大人も容認 北海道は、勉強しなくて構わない

<大人も容認 北海道は、勉強しなくて構わない>

全国学力テストの結果が出ました。

写真は、北海道新聞・朝日新聞・毎日新聞H25.8.28板

学力検査 結果.jpg

学力検査 位置.jpg


相変わらず、北海道の学力は底辺飛行です。

学力検査 勉強時間.jpg
学力検査 遊び時間.jpg


勉強時間は少ない、宿題は出さない、遊び時間は多い、大人は「勉強しなくて言い」と言う、もうムチャクチャです。

頑張っている県もあるというのに・・

学力検査 高知県.jpg


北海道新聞社説など、「順位を競うと勉強嫌いになる」「試験対策するな」「競争するな」「全員参加はするな」・・・

 これ、新聞(大人)が子どもに向けて言うことですか?????

おまけに結論が、「子どもたちに知識を得る喜びを通じて、学習への意欲を高め、養うこと」です。どうやって???

北海道新聞社説

学力テスト 子ども不在の点数主義(8月28日)

 4月に文部科学省が行った全国学力テストの結果が発表された。
 道の平均正答率は小中学校とも下位にとどまった。
 道教委の「全国平均以上」との目標からはほど遠い。

 しかし、テストは本来、理解度を把握し、学力向上に役立てるのが狙いだ。都道府県が順位を競うものではない。点数獲得を目的とするなら本末転倒である。子どもの勉強嫌いを助長しかねない

 児童生徒を今後、試験対策に駆り立てることのないよう、道教委には冷静な対応を求めたい。
 本年度は小学6年、中学3年の計約220万人が国語と算数・数学のテストを受けた。道内は9万人余りが参加した。

 各教科とも基礎知識を問うA問題と、知識の活用力を探るB問題が用意された。道内は小6の算数Bが全国最下位になるなど、全体的にB問題の平均正答率が低かった。

 道教委は今回初めて、テスト前に過去の問題を解かせるなどの対策を取った。付け焼き刃の対応で応用力が身に付くはずもない。

 学力とは社会で独立し、困難を克服するために必要な知識を指す。その獲得には、授業の質や教育環境を抜本的に変えていく努力が欠かせない。少人数学級化や複数教員による授業の拡充が一層求められる。

 大学生や教員OBによる学習支援を促進することも重要だ。

 学力テストの今後をめぐって、看過できない動きがある。下村博文文科相の意向を受けて、文科省が市町村別、学校別の平均正答率の公表を検討していることだ。

 すでに都道府県を挙げて順位を競い、テスト対策に傾注する風潮が強まっている。公表内容をさらに細分化すれば競争激化は避けられまい。

 学校の序列化や地域格差の拡大を招き、教員・子どもの双方が過度のストレスを感じることに、危惧を抱かざるを得ない。

 市町村別、学校別の公表に踏み込むなら、テストそのものの存廃にかかわる問題である。

 もう一つ気がかりなのは、安倍政権が全員参加方式を来年度以降も継続する方針を示していることだ。

 傾向を分析するだけなら数年に1度の抽出調査で十分であり、全員参加の必要はない。経費はむしろ教育環境整備に充てるのが筋だろう。

 テストに併せた意識調査では国語、算数・数学の各教科を「好き」と答えた小中学生の割合が2~4割と少なかった。これも重大な問題だ。

 いま学校教育が取り組むべきは、テスト対策ではなく、子どもたちに知識を得る喜びを通じて、学習への意欲を高め、養うことである



スポンサーサイト

theme : 札幌・上田市政
genre : 政治・経済

comment

Secret

No title

官と官と癒着した道新による愚民化のための陰謀だ!
なんちゃってw
でも本当にそうじゃないかと疑いたくなります

No title

本来であれば、学力底辺県なのだから、「学力向上のためにどうするか」を提案するのが、社「説」だと思われますが。

 とにかく、「反対」「反対」ですから、困ります。

JR北海道、レール点検数値改ざん、函館保線局で、組織的に行われていたそうです。

JR北海道の労組は、バリバリの共産系です。同社労組同士で足の引っ張り合いを行っています。旧国鉄そのものです。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ