三権分立 行政 その3

<行政 その3>

 その1で検証したように、三権分立図は、下記のようになっています。

三権分立 1

 ですが、現在の力関係は、違います。

三権分立 2

 行政の力が、極端に肥大化しています。これを「行政国家」といい、先進各国に共通してみられる状況です。
 
 高校教科書でも、三権分立(1)国会(2)内閣(3)裁判所とやったあとに(4)行政機能の拡大と、別項目で取り扱われるほどです。

 現代は、「行政肥大国家」なのです。

<行政国家>

(1)許認可権の拡大

 まず、公務員の数自体は、減っています。
 
浜島書店 最新図説政経 2013
公務員数 


 ところが、権力は拡大の一途です。許可・認可の件数、いわゆる許認可権は、どんどん拡大しているのです。

清水書院2012 資料政治・経済
許認可 1

第一学習社 最新政治・経済資料集2012
許認可 2

許認可と、一言で言いますが、許可と認可は違います。

(1)許可は、禁止されていることを、特別に許すことです。医師免許、教員免許、自動車運転免許など、免許と言われるものは、「試験合格」や「資格」を持つことを条件に、特別に許されるものです。公共電波も「免許」です。飲食店も、許可です。行政の裁量があります。

(2)認可とは、一定の要件さえクリアすれば、認められるものです。行政が、民間企業の活動を後押しするもの「農地転用の認可」があります。

 タクシーの運賃は、上限・下限(上限から10%以内)が決められ、その枠内であれば、「認可」されます。

 特に、許可は、行政の裁量が非常に大きい分野です。認めるか、認めないかは、行政判断にかかっています。この裁量権が拡大の一途なのです。

(2)天下り先の確保

行政その1で、官僚が出世するには、その省庁の関連法人をバカバカ作ることが必要と書きました。予算も、人事も広がるからです。

その法人への、省庁からの移動を、「天下り」といます。

第一学習社 最新政治・経済資料集2012
天下り 1

実教出版 2012 新政治・経済資料
天下り 4

 なんだか、上の図を見ると、天下りが改善されたように見えますが、実体は、ますます増加です。

清水書院2012 資料政治・経済
天下り 2

 天下り先も、自己増殖のように、どんどん増えています。

東学 資料政・経 2013
天下り 3

(3)法律を作るのは官僚

 法律案自体を作るのも官僚です。

清水書院2012 資料政治・経済
議員立法 内閣立法

 議員立法といえども、その法律案を作成するのは、元官僚です。

清水書院2012 資料政治・経済
議員 官僚出身

 国会の○○委員会で、法案に関する質疑応答が行われます。安倍総理が質問に回答しています。
 内閣提出法案は、官僚が作成します。質問する側は、官僚に相談して質問を作成します。質問は、あらかじめ、質問内容を回答者側に伝えなければいけません。いきなり、その場で、数字をあげて質問されても、安倍総理や閣僚が答えられるわけではないからです。

 ですので、質問をもらった段階で、今度は官僚が回答を作成し、閣僚や安倍総理に渡します。

 何のことはない、官僚が作成した法律案について、官僚が質問案を作成し、官僚が回答案を答えるという、「官僚同士の答弁」になっています。

 国会議員は、官僚(法律に精通)がいないと、何もできないのです。

その法律案ですが、実は「委任立法」といって、官僚の裁量権が大きくなるように作られています。

浜島書店 最新図説政経 2013
委任立法

実教出版 2012 新政治・経済資料
委任立法 2

 例えば、生活保護費です。保護費が、法律に書かれているわけではないのです。国会で生活保護費を改定するたびに、いちいち生活保護法を改正などしないのです。細部は、厚労大臣の裁量で決められるようになっています。

 道路交通法の細かな改正も同様です。道路交通法施行規則、道路交通法施行令を、官僚が変更すればいいようになっています。

 官僚に依存しないと、一歩も前に進めない、これを「行政国家」といいます。

 また、内閣は行政のトップですが、その内閣は与党が担います。与党が内閣を批判することは、与党が自分の総理大臣を批判することになります。

 つまり、国会の過半数は、内閣(行政)を批判できない=国会は内閣を批判できないことになっています。

さて、次回は、その官僚を使いこなすはずの国会について、検証します。「政治主導」のはずですが・・・
スポンサーサイト

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

comment

Secret

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学図解 使えるマクロ経済学
(2014/10/11)
菅原 晃

商品詳細を見る


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学
(2013/09/10)
菅原 晃

商品詳細を見る


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格

高校生からのマクロ・ミクロ経済学入門Ⅱ 発売です!

高校生からのマクロ・ミクロ経済学入門Ⅱ

DLmarketで購入


目次はカテゴリ一番上『著書』を見て下さい。


注 コメントする方へ

このブログでは、ご意見・ご感想(価値観)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ