アベノミクスの懸念・・・定番批判・・・理論的にはですが・・・

<アベノミクスの懸念>

日経H25.3.5
日経H25.3.5.jpg


 アベノミクス3本の矢「財政政策・金融政策・成長政策」の一つ、大胆な金融緩和への批判です。

 「国債発行→市場を通じて日銀が購入→通貨発行=金融緩和」に対し、財政規律が乱れ、金利が高くなり(国債価格下落)、日本経済は落ち込む・・・


※国債価格下落=金利上昇とは?

この金利上昇とは、どういうことか、見てみましょう。

国債価格下落=金利上昇

 上の図で、額面100万円の国債が発売されたとします。この国債には、「○○%の利率をつけます」と、財務省がアナウンスします。

 
 証券会社は、その利率と、市場動向を考慮し、応札価格(買ってもよい価格)を決め、日銀ネットに数字を打ち込みます。

 「表面利率20%・100億円(表面価格)」の国債は、1年後に利息を含め、「120億円」返ってきます。この1年後に「120億円」返ってくる国債を、いくらで買うかを、オークションするわけです。

 この「120億円返ってくる国債」を、「110億円(取引価格)」で落札すると、実際の利率は「9.09%=利息10億円」となります。

 この取引価格が高くなると、金利は低くなります。つまり、国債の人気が高いと、取引価格は高くなり、実際の利率は低くなるということになります。



 「国債価格下落=金利急騰」、これは、この「希」さんだけが言うのではなく、「金融緩和」に批判的な人は、皆さんが言います。本を出す立場の方もそうです。

クリック

良書悪書 財政ファイナンスはすでに始まっている - 『金融緩和で日本は破綻する』池田 信夫 野口 悠紀雄本 批評

クリック

日本国債暴落!?

クリック

株バブル勃発、円は大暴落(新刊まえがき)


 理論的には、そうなのかもしれませんが、市場はそう見ていません。日本国債は最高値を更新(金利は最低)しています。上記の大機小機「希」さんの隣の記事が、それを書いています。

日経H25.3.5
日経H25.3.5その2.jpg


 これを、「マッチ・ポンプ」と言います。なぜ、彼らが主張するように、「国債下落」とならないのか・・・。現実に起きているのは、「国債価格上昇」なのに、記事では「国債価格下落懸念の危険」・・・正反対に書いて、おかしいとは思わないのでしょうか?


 市場が一番正確なのではありませんか?「起きていることはすべて正しい」という意味で。日本の債券市場売買額は、毎年8000兆円を超え、最盛期には1京円!(リーマンショック前2007年)を記録している、世界最大マーケット(米に次ぐ)です。

 ここが、日本国債にそっぽを向く(国債価格下落=金利上昇)ならともかく、マーケットは日本国債への信認を、逆に高めています。

日経H25.3.6長期金利下落

 日経H25.3.6『住宅金利、最低更新も』

 長期金利が急低下している。指標となる新発10年物国債利回りは5日、一時0.585%まで低下し、2003年6月以来約9年8か月ぶりの低水準まで下がった。日銀が新体制の下で金融緩和を強化し、大量の国債を買い入れるとの見方が強まっているためだ。

 『国債買い入れ金利ほぼゼロ』

 日銀が市場への資金供給のために実施している国債買い入れオペ(公開市場操作)で、日銀による国債の落札金利がマイナスになる可能性が高まってきた。…黒田氏…日銀が大胆な金融緩和に踏み切るとの観測から…市場実勢を超える高い価格(低い利回り)で国債の買い入れオペに応札する傾向がみられ始めたためだ。



 国債価格高すぎて、マイナス金利!!!ですよ。 

 金融政策を批判する人は、この事実は徹底的に無視、もしくは、「現実がおかしい」と言います。昔の日本のマルクス経済学者が、「現実が間違っている」と言ったように。

<「教科書に載っている」「理論は正しい」論の誤謬>

 「円高→輸出減ではない」とデータで説明しても、「バカか?為替の影響について国際経済学教科書では必ず扱っている・・・」など、「理論至上主義者」=あたまでっかちのひとがたくさんいます。

 理論的には、「変動為替相場制=貿易不均衡を是正する働きがある」です。これも、国際経済学の教科書には、必ず載っています。

 「日本の輸出が増える→貿易黒字になる→日本の企業に支払うために円買いドル売りになる→円高ドル安になる→円高で日本の輸出は減る→貿易不均衡が是正される」というものです。

 こんなこと、現実には「全くありません」。

読売『G20 成長に軸足 新興国に内需拡大に期待』H22.6.28 
経常収支不均衡 予測.jpg

 経常収支の不均衡は、是正される気配は全くなく、むしろ拡大します。では、「現実がおかしい」ですか?

 説明しましょう。

現実は、モノ・サービス取引<資本取引ですから、為替は、カネ取引=資本取引で決まります。

実物取引<資本取引.jpg

 2010年、世界の貿易額は15兆495億ドル、1日当たり412億ドルです(JETRO)。一方、同年の為替取引は、1日当たり4兆ドル(BIS調査)です。実物取引のおよそ95倍です。

 日本の場合、「貿易黒字は年12兆円…1日あたりの円とドルの取引は16兆円:日経子どもニュース H22.9.4」あります。

 ですから、

円高になる→日本の輸出が減り、輸入が増える→貿易黒字が縮小する→貿易不均衡が是正される

 など、あり得ないのです。

 ついでに、「円高→輸出減」にならないのはなぜかも説明しましょう。

 日本の輸出品は、完成品ではなく、部品のような素材が圧倒的に多いのです。

安藤光代 慶大 日経H25.3.5『経済教室 東アジア生産、成長の鍵』

筆者注)今、中国は、アメリカを抜き、日本にとって世界最大の貿易相手国です。

2011年東アジア(14か国)向け輸出
 部品・中間財60%、完成品31%

…部品・中間財の退出効果は、他の製品と比べて格段に小さいことが分かった。退出効果とは、ある項目の輸出が途切れたことにより全体の輸出が押し下げられる効果を示し、これが小さければ危機に直面しても取引関係が途切れにくいと言える。…世界金融危機時…全製品の対世界輸出は実質ドルベースで約4割減…。…対東アジア部品輸出の退出効果による減少幅は0.7%…。それだけ東アジアとの部品・中間財の取引関係は安定的であるとみることができる。
…2つの危機下(筆者注:リーマンショックと東日本大震災)…東アジア諸国の中でも生産網に深く関与している国との取引関係ほど、輸出が継続される傾向にあり、いったん止まったとしても、復活する確率が高いことが分かった。



過去の記事です。

クリック

浜矩子 「ユニクロ型デフレで日本は沈む」 文芸春秋 2010年1月7日記事
 
 しかも、日本の輸出は、パナソニックやトヨタなど、一般消費者向けの商品ではありません。7割以上が、工業用原料と、資本財(5割)です。(参考資料 JETRO)

 資本財とは、半導体の原材料、鉄鋼、工作機械、プラントなどです。これらを含め、日本の輸出の7割は、「企業相手」であり、しかも、これらは、「日本企業の独壇場」です。シリコン・ウエハー(DRAMの心臓)や、金属並みの強度を持つ繊維(旅客機用)、コマツの建機、中国が自動車を生産するときの金型etc。これらがないと、韓国も中国も、輸出国足り得ません。


 だから、「円高→輸出減」にはならないのです。

 ほかにも、あります。

 理論的には、「株高=国債安」です。なぜなら、景気がよくなると企業の株が買われます。また投資が活発化するため、国債を売って、キャッシュに変える動きが活発化します。キャッシュ需要が高い=金利高=国債価格下落のはずです。

 しかし、現実に起こっているのは、株高&国債高です。上記理論(理屈)では説明できません。

 Dena株は、今年に入り、下落し、これだけ株高なのに、去年の数値に戻していません。3月期の決算では、「過去最高益」だったのにです・・・

 「理論が正しい、現実が間違い」という人は、どうぞ、投資でもして、がんがん損してみてください。
 
<現実が正しい、理論が間違い>

 現実に起こっていることは、100%正しいのです。「現実に起きている」という意味で。

 次期日銀総裁の黒田氏の、インフレ目標2%を目指す金融緩和に対する批判記事です。

読売H25.3.5
読売H25.3.5 1.jpg

 ところが、この記事の真上に、「市場期待 円安・株高進む」と、黒田答弁を受けた、市場の動きが、記載されています。

読売 H25.3.5 2.jpg

 おまけに、5年物国債は、「国債価格上昇=金利下落」で、金利は「これまでの最低更新」です。

読売 H25.3.5 3.jpg


 マーケット(現実)は、常に正しい(起こっているという意味で)のです。理論は、その現実を説明するためのものです。現実が先、理論は後なのです。
スポンサーサイト

theme : 間違いだらけの経済教育
genre : 学校・教育

comment

Secret

No title

「現実に起きている」のは金融緩和後の金利上昇ですよね?

No title

「現実に起きている」のは金利上昇ですよね?いまのところ

No title

金利は、「史上最低金利」からは、上昇しています。

日経h25.5.10

 新発10年物国債利回りは0.590%と前日と比べて横ばいだった。

 30年債の利回りは…1.66%台まで上昇し、3月22日以来の水準をつけた。

 ちなみに、日銀リポート(2013.4)では、10年物金利が、3%上昇(4%台)になっても、銀行(国際決済銀行・国内銀行ともに)にとって問題ではないとされています。

 新聞やマスコミや、否定論者は、「長期金利急騰(国際下落)」と叫びますが、その定義を示すことはありません。

 0.1%台程度の上昇を示すのか、1%台の上昇を示すのか、あるいは、バブル期の8%台程度を示すのか・・・

 定義を示さないのなら、「何とでも言える」ことになります。

 

No title

5年国債金利
2013-05-07 0.236
2013-04-30 0.260
2013-03-29 0.136
2013-02-28 0.123
2013-01-31 0.149
2012-12-31 0.185
2012-11-30 0.174
2012-10-31 0.199
2012-09-28 0.197
2012-08-31 0.209
2012-07-31 0.198
2012-06-29 0.220
2012-05-31 0.207
2012-04-30 0.263

過去1年のデータですが、これを見ると1年ぶりの水準まで1か月程度で上昇しており、やや急だという印象を受けますね。(私は決して金利急騰が起きていると言いたいわけではありませんし、思ってもいません。)

ただ、
【おまけに、5年物国債は、「国債価格上昇=金利下落」で、金利は「これまでの最低更新」です。】という記載がこのブログ更新時点で明らかに誤りだったため、指摘させてもらった次第です。

No title

>おまけに、5年物国債は、「国債価格上昇=金利下落」で、金利は「これまでの最低更新」です。】という記載がこのブログ更新時点で明らかに誤りだったため、指摘させてもらった次第です。

 2月に書いた予定稿なので、このようになりました。勘弁してください。

 そもそも、「ほら金利が下がった、上がった」だの、ここ数か月の動きを見て、「アベノミクスが効いた効いてない」などの、論評をすることが間違いのもとです。

 新聞などマスコミは、短期的な動きを見て、「ほらどうだ!」と言いますので、反論しましたが、基本的には、長期(少なくとも1年・1年半・2年)を見ないと、論証はできません。

 2%のインフレ目標も、2年後ですし、マネタリーベースを2倍にするのも、2年後が目標です。

 15年も続いた「デフレ」をわずか数か月で解消することは不可能ですし、まだ何もやっていない時点(金融+財政)で、ああだこうだいうのは本当にナンセンスです。(期待に働きかけるという、合理的期待形成理論は、動いているようです)

 その時点で、検証しましょう。

 ちなみに、池田信夫?なるものが、さかんに「効かない・良くない・失敗する」と今の時点でさかんに叫んでいるので、次回から検証します。(本来は、長期の判断が望ましいのですが、短期でさかんにワーワー言っているので、あえて反論します。本来は、私の領域からは、扱うのもバカらしい内容なのをお断りしておきます)

こういうツイートを見たのですが

ちなみに民主政権のTPPと安倍麻生政権のTPPは別物なんで注意。
「民主政権」⇒地震対策無し+各種デフレ悪化策+インフレ対策(=デフレ悪化策)のTPP
「安倍麻生政権」⇒国土強靭化+各種デフレ脱却インフレ化策+TPP TPP発動が5年以降で その時にはすでにインフレ化してるのだ。


これって正しいのでしょうか?
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ