臨時投稿 主観的に、データを持ってくるな

<主観的に、データを持ってくるな>

もともとの話

(1)
>http://www.kensetsunews.com/?p=38052

人材不足について明確に誤解、ミスリードだそうです。

自由と責任はセットですよ、先生。
コメ欄見てもわかるように
やはり先生も明確にミクロとマクロの混同させて
ミスリードしてるという疑義があるってことですよ。

空理空論はどちらでしょうね。


(2)
>>ボトルネックで、受注さえできずに~
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=563863303714617&set=a.236228089811475.38834.100002728571669&type=1&theater
実際のデータを確認してみますと,公共事業は「順調に」業者によって受注されてきていることが,表からもわかります。
実に昨年同時期に比べて,1割以上も,順調に政府は発注できている。はい明確に受注率も上がってるよね。
・・バカなので先生の言っている事が今の時点では
朝日新聞同様、ミスリードに聞こえますなぁ。


1.民間+公共の話をしないといかんよなあ。
2.公共事業=建設業ではないよなあ。「建設」の話をしているんだがなあ。

バ○には、理解できんのだろうなあ。

目的が「否定」にあるから、とにかく恣意的なデータとか、自分に都合のいい話に飛びつく・・・これを「朝日新聞的」「民主党的」といいます。

両者とも、「アベノミクス・原子力否定」「反自民であれば」だったから、理論がまったくない。

だから、客観的なデータや、事実を調べろと。「否定するためという主観」が入るから、目が曇る。

一知半解のコメントをするなと、何度言ったらわかるのでしょう?バ○には、通じないのでしょうね。

「5分で覚えたことは5分で忘れる」ということばの意味さえ、分からないのでしょう。



主観的とは、「○○べき」とか、「○○のほうが良い」とか、意見が入ることです。

「公共事業(財政出動)を拡大すべき」とか、「反原発」とか、「反自民」「功名心」とかです。

そうすると、これらの人たちは、その自分たちの「主観」にそうように、データを集め、データを見つけ、事実を見つけるという、バイアスをかけます。

そうすると、「恣意的なデータ」「恣意的な事実」になり、客観的な検証はできなくなります。

クリック

ほとんど妄想の世界

とにかく、「規制緩和=悪」という公式で、あらゆる事象を分析するものだから、もって来る資料さえ、恣意的、都合の悪い資料は隠す・・・これは少なくとも「学問」と呼べる領域ではありません。

 学問という世界に身を投じるには、少なくとも、ベーコンの言うイドラを排除する必要があります。

ウイキペディアより

 イドラ(idola)とは、人間の偏見、先入観、誤りなどを帰納法を用いて説いたもの。16世紀の哲学者フランシス・ベーコンによって指摘されたものである。 ラテン語で偶像を意味し、アイドル(idol)の語源でもある。 フランシス・ベーコンは、以下の4つのイドラがあると説いた。

種族のイドラ…感覚における錯覚であり、人類一般に共通してある誤り。

洞窟のイドラ…狭い洞窟の中から世界を見ているかのように、個人の性癖、習慣、教育によって生じる誤り。世間知らずの意もあるらしい。

市場のイドラ…言葉が思考に及ぼす影響から生じる偏見。言葉や言語が引き起こす偏見。口コミなどが挙げられる。

劇場のイドラ…思想家たちの思想や学説によって生じる誤り。思想家たちの舞台の上のドラマに眩惑され、事実を見誤ってしまうこと。

この4つのイドラを取り除いて初めて、人は真理にたどり着け、本来の姿を取り戻すとベーコンは考えた。



高校の「倫理」では、必修です。

客観的とは、「良い悪い」といった価値観、自分の「○○すべき」といった意見を排除するもので、事実をありのままに見て、データをありのままにそろえ、データをありのままに見るというものです。

主観的になる(公共事業拡大すべき、反原発、反アベノミクス、日本人悪玉論、成果獲得を目的、冤罪反対)と、

「公共事業は順調に消化されている」
「福島第一原発所員は逃げた」
「アベノミクスは、格差拡大」
「日本人は朝鮮人を強制的に慰安婦にした」
「STAP細胞はIPSよりここが優れている」
「私は(遠隔操作の)片山被告を信じていた」

・・・と、「恣意的なデータ」にし、目を曇らせてしまいます。

ですから、最初から、「○○べき」とか、「○○のほうが良い」といった立場に立つ時点で、目が「曇る」のです。

 経済学では、有名な話ですが、経済学者の林文夫・プレスコット(RBC理論)の意見(初校1999~2002年)は、「構造改革を進めるべし」という供給サイドに立った経済論で、「ゾンビ企業を撤退させるべき」という、「構造改革」論の基礎となる意見でした。ですから、池田信夫などが、飛びつきました。

そこで、林文夫の意見を検証すべく、政府主導で調査・研究をしたのですが、そこで、上がってきた事実は、「林文夫側にとって都合の悪いもの」ばかりになっていまいました。

このブログでは、「意見」「主観」はいりません。必要なのは、「事実」「データ」「客観」のみです。

建設業で、「型枠・鉄筋工」がボトルネックになっている、単価を上げればいいでは解決できない、外国人労働者を受け入れないと、こうなる・・・と述べますが、受け入れなくてもかまいません。その場合は、こうなると言っているだけです。

客観的な「事実」、「データ」をもとに、判断するのは、1人1人の個人で、日本では「間接民主制」を採用しています。選んだ結果は、結局、自分が従うしかありません(日本脱出はできませんので)。「嫌」でも、従わざるを得ません。

ただし、材料に「主観的・恣意的データ」を持ってこられると、1人1人の判断が狂います。「燃料費増大による貿易赤字は、日本の国富流出」だからと、「原発必要」論に使われてしまいますが、事実は違います。

私にとっては、「アベノミクスだろうが、アホノミクスだろうがどうでもいい」し、「ケインジアンだろうが、マルクスだろうが、市場派だろうがどうでもいい」のです。経済学は、手段であり、目的ではありません。経済学なんて、どうでもいいのです。

「ほら、マルクスは正しかった」、「ケインズのいう通りだった」etcなど、だからどうだっていう話です。そんなもの、勝手に1人で満足に浸っていろという話です。

問題は、GDP、1人当たりGDPです。世界が3.5%で伸び、先進国でさえ1~2%で伸びているのに、日本だけ0%とか、マイナスだと、10年後、20年後に、日本の生活水準(厚生水準=福祉水準)は、先進国のレベルから、引き離されてしまいます。

例えば、先進国では、先進医療が当たり前なのに、成長していないその時の日本では、受けられない・・・
エボラ出血熱でも、日本なら、もっと対処できるのに、所得水準の低い国では、それが不可能・・・

これを受け入れるのですか?という話です。いいですよ。受け入れても。しかしそれは、国民全員に、その「成長しなくてもよい」論を強制することになります。まあ、民主主義ですから、従いますけど・・・

失われた20年、自殺者が増えました。若者が正規雇用の道を閉ざされました。高校生の求人がなくなりました。「成長しなくても結構」なら、それを「受け入れるべき」です。

私は「嫌」です。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

こういう主観というか都合のいいデータ集めもそうですが
相関と因果の関係が分かってないのが一番多そうですね

No title

もう本当に、なにか文句言いたくて、このコメント欄に書き込む人の、レベルの低さにはあきれます。日本語は読めないわ、全部、一知半解で、ちょこっとネットを見たら載っていた話を、鬼の首でも取ったように「ドヤ顔!!!!」

受け売り知識(いわゆる、メッキ)をひけらかして、何を言いたいのか(ただ文句言いたいだけですが)、さっぱり分かりません。

経済は、余りにも短すぎて(財布の中の銭勘定)、誰でも「知っている」と思い込んでミクロ知識を振り回すから、まるで1億総評論家。

法学ブログに、変えますか?民法とか、判例法とか、ネタは死ぬほどありますよ(高校生向けの法律本だって、簡単に書けます)。そうしたら、その様な、シロウトが、コメント寄せると思いますか?

知らない知識のブログは「読めない」のに、コンビニで買い物するから「俺は経済を知っている」と、自分が、バ○だということが、まったく分からない。

「汝、自身を知れ」(笑)

一知半解の知識を寄越すな!!!と書いても、日本語読めない人たちだから無理(笑)。暇な時は付き合えますが・・・

誰が悪いのか?クルーグマンは、「責任のかなりの部分は、幅広い国民に向けて自分たちの考え方を伝えようと努力しなかった国際経済学者にある『良い経済学悪い経済学』」と言います。

まあ、世の中「でたらめ経済論」ばかりなので、私のような本にも、価値が生まれてしまうのですが(泣き笑)。

No title

>世の中「でたらめ経済論」ばかり
池○信○とか三○貴○とか紫おばさんとかですね。
結局自分への利益誘導か自分の考えに合わない物は全部否定
そして間違いを指摘されるとレッテル貼っての罵倒っていうパターン
でもこういう人でも一定数のファンというか信者がいるので
発信する側の問題もありますが受け手の問題も大きいですね。
大体肩書きが元外資系だと滅茶苦茶言っても一定数のファンが
獲得出来てる気がします。
元モルガンでずっとハイパーインフレ到来とか言ってる人もいますし

No title

>>世の中「でたらめ経済論」ばかり
>池○信○とか三○貴○とか紫おばさんとかですね。

えーと、「でたらめ経済論」とは、ここのコメント欄に、一知半解知識を書いて来る人たち(必ず、匿名でしか書けない人々)を想定していました(笑)。

>池○信○とか三○貴○とか紫おばさんとかですね。

上の人を思い描いていたわけではありません(笑)。

「三○貴○」の本は、ほとんど、まともに読んだことが無いので(立ち読み程度)、よく分かりません。

以前に、ストック→フローはできませんと、コメント欄でやり取りしましたが・・確か、拙著も読んでもらっていたはずです・・

まあ、「俗流経済論」は、10月の予定稿で、ばっさり斬っていますの楽しみに待っていてください。

No title

三○貴○氏に関して言えばTPPと公共事業で色々とやらかしてましたね。
陰謀論みたいのも含め。
中野氏もそうですが。
彼は韓国崩壊とか煽ったりエコノミストというより右翼芸人という印象
です。

No title

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/4176?page=3
原田氏の論評ですがこれ皮肉が利いてて面白いですね。

基本好きか嫌いで政策に反対か賛成って感じです。
安倍首相というか保守系が嫌いだからインタゲにも反対って感じで
アホ臭い こういうとお前はネトウヨとか言われるし
党派性とか人間は右翼左翼の2タイプしかいないと思ってるんですかね?
まぁカエサルも言うように人間は自分の都合の良い事しか見ないし
聞かないし信じないんでしょうね。
小保方事件の時も思いましたが改めてそう思います。
事実が気に食わないから難癖をつけて捩じ曲げようとするって感じかと
というか本人も信じたく無いから必死に否定してる感じですね。
バカなんですけどネット見る限り結構そういう人がいてびっくり

No title

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/4176?page=3

なぜ日本のリベラルはリフレ政策が嫌いなのか

2014年09月05日(Fri)  原田 泰 (早稲田大学政治経済学部教授・東京財団上席研究員)

ただし、朝日新聞(2014年8月25日)のアベノミクスを批判した社説では、リフレ政策への批判がなく、アベノミクスは、市場経済重視の姿勢であるかのようで、実は、賃金を上げろ、投資を増やせ、女性を活用しろと、企業が自ら決めるべきことに介入しているからダメだという批判になっている。

反市場主義派が、市場主義派の論理を使ってアベノミクスを批判している。私は、市場主義派のエコノミストなので、市場主義派の論理をより広範な人々が使ってくれることは嬉しい。

この記事のことですね。

http://abc60w.blog16.fc2.com/blog-entry-928.html
朝日新聞、大丈夫か?????

反リフレ

110-135-98-50.rev.home.ne.jp
110-135-120-60.rev.home.ne.jp

>これは書籍ですか?
>それともインターネット上で見られるのでしょうか?
>リンク先を貼り付けていただけませんか。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ