自体が「宗教的(唯一絶対的な価値)」だと、自らを相対化することができません。

 つまり、ムスリムを相対化してけなしつつ、自らを「絶対だ」としているのです。

 では、「シャリルエブド」を風刺してみましょう。私は絵が描けないので、文字で表現します。

「表現の自由」「ライシテ」を「絶対」とする欧米人は、その宗教のような「絶対的」信念のもと、同胞を失っていることに気付かない。

これは、「シャリルエブド」には描けません。

 「固定相場制」は失敗するのです。なぜなら、ショックを吸収できる緩衝財「ショック・アブゾーバー」がないからです。ドルショック、アジア通貨ショック、アルゼンチン、最近のウクライナまで・・・

「思想」の「固定」も同じです。

ケインズ
この世で難しいのは、新しい考えを受け入れることではなく、精神のすみずみまで根を張った古い考えを捨てることだ。



ドミニク・モイジ 仏を代表する国際政治学者

日経2015.2.16 

 フランスはライシテを掲げているが、これ自体が宗教だと言える。キリスト教、イスラム教、ユダヤ教に次ぐ、第4の宗教というわけだ。他の宗教と同じく非寛容になり得る。



フランスの知性は、すごいです。ちゃんと相対化(学問の本質)しています。かないません。

それに比べて…

<君が言うか!>

クリック

小笠原誠司 いずれにしても、この社説を書いた人は、どれほど経済学の素養がおありなのでしょうか?


この小笠原誠司に、「経済学素養」がないことは、過去記事で明らかです。

カテゴリ「小笠原誠司」参照

 まるで、相撲出身解説者の小笠原誠治が、サッカー解説者(読売社説)によるゴルフ(経済)解説に対し、「どれほどゴルフの素養がおありなのでしょうか」と言っているのと同じです。

結論 ひどすぎる(笑い)

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学
教科書を書いている人もきっと良くわからないまま書いているのだということがわかってしまう、実はとっても怖い本でした。
nagahirogolf

スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、ご意見・ご感想(価値観)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ