再生エネルギー 限界、ムリ!

<再生エネルギー 限界 >

石油の「埋蔵量」は誰が決めるのか? エネルギー情報学入門 (文春新書)石油の「埋蔵量」は誰が決めるのか? エネルギー情報学入門 (文春新書)
(2014/09/19)
岩瀬 昇

商品詳細を見る


あなたは、日本での、計画停電や、不慮の停電を、許せますか?少々電力料金が高くても、安定が大事だと考えますか?

工場経営者で、いつ停電になるかわからない状態で、できますか?精密な機械を作る工場で、「安定した電圧」が必要なのに、不安定な電源を容認できますか?



再生エネルギー(太陽光や風力)は、電力(電流アンペア×電圧ボルト=A×V)が一定しないのです。

今、工場で、モーター(6ボルト)を回して、精密機械を作っているとします。

電池は1.5ボルトですから、直列に、4個並べれば、安定した電圧が得られます。
モーターは一定速度で、動きます。

http://solar.dot-txt.net/archives/36
battery

ところが、再生エネルギーを使用すると、あるときは、電池6個分、ある時は、電池1個分の電力(A×V)しか、作れません。

再生エネルギーの最大値を電池4個分にすると、風がなければ、電池1個分や、曇れば、電池2個分としか、電圧を作れません。

モーターの動く速度は、ぐちゃぐちゃになり、精密機械など作れないのです。

では、再生エネルギーを使用し、電池6個分の発電をできるように整えたとしましょう。これなら、最大値で、9ボルトの電圧が得られます。

しかし、再生エネルギーは、一定しないので、それを調整するために、火力発電や、原子力発電といった、常に一定の電力(A×V)を供給する装置を用意して、常に同じ電力を供給できるようにしなければなりません。

ところが、火力や原子力も、自動車のアクセルのように、「はい、再生エネルギーが足りないから、踏み込む、再生エネルギーが十分だから、緩める」ということが、簡単にできません。

送電線の電気を運べる量は一定なので、「再生エネルギー+過不足を火力・原子力エネルギー」として、常に一定量を確実に送ることができないのです。

さらに、電気は「周波数」もからみます。東日本と西日本で違う「ヘルツ」です。蛍光灯が、1秒間に何回点滅しているか(目に見えない速さなので、ずっと光っているように見える)という、例のあれです。

需給バランスが崩れると、その周波数が崩れ、

モーターは、一定速度で動くことができず、最悪の場合、停電です。

電気は、貯められないのです。その時点の需要に合わせて、その時点で供給するしかないのです。

火力や、原子力なら、常に一定した電圧の、調整された周波数の、高品質の電力を供給できます。昼だろうが、夜だろうが、常に一定です。送電線も一定量を確実に運ぶように作られています。

 単に、九州のように、再生エネルギーが原発1個分にもなる、良かったよかったでは、済まないのです。

クリック

福山哲郎2014年10月07日 23:00
長い一日でした・・・


設備容量ベースではあるものの、再生可能エネルギーだけで九州全土の電力需要をまかなえる日がありうるということは喜ばしいことではないでしょうか。全国で見れば、固定価格買取制度によってわずか2年で原発約15基分の発電量に相当する再生可能エネルギーが設備認定されています。



http://blogos.com/article/101465/

報道ステーションが伝えない再エネの不都合な真実 政策破綻のスペインから学ぶことは何か



 電気が余ったら、他の地域に融通する送電網を整備すればいいのではないか、容量が大きければ、少々の電気はためられるだろう。それはその通りです。では、その送電網にいくらかかりますか?間違いなく、千億円、1兆円単位です。

 再生エネルギー推進者は、まず、ご自宅を100%、賄ってください。不安定な電圧と電流で。停電や、居間の蛍光灯やLEDの光量が不安定になるかもしれません。TV録画予約がうまくいかないかもしれません。が、それは我慢してください。

あなたの家を、100%まかなうには、おそらく、500万円の建設費が必要です。(自分の家の電気を50% 分、太陽パネルでまかなうにしても、200万円単位の出費が必要な現状,しかも、雪が降らない地方)、夜分を賄うには、バッテリーも必要。

 余った電力売って、(買う費用は、賃貸アパートに住んでいる、高齢者の電気代に上乗せされている)元を取るなんて、そんな都合のいいことを、考えてもらっても困ります。

 あなたの家が停電になろうがどうでもいいのですが、電気使用量の85%は、産業用なので、そちらは、再生エネルギーの不安定さに依存することができません。

エネルギー2

 工場も、スーパーも、電車も、水道も、飲食店も、信号機も、職場のパソコンも、巨大なサーバーも、ATM決済機能も、不安定な電力に頼ることができません。

 病院の手術や、集中治療室や、透析が、不安定になると(自家発電はあるものの)、命にかかわる話になります。

 再生エネルギー買取を見越して、太陽光パネルを設置しようとしている業者さん。今になって、東北電力や、九電、北電が「買えない」と言ったからといって、文句を言わないでください。

再生エネルギー 中止

 「国が、買い取り価格(市場価格以上の価格で、その分は消費者が負担する方法)を決め、推進しようとしたではないか」と文句を言うのも無しです。民主党政権下の話です。

 高校授業料無償化、高速道路無料化、ガソリン税引き上げ反対、埋蔵金活用・・・

 
不安定な電力など、上水道に、汚染水を入れるような話。

図解 使えるマクロ経済学

jiro0038

面白い。これは経済学部に入学した全ての学生にお薦めしたい。経済学の体系がわかりやすく整理されており、それぞれの学派の考え方を理解するには最適な教科書です。さすが、高校教師。こういった本が今までなかったのが不思議なくらいです。スッキリです。

スポンサーサイト

comment

Secret

No title

確かにソーラーパネルは投資できる人にとってはプラスだろうけど、
投資できない人にとっては、負担にしかならない。

普段、「格差社会」と批判している人達がこのソーラーパネル問題に関して、
どのようなスタンスでいるのか知りたいなぁ~

図解 使えるマクロ経済学のラインハート,ロゴフの記述のところについて

再生エネルギーについての記述ではないのですが.
図解 使えるマクロ経済学をまだ読んでいる途中なのですが疑問に思った点があります.
本書のP110にラインハート,ロゴフの「債務/GDP比が90%以上になると低成長になる」の引用があります.しかし,ラインハート,ロゴフ論文はその後,エクセルの計算ミスが発覚しています.修正後のグラフを見ますと,債務/GDP比が高くなるほど実質成長率は低くなる相関はありますが(因果関係は分かりませんが),債務比が90%を超えると成長率を引き下げろわけではないです.したがって,本著の「債務/GDP比が90%以上になると低成長になる」という引用は訂正した方が良いと思うのですが,どうでしょうか?
あと,間違っていましたらすみません.

No title

拙著お読みくださり、ありがとうございます。

>ラインハート,ロゴフ論文

出た直後から、たたかれまくった本ですね。あまり意味はないという観点で取り上げてみました。

ピケティのしてきするように、残高/GDP比を減らすのは、1インフレと、2長い間の経済成長です。日本は2はムリなので、1しかありません。

でも、債務残高比が増えたから悪いわけでもなく(英)、減ったからよいわけでもなく(独)、よくわかりませんね。

No title

ラインハート,ロゴフの件について,ご返答ありがとうございます.

ラインハート,ロゴフ論文で重要視されたのは「債務/GDP比が90%以上になると低成長になる」でした.したがって,このことが否定されれば,この論文の重要性はあまりありませんですしね.

債務/GDP比に関しては,最近,原田泰氏(早稲田大学)が累積債務/名目GDPで評価した方が望ましいのではないかと指摘しています.ただし,その方法が適切かどうかはわかりかねますが.

いずれにせよ,この問題について,いつかはきちんとした答えを出してほしいですね.

No title

格差ですか。

正直、格差の何が悪いのか、わかりません。自分の上との格差を嘆いているのか、公益の観点から嘆いているのか・・・

ピケティは、格差が開くと経済成長が低くなるとは言っていません。

OECDは、格差は成長率を押し下げるといっています(この報告書のこの部分、時間ができたら、じっくり読んでみたいです)。

格差が開く=低所得層がますます貧しくなることではありませんし。

「俺は中間層で、俺の所得が伸びないのが問題(私憤)」なのか、「格差社会そのものが悪い(公益???でも客観的基準は何?)」
のか・・・

格差なくすなら、革命しかないような・・・あとは、所得税を最高税率80%にするとか、消費税50%にして、所得に応じて還付する制度とかですかね?

格差の何が問題なんでしょうねえ?
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ