臨時投稿 浜矩子 「円もドルも、同時崩壊するのです」

<臨時投稿 浜矩子 「円もドルも、同時崩壊するのです」>

以前、浜矩子さんについては、同じ講演内で、「円高になる」といい、「円安になる」といい、支離滅裂だととりあげました。

クリック

アベノミクスを批判

ごめんなさい、「支離滅裂」です。

「1ドル50円時代を生き抜く日本経済」(朝日新聞出版)などの著書がある浜教授は、これまでの超円高予想は「全く変わっていない」と言明

VS

日銀が極端な金融緩和の一方で円の価値を軽視していると世界に見放されたら、円安は「道草ではなくなり、底なしの円暴落につながる恐れがある。 ・・・日本国債の相場も「一蓮托生で暴落する。国内投資家も背に腹は代えられないため、見限らざるを得ない」と予想した。



-------------------------------

でも理由がわかりました。「ドルも円も、一蓮托生で、暴落」というのが、言いたかったかこと、だからです。

日経H26.10.13
浜 本

ということは、円もドルもだめなので、残るは「ユーロ」。



クリック

浜矩子語録(174) ユーロ危機の妖魔は通貨ユーロ



元?

これも違うんです。浜さん曰く、経済はミステリーなのです。

クリック

同志社大学大学院 ビジネス研究科 浜矩子

経済の世界は謎解きの世界です。極上のミステリーのように筋書きが展開し、鋭利な知性による探求が真相をつきとめるのです。授業の場では、こんな醍醐味を受講生の皆さんと共有出来るよう心がけています。

真相を解明するためには、質問を発しなくてはなりません。名探偵は的確な疑問を持ち、うまい訊問をするから、真犯人を探し当てることが出来るのです。ですから、我が授業は皆さんの質問を軸に進行します。予め提示申し上げたテーマについて質問を持ち寄って頂き、それらに私が答え、皆さんがお互いに解答し合う中で、真理に肉迫していくのです。

一見無関係にみえる二つの質問が見事な脈絡をもってつながり、驚くべき発見に我々を導いてくれたりするのです。


------------------------


クリック

ポール・クルーグマン「罪深い行状――道義的にも知的にも」

ここで,『ブルームバーグ』に今日掲載されてた・・・みんなも覚えてるんじゃないかな,2010年に,当時の連銀議長だったベン・バーナンキ宛に悪名高い公開書簡がだされた.その書簡は,バーナンキが経済を後押ししようと打ってる方策は,「通貨の毀損とインフレにつながる」と警告してた.

今月,『ブルームバーグ』の記者たちが,すばらしいアイディアを実行してくれた.4年ちかくも低インフレが続いたいま,あらためて当時あの公開書簡に署名してた人たちに,自分は間違っていたと認めるかどうか質問してくれてる.ま,当然っちゃ当然だけど,連中の言い分ときたら,当時はインフレの「リスク」があると言っただけでございますって調子だ.〔予想に反して低インフレにとどまっていて〕経済がうまくいってないのも問題ナシってわけだね.


その中の、ジョン・テイラー、スタンフォード大学の経済学の教授の回答です。

クリック

Fed Critics Say ’10 Letter Warning Inflation Still Right

John Taylor, professor of economics at Stanford University, in a phone interview:電話インタビューのジョン・テイラー、スタンフォード大学の経済学の教授:

“The letter mentioned several things -- the risk of inflation, employment, it would destroy financial markets, complicate the Fed’s effort to normalize monetary police -- and all have happened.”

“This is the slowest recovery we’ve ever had. Working-age employment is lower now than at the end of the recession.”

“Where is the evidence that it worked? It’s just not there.”


スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ