国は嘘をつく その2

<ウソの塗り重ね>

このレポートが事実とすれば、やっていることは、戦前の「大本営発表」と全く同じです。


上杉隆『福島原発 衝撃の真実 官邸、東電、大メディアの原罪』週刊文春1月5日・12日号。


「3月下旬に周辺の海水から法定限度の2000倍以上の放射性物質が検出されていました。記者会見で話題になっていましたが、出元が不明でした」政府はそうした都合の悪い情報を黙殺したばかりか、調査しようとしなかった。
そして4月2日、東電は、2号機取水口付近から汚染水が大量に海に流出している写真をいきなり公開した。…官邸がいうような「漏れている」というレベルでは到底なかった。

…このような驚くべき事態が残念ながら大手メディアで報じられることはなかった。何しろこの時期、すべての大手メディアは最大のクライアントを失うことを恐れるあまり「安心」「安全」を連発し誤報の山を築いていた頃だったからだ。

…事故直後、枝野長官は3km 圏外への退避を勧告しておきながら、次には10キロその次には20キロまたその次には30キロと広げていった。

…この時期、文科省がヒタ隠しにしていたSPEEDI(筆者注:事故時の放射線の流れを予測するシステム)の全データは官邸に報告されていた。しかも壊れたと証言していたモニタリングポストの数値も、実は事故発生直後から代替の車載器等によって計測され、官邸に上がっていたのだ。

 そうした危険な数値を知りながら「情報が確実ではない」として枝野長官は発表を控えるばかりか、みずからの政治責任を回避し続けたのであった。
「今回出た京ベクレル数になるというような推定・推測の話は3月中に、報告を受けていました。ただ、まさにその数値が確実性のない数字ではなくて、かなり確からしい数字であるということがようやく確定したので、それを受けてレベル7への引き上げを行ったということです」(4月14日)
そう、すでに3月、みんな知っていたのだ。官邸も、政府も、東電もそして大メディアも原発が危険な状態にあることに気づいていたのだ。だから彼らの中には家族を早々と地方や外国に避難させるものがたくさん現れたのである。



 SPEEDIの予測データは当たっていました。放射能がまさに流れている地域に、わざわざ住民が避難したのです。なぜ万が一の事故のために、何百億円もかけたシステムの情報を公開しなかったのか。政府によると「パニックを恐れたから」だそうです。
http://www.youtube.com/watch?v=UNjQ8hS7r7A
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110325-OYT1T01048.htm
など、参照


…そして摩訶不思議なのはこれだけ事故を起こしながらも東電を守ろうとする姿勢だ。大手メディアだけではない。官邸の中枢、特にそのトップや与党の要の幹事長ですら同じであった。

…また、5月には原発事故を扱う政権中枢の議員に役人たちが繰り返し「レク」という形の洗脳を始めていた。「仮に被曝しても細胞は再生するので問題はありません。特に子供の細胞の再生が早いから心配することもありません」
内部被ばくや染色体の損傷を度外視した極端な意見の一つだが、こんな常識はずれの見解がさも当然のように政府内で語られ始めていたのは事実だ。メルトダウンをしているはずがない、汚染水があふれて敷地外に流れだすはずがない、被爆しても再生できるはずだ、そう信じたかったのだろうか。これではいつかは、神風が吹くと、勝算のない前線に国民を送り出したかつての戦争指導者と変わるところはない



<ミッドウェー海戦>

 日米戦争の緒戦は、日本が快進撃しました。ハワイ真珠湾攻撃で、アメリカの戦艦部隊を壊滅させ、マレー沖で英軍の最新鋭戦艦を沈没させ、陸軍はシンガポールまで陥落させました。

ウイキペディア
真珠湾攻撃

 ですが、真珠湾攻撃の最大の目標「空母」を討ちもらしたことが、戦争の転機、坂を転げ落ちる「ミッドウェー海戦」の始まりでした。

 戦艦の攻撃距離は、「大和」でも40キロです。しかし、航空機は、その8~10倍、400キロが攻撃範囲で、空母に載せることにより、その攻撃距離は何万キロにも広がります。将棋の飛車角なのです。

 真珠湾攻撃では、その最大の攻撃目標「空母」を討ち漏らしました。点数では、40点以下ですが、あまりにも戦果が大きく(戦艦8隻の沈没・損傷)、国民は熱狂し、連合艦隊司令長官山本五十六は、「軍神」になってしまいました。

 そのうちもらした空母によって、東京が空襲されます。「ドゥリットル本土爆撃」です。

 軍令部は、大変衝撃を受け、打ち漏らした空母掃討のための、ミッドウェー作戦に許可を出します。

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Desert/1340/wa-sang.htm
ミッドウェー海戦


引用 参考文献
NHKスペシャル取材班 『日本海軍400時間の証言』 新潮社 2011


日本海軍 400時間の証言



三代元大佐
ワシなんかはもう、連合艦隊長官の意見に対しては極めて反論してですね、頑張ったんですから、それだけれども結局抑えられちゃったのは何かというと、山本長官がいかに鼻っ柱が強いかということ・・・。そういうところに真珠湾作戦が成功したもんですから、ますます山本長官が強くなってですね。それを聞いて一部長が『どうですかな。(山本)長官がああいわれるんですから、長官にお任せしたら』と言うたら今度は次長がハッと、やれやれというな情勢で『そうですね、それがいいでしょう』と。こういうようなことで決めちゃったわけなんですなぁ」


「それから、今度はさらにその(永野)総長のところまで行かなきゃなりませんから、総長のところまで参りまして、そしてそのことを申上げたと。そしたら『そうか、それじゃあ山本にやらせてみよう』というようなことで決めちまったと」

極めて残念なことだと思うんですが、ワシなんかそれでもって泣いちゃったんですよ。こりゃ、駄目だと思って、ミッドウェー作戦やったら大変だということで、ワシは泣いちゃったんですけれどもね、そういうことだったんですよ」


 ミッドウェー島は、日本のトラック基地からあまりに遠く、占領しても長くは持たない(補給線確保)し、準備不足に関しては、現場から悲鳴のように報告が上がってました。


泉元大佐
「今のに関連してね、とにかく航空艦隊も潜水艦隊も(作戦実施を)伸ばしてくれいとあれほど言うたのにですね」
「1ヶ月作戦を延期してくれって言うことですよ」


三代
「いや、そいつはもうわかっとったんでね。やはりその少なくとも半月くらいは延ばさなきゃいかんだろうということだったんだけれども、それも連合艦隊に押し切られてしまったということだな」



「いや、あなたはね、わかっておったというように言っておられますけれども、わかってないですよ。わかってないからそういうことになった」


三代
「いや、あの連合艦隊に言ったんだよ」



「いやいや、駄目ですよ。そんなこっちゃだめですよ。言ったって駄目ですよ。本当にね、やっぱり軍令部の担当者もね、それから連合艦隊の担当者も、潜水艦はどういう行動しているか、ね、それを本当にしっておったらね、できないですよ」
「いや、それがですな、本当の前線に実際やっている人間と同じようにですね、本当に腹に入っておったらですね、連合艦隊にね、駄目だと言えたはずなんですよ」
 


 真珠湾攻撃に参加した空母6隻のうち、1隻が他の海戦で損傷し、参加できません(1隻は内地に留め置き)。開戦から半年、前線は緊張を強いられる、ぶっ通しの働きづめでした。早すぎるのです。

 しかも、4月に大規模な辞令交付・・・転勤です。空母の搭乗員さえ、ごそっと入れ替わりました。まともな発艦練習さえ、十分にしていませんでした。ミッドウェー海戦は6月5日です。 

 連合艦隊は、軍令部の下です。その司令長官が下剋上で、立案した作戦です。

軍令部 連合艦隊

 しかも、その連合艦隊の中でさえ、意思統一はされていません。表向きは、ミッドウェー島占領ですが、真の目的は、敵空母誘い出しと、それへの攻撃です。飛車角である、日本空母部隊を率いる南雲長官は、軍令部じきじきに「島占領」を命じられていました。山本長官以下、連合艦隊参謀(作戦立案)側は「空母破壊」です。

山本 機動部隊

 山本も、デモンストレーション(空母ばかり活躍し、戦艦部隊は出番がないので、昇給すらない・・だから・・)もかねて、総勢300隻にもなる、大艦隊を出撃させます(戦艦に出番なんてないことを分かっていながら)。結果は、大惨敗です。日本は、空母4隻、飛車角をすべて失い、戦いの主導権は、アメリカに移ってしまいます。

 ここで、「大本営発表」が行われます。のちに、「大本営」といえば「ウソ」の代名詞になったほどです。

 空母4隻沈没を、海軍報道部が「2隻喪失、一隻大破、一隻小破」と発表しようとした(これもウソですが)ところ、軍令部が「一隻喪失、一隻大破」に変更させたのです。

 国(官僚)は、国民に「ウソ」をつくものなのです。

 しかし、これは、100歩ゆずって、「敵に本当の被害を知らせてはならない」というへ理屈もあるでしょう。
 
 ですが、海軍内部資料(戦闘詳報=戦闘報告)でさえ、ウソでした。しかも、戦後そのウソを、あばいたのは、ただの女性民間人でした。

山本 機動部隊

 山本長官(参謀本部)側は、敵空母攻撃のために、「艦艇攻撃用の装備をしておけ」と言いましたが、現場は「敵空母は来ないだろう」と、「陸上攻撃」の用意しかしていませんでした。それを、「艦艇攻撃用の装備をしていた」とウソを報告=正式資料となったのです。

ウソ報告資料

①陸上(ミッドウェー島)攻撃した
②艦艇攻撃用装備準備した。
③陸上攻撃足りないので、もう一度陸上攻撃をとなった
④艦艇攻撃用→陸上攻撃用に兵装転換した
⑤敵空母発見
⑥陸上攻撃用→艦艇攻撃用に再度変更した
⑦あと「5分」で全機発進だったのに、間に合わなかった。


 実際には、「敵空母は現れるはずがない」との希望的観測をもとに、②をしていませんでした。②→④→⑥で、「混乱した」との報告はウソで、⑥しか行われていなかったのです。


上杉隆『福島原発 衝撃の真実 官邸、東電、大メディアの原罪』週刊文春1月5日・12日号。
 メルトダウンをしているはずがない、汚染水があふれて敷地外に流れだすはずがない、被爆しても再生できるはずだ、そう信じたかったのだろうか。


 「想定外、起こるわけがない・・・」歴史は繰り返されました。「起こるわけがない→起こらない=希望的観測が、絶対的事実とみなされる」

 戦後、「5分間の悲劇」と、戦争もの資料が流行りましたが、それは「ウソ」だったのです。
 
 そのウソを暴いたのは、澤地久枝『滄海(うみ)よ眠れ』毎日新聞社 昭和59年です。

 「戦闘詳報」は、戦闘終了後に書かれたものです。官僚は、ウソを書いて、自分たちを守るのです。

第2巻P106以降

蒼龍(筆者注:空母の名前)が敵の急降下爆撃機12機に攻撃され、第1弾が命中するのは0725(注:7時25分)第1次攻撃隊(注:ミッドウェー島攻撃)に「発進」が下命された時から6時間のちである。

注:急降下爆撃機とは、敵艦に爆弾を落とすための爆撃機。陸上用爆弾ではなく、鉄板を突き破るための、艦船用爆弾を搭載する。

 つづけて第2弾、第3弾が命中し、7時半以後は、爆弾、高格砲弾、機銃弾さらにガソリンの誘爆と延焼(注:これらはすべて蒼龍館内の物)によって見る間に火焔は全艦に広がり、飛行甲板と艦橋付近は強い火の海となった。

 この6時間のうちに兵装転換命令は出された。1航艦(注:第一航空機動部隊:空母4隻を率いる主力=飛車角部隊)の戦闘詳報によれば海→陸→海への転換だったというが、「戦闘詳報」通りの経過では再度の兵装転換は成り立たない。


 こんな、誘爆で、艦内が火の海になっている時間に、兵装転換を命令したと書いたのです。

 平時の航海中の兵装転換の実験で、格納庫から出して搭載準備完了の魚雷(注:海の中を進み、敵艦の海中部分に穴をあける爆薬)や爆弾を使っても1時間半から2時間半の時間が必要だったという。

0400(注:午前4時)
第2次攻撃隊の要あり
(注:ミッドウェー島第1回目攻撃は、敵の暗号解読による待ち伏せにあい、戦果をあげられなかった)

0415
第2次攻撃本日実施、待機攻撃機爆装に換え
(注:艦船攻撃用爆弾から、陸攻撃用爆弾に換えろとの命令→これはウソだった)

0428
敵らしきもの10隻見ゆ・・
(注:日本側偵察機による、敵発見の第1報)

0445
敵艦隊攻撃準備 攻撃機雷装其の侭(そのまま)。


 これが「戦闘詳報」の経過概要に残る兵装転換命令である。これを素直に読めば、0445に下達された命令の表現は、第1攻撃隊出撃後いかにも艦船攻撃用の雷装(注:魚雷装備)で待機していたように見える。30分間ではこれを陸用爆弾に転換できないから、「雷装其の侭」になる。しかしこれでは兵装転換の大混乱を生じる余地はほとんどない

 ミッドウェー海戦の「戦史」に嘘があると発言して、一部の旧海軍関係者から、誣告(ぶこく)呼ばわりは許されないと反撃されたが、資料に即して疑問を解いてもらいたい。


 第1航空機動部隊艦隊司令部では、まず敵機動部隊の出現を信じなかった。次に相手が出てきたとしてもせいぜい空母2隻と見ていた。ミッドウェー基地第2次攻撃実施後で叩けると判断し、さらに来襲する米艦上機は零戦(注:日本を代表する戦闘機)によって全機撃墜できると達観していた。「敵空母発見」の報に接しながら5時40分になるまで、基地攻撃を先行させようとしていたのである。




 経済産業省原子力安全・保安院・東電は、まず巨大津波の出現を信じなかった。次に津波が来ても、せいぜい電源喪失で、自家発電で対応できると判断し、さらに全電源喪失でも、30分で電源車そのほかで対応できると達観していた。「15mの津波が来る可能性がある」との報告に対し、対策をせず、通常業務を優先させたのである。



http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110824-OYT1T00991.htm
 東京電力が東日本大震災の前に、福島第一原子力発電所に従来の想定を上回る10メートル以上の津波が到来する可能性があると2008年に試算していたことが政府の事故調査・検証委員会で明らかになった問題で、東電は同じ試算で高さ15メートルを超える津波の遡上(そじょう)を予測していたことが24日わかった。

 大震災で同原発は、14~15メートルの津波に襲われたが、「想定外の津波」としてきた東電の主張は、15メートル超の遡上高の試算が明らかになったことで崩れた。東電は試算結果を津波対策強化に生かさず、大震災4日前の今年3月7日に経済産業省原子力安全・保安院に対し報告していた。
スポンサーサイト

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

comment

Secret

No title

当初から東電は叩かれていましたが・・・・・・・・

可能性だけならば、宇宙人が攻めてくる事も、悪魔が攻めてくる事も可能性としてあります。原油の輸入が途絶える可能性もあります。

その可能性があるだけで対策を打つことはできません。実際にどの程度の可能性があるのか、その見極めが重要です。可能性が極めて低いなら「想定しない」事も重要です。キリが無いですから。

後出しじゃんけんなら馬鹿でもできます。

No title

http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2011/03/post-5e9f.html
「福島第一原発事故 東北電力女川原発では津波対策→想定外の津波だったが持ちこたえる」

>三陸沖ではしばしば大津波が起きている。
そこで、女川原発では、津波に対する評価を行い、対策を立てていた。


No title

津波ってのは震源の場所と沿岸の地形によって高さが大きく異なるのはご存知ですよね。そして女川も想定外の津波だったと明らかになってるわけですよね。
(敷地が高所にあったことが運命を左右してると考えられますから、もし、違う場所に立っていたら無事だったかどうかは分かりません。)

結果が判明してから幾ら文句を言っても遅いのです。

No title

>結果が判明してから幾ら文句を言っても遅いのです。

故意もしくは過失による不法行為ですので、加害者側が、幾ら文句を言っても遅いのです。

No title

>故意もしくは過失による不法行為

まだ結果は判明しておりませんが。東電が現在賠償しているのは、現在の法律の「無過失責任」によるもので、東電に非がまったく無くても東電に賠償責任が生じるものです。

ただ、1000年に一度の津波ですから、通常の民法であれば間違いなく過失は認められないでしょう。不可抗力です。(例えば雷による停電で損害を受けても電力会社は無過失です。自然災害ですから。)

因みに反原発派の不思議な点は東電の過失を認めていると言う点ですね。これは裏を返せば東電さえ対策を怠らなければ事故は起きない=原発は本質的に安全である、という論理も成り立つわけです。

むしろ、東電の責任を認めないほうが本質に原発の危険性を認める=人間の技術では自然に勝てない、という論理を成り立たせる事ができる訳で、こちらの方が強力だと思うのですけどね。

私は、日本のGDPを支えていくには自然エネルギーはまだまだ力不足なので原子力を暫く使用しながら(場合によっては古い炉を新型炉に更新しつつ)自然エネルギーの割合を増やしていくのが現実的だと思うだけです。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ