相関関係と因果関係は違う

<相関関係と、因果関係>


 相関関係と因果関係。ここをごちゃごちゃにして話す例がよく見られます。相関関係は因果関係ではありません。
 相関があるからといって、そこから因果関係を引っ張り出してはダメです。また、因果が成立するからといって、結果と原因をひっくり返してはダメです。

 きちんと整理しましょう。


 
 相関関係とは、「Xが増えればYも増える」です。「X増=Y増」「X減=Y減」です。例として私がよく挙げているのが、「輸出増=輸入増」です。

輸出 輸入 ロシア.jpg

輸出 輸入 ロシア 相関.jpg

例 気温とエアコンの販売台数(正相関)
  エコカー販売と、ガソリンスタンド客数(負相関)


 因果関係とは、「Xが増えたのが(原因)で、Yも増える(結果)」です。「X増→Y増」です。例えば、「X:来店客数が増えた(原因)」ので、「Y:売上が増えた(結果)」です。

 ここから、「売上を伸ばすには、来店客数を増やせばいい」と対策を講じることができます。
 ただし、「X(原因)→Y(結果)」の因果の場合、「Y(原因)→X(結果)」とひっくり返してはいけません。「来店客数を増やすには、売上を伸ばせばいい」とはなりません。

 「血が出る(結果)ためには、ぶつける(原因)、」のであって、「ぶつける(結果)ためには、血が出る(原因)、」のではありません。

例 シートベルト着用率と、乗用中の死亡率(負相関の因果関係)
           

 ところが、この両者、グラフにすると一緒に見えるので、「相関関係」から、「因果関係」を無理やり導き出してしまうということが、往々にして起こります。

小林慎哉『日本経済のデータ分析と経済予測』文眞堂2011
P82


相関図


 この部分を、整理していきましょう。

相関図
    

(1)相関関係  

 相関とは、「Xが増えればYも増える(片方が減れば片方も減る)」です。Y=Xとか、Y=2X+a  とか、中学校の一番最初にならう、比例グラフを思い出してください。

Y=X

比例関係 1


Y=2X+1

比例関係 2


 XとYにどのくらいの関係(相関)があるのかを相関係数といいます。

 相関係数rは、-1≦r≦1で、1(-1)に近づけば近づくほど、「完全相関」といいます。


鳥居泰彦『統計学』慶応大学出版2005 P254

高い相関

 だから、中学校の比例グラフは「完全相関」です。

 この相関関係は、rの値が低くなればなるほど、「相関関係は薄い」「相関はない」となります。


低い相関


(2)相関の具体例



こんな風に使われます。

齊藤淳 経済教室 「痛み緩和へ補償 透明に」日経H23.12.16

GDP 政府支出 相関


 …国内総生産(GDP)に占める輸出入の割合(貿易依存度)と政府支出の割合の間には、正の相関関係があることが指摘されてきた。貿易自由化により比較劣位にある国内産業が退場を迫られた場合に、構造調整を促すための安全網が必要となるためだ。




相関の具体例




 夫の年齢(X)と、妻の年齢(Y)です。夫の年齢と、妻の年齢は、ほぼ同じように変化することが分かります(直観的にわかると思います)。

「夫の年齢が増えると、妻の年齢も増える」
「夫の年齢増=妻の年齢増」です。

このことを、「夫の年齢と、妻の年齢は相関関係がある」といいます。

 ただし、この相関関係は「因果関係」ではありません

 夫の年齢が増加する(結果)のは、妻が原因ではないですね。逆に妻の結果は夫が原因ではありません。お互いに原因でも結果でもありません。

 ここをごちゃごちゃにすると、トンでも論にひた走ることになります。




(3)トンでも論の例
 

 ある、教員向け教育相談講習で、「トンでも」論に出会ったことがあります。

負の相関

 Yは、お菓子や炭酸飲料の摂取量です。Xは生徒の点数です。「お菓子や炭酸飲料の摂取量が増える」と「テストの点数が低くなる」というものです。

 肥満なのは、家に帰って、お菓子や炭酸飲料を過剰摂取しているからだそうです。つまり、親が共働きだったり、片親だったり、収入が低かったりして、親の目の届かない生活をすると、お菓子や炭酸飲料の摂取が増え、肥満度が高くなるのだそうです。

 だから、「お菓子や炭酸飲料の摂取量が増える(原因)」から、「テストの点数低くなる(結果)」だそうです。

 会場から、「そういえば、ウチの学校(底辺校)、肥満が多い」との声が出ました。

 これ、どう考えても「変」です。因果だとしたら、「テストの点数高くする」ためには、「お菓子や炭酸飲料の摂取量減らせ!」となります。

 こんなバカなことはありません。

テストの点数が低い子だから、お菓子や炭酸飲料を飲む生活をしているのかもしれません。

 単なる相関で、「因果」ではない例です。



藤本大成
「相関経済学の金利・インフレ率・経済成長率比例法則と金融不全時の金融財政拡大政策」
 


銀行貸出金利と、名目成長率です。

貸出金利 成長率


 確かに、「金利が高い状態では、経済成長率も高くなっている」という相関関係が見られます。

 さて、これを、因果関係にしてみますか?

 「経済成長率を高めるには(結果)、金利を高くしろ(原因)」

 どうですか?こんな話、大真面目に語られているのを、見たことがありませんか?



 続いて、インフレ率と成長率です。相関があります。

インフレ率 成長率


 では因果にしてみましょう。

 「成長率を上げるには(結果)、インフレにすればよい(原因)」

 ?



(4)因果関係



 これは「原因」があって、「結果」が生じるものです。ただ、相関関係と形は同じになります。


小林慎哉『日本経済のデータ分析と経済予測』文眞堂2011
P82

相関図


鳥居泰彦P251

休息 血圧


 10時間働く肉体労働者の、作業中の休息時間と、就寝前の血圧です。

「休息時間が長いほど、血圧は低くなる」
「休息時間が短いほど、血圧は高くなる」

という相関関係があることが分かります。

 ここから、「休息時間を長くする(原因)」と、「血圧が低くなる(結果)」という関係が分かります。原因(X)→結果(Y)です。XだからY。

 因果論は、「一方通行」になります。

「血圧を低くする(原因)」と「休息時間が長くなる(結果)」ということはあり得ません。

XだからYが成り立つ場合、YだからXは成り立たないのです。



世帯主の年収(X)と家族の消費(Y)

 「年収を増やす」と、「消費が増える」とは言えますが、「消費を増やす」と「年収が増える」にはなりません。



気温とエアコンの売れ行き

 「気温があがる」と「エアコンの売れ行き」伸びますが、「エアコンの売れ行き」を伸ばせば「気温が上がる」ということはありません。



CO2が増えると、温度が高くなる

 このような相関さえ、もうありません。


<追記 2010年GDP確報>

 2010年 GDP確報値が、内閣府より発表されました。

2010年 名目GDP 三面等価


 民主党政権になってから、(G-T:財政赤字)が突出していることが分かります。

税収 公債費.jpg
スポンサーサイト

theme : 間違いだらけの経済教育
genre : 学校・教育

comment

Secret

No title

S-Iバラン式における過剰貯蓄と財政赤字・純輸出の関係も、因果関係ではありませんよね。

No title

1 貿易黒字は、資本の貸し借りから生じる
  資本赤字(黒字)→貿易黒字(赤字)
 これは野口旭先生も言うように、因果です。

2 ISバランスです。これは事後恒等式です。

 野口旭先生に確認しています。

(1)可処分のうち、消費に回すか貯蓄に回すかで、貯蓄が決まる。
(2)企業投資Iが、景気を左右する。(I増=好景気時 I減=不景気時)
(3)(2)より、(S-I)は決まる。
(4)不況だから貿易黒字が増える(中谷巌 痛快!経済学)

となります。不況で、

(S+I)=(G-T)+(EX-IM)

左辺増=右辺増という相関になります。

拙著『高校生からのマクロ・ミクロ経済学入門Ⅱp78』をご参照願います。

No title

追記です。

(2)企業投資Iが、景気を左右する。(I増=好景気時 I減=不景気時)

は、好景気だから、企業は強気で設備投資を増やす ともいえます。相関ですね。

 景気を「GDP増」のことだとすると、「I増=GDP増」という相関です。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ