小さな政府論の蹉跌(さてつ) その1

<小さな政府論の蹉跌(さてつ) その1>

http://blog.livedoor.jp/clj2010/archives/65611515.html
「小さな政府」を語ろう

 世界の流れを見つめ、日本の将来を語り合い、世の中の画一的で単純な見方に対して論点を提示しみんなで考えいくブログです。 アメブロを中心に活動している「小さな政府を支持する」5人が中心になって立ち上げた共同ブログです。 みなさんからのコメントを賛成・反対を問わずにお待ちしております。

http://ameblo.jp/rakuichiza/theme-10030314622.html
「地方政府は小さければ小さいほど良い」


 結論から言います。上記のような「小さな政府論」は、完全に破たんしています。

 そもそも、「小さな政府か、大きな政府か」は神話で、どっちでもかまいません。小さな政府の国が大きな政府の国よりも、経済成長しているわけではありませんし、逆もまたありません。

http://abc60w.blog16.fc2.com/blog-entry-579.html
参照 カテゴリ:ハジュン・チャン『世界経済を破綻させる23の嘘 その3』


 この小さな政府論がなぜ胡散(うさん)臭いのかについて、3回にわたって、検証します。

<なぜ政府が必要なのか>

参考文献:八田達夫 『ミクロ経済学Ⅰ Ⅱ』東洋経済新報社 2008

1 市場は有効

 共産主義がうまくいかなかったように、自明とされています。

2 再分配

 市場では、競争があり、競争に負けたものは退出する。その際のセイフティー・ネットが必要になります。失業手当などの普及、民事再生法などです。これがあることによって、「再チャレンジ」することが可能になり、市場効率を最大限に発揮できることになります。

3 市場の失敗

 ですが、市場には、任せておくだけでは市場が成立しないこともあるのです。


(1)規模の経済 

 電気の送電線は、大規模な投資が必要です。しかも、送電量が少なくても(北海道の山奥)建設費用がかかります。一度送電線が引かれると、もう一社が別な送電線を引いても、採算が取れません。独占になります。

 独占企業は、価格を高く吊り上げることが可能です。生産量を絞ることが可能です。この状態では、社会にとって最適な量と質を確保することができません。ですので、規制が必要(独占禁止法・許認可価格)なのです。


(2)外部経済・不経済

 ある生産活動が、市場を通さずにほかの個人や企業に影響を与える場合です。公害は代表例です。ばい煙や有毒ガスは、周囲に影響を及ぼします。ですが、市場に任せておけば、企業は垂れ流します(価格転嫁しない)。こんなものは、「価格取引」の対象にならないからです。ですので、公害の規制が必要です。


(3)公共財の提供

 灯台や橋は、市場に任せても建設されません。ハンバーガーは「私的財」です。誰かが食べれば、誰かが食べれません。

 橋や灯台は「公共財」です。誰かがが使っても、ほかの人のサービス量が減るわけではありません。だから、橋や灯台を「無料」で提供する民間企業は出てきません。政府が灯台を作る理由はそこにあるのです。

 誰もが他人に迷惑をかけずに、そのサービスを利用できるモノで、国防、消防、道路などです。


(4)情報の非対称性
売り手はその財の情報を良く知っているのに、買い手はよくわからない場合です。その場合、悪貨は良貨を駆逐することになります。医薬品など、品質について、公的機関が検査する必要があります。消費者に情報を提供する場合です。

 だから、これらの市場の失敗を是正するために、政府が必要なのです。ただし、政府が賢いわけではありません。政府も失敗します。政府は「整理」することが仕事です。

 というのが、政府が必要な理由なのですが・・・・

 でも、これらの説明は、「経済学」の観点から、分析したものです。『そりゃそうかも知れんが、そんなことしなくても経済は成長できるだろう』という反例を1つでも出したら、説得力がなくなります。また、小さな政府で成功例があれば、説得力を失います。(だから、「小さな政府論」なるものが、一定の勢力を保つのです)

 私だって、八田先生の本に、「そうじゃなくても出来るだろう」という反論点はあります。

 そもそも、灯台って必要なのでしょうか?それを使う人(国際航路を使う人々)が、カネを出し合い、設置してもいいのではないでしょうか?

 この例では、花火大会の例もあります。フリーライダー(ただ乗り論)です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC

ウィキペディア「フリーライダー」より

 一般に、物財やサービスは、対価を支払った者に限り便益を受けることができる。これを財の排除性という。しかし、他の経済主体に有利に働く正の外部性を有する財のなかには、公共財や情報財(例:ウィキペディア)のような排除性を有しない財がある。

 たとえば純粋公共財である消火活動や治安・国防などは、対象になる利用者を限定することが難しい(非排除性)。誰かが費用を負担してサービスを供給すれば、負担していない人も便益を受けられる。結果として、供給のための費用を負担する誘引は働かず、みながただ乗りをしようとするようになる。

 そのため、市場経済に任せた場合、これらの正の外部性を伴うサービスの供給が著しく過少になるという問題が生じる。しかしながら、必要不可欠なサービスである。そこで租税により、便益に関わらず広く負担を募り、公共サービスを提供し社会的需要を満たす。これらのサービスを提供するのは、租税によって活動する公共性の高い主体(政府や地方自治体)である。


 花火大会の例でいけば、みんなから参加費を集めて花火大会をやっても、ただで見る人が出てくるから、「市場」にまかせても、「花火をやる業者は少なくなる」というものです。

ですが、一方で、有料の花火大会だってきちんと存在します。やれないわけではないのです。

http://makomanai-hanabi.com/
「真駒内花火大会」


 消防、警察(要するに安全)も、民営でできるのか?できている街があります。アメリカのゲートで囲まれた街、ゲーティッド・シティなどです。

http://www.machinami.or.jp/contents/publication/pdf/machinami/machinami063_9.
『ゲーティッドコミュニティとスラム』

http://realtorusa.blog43.fc2.com/blog-entry-25.html
アメリカの不動産業
 

 どうですか?カネさえ出せば(市場原理)、安全だって買えるのです。

 ですが、これらの「経済学」という土俵に立った反論は、「小さな政府」論者の土俵上での反論にすぎません。

小さな政府1 

 私の上記反論も、「経済学の土俵」からなされています。これだと、最後は堂々巡りになります。「どっちも成立するから」です。

 でも、「小さな政府論」の欠点も、この一見説得力のある点(土俵)にあります。

 実は、「小さな政府」論のおかしな点は、この「経済学の土俵」の視点でのみからしか、考えていないことにあるのです。

 つまり、彼らの主張の根拠になっている、 「経済学の土俵」は、人間生活の一面であり、他の面からの考察、決定的な視点が欠けているのです。

 その決定的視点とは何か。それは、「人類の歴史」、「憲法」「法律」に示された世界すなわち、「人権」なのです。

人権→小さい政府.jpg

 この、「人権」という土俵の視点は「小さな政府論」者にはありませんし、もし人権という土俵に立てば、「小さな政府論」では太刀打ちできません。この決定的視点が欠けているので、「小さな政府」論はどうしても胡散(うさん)臭くなるのです。

 続く
スポンサーサイト

theme : マクロ経済学 ミクロ経済学
genre : 政治・経済

comment

Secret

no politics

どうしてこれほど次元の低い、中身のない権力争いになってしまったのか。
たとえば、菅さんに代わって新しい方が総理大臣になったら、どういうことを国民にアッピールするのか。日本の政府は何をするのか。
大連立は手段であって、その目的はまた別であります。その話なしでは、国民は政治にはあまり興味はありません。

問題を解決する能力はない。だが、事態を台無しにする力だけは持っている。
これを実力者の世界というか、親分の腹芸か、それとも政党の内紛のようなものか。
意思がなくて、恣意 (私意・我儘・身勝手) がある。
哲学 (あるべき世界の内容) がなくて、陰謀 (たくらみ) がある。
スッキリがなくて、モヤモヤがある。
白日の下ではなくて、朧月夜か。
かくして、日本人の世の中は難しくなっている。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

No title

>「人類の歴史」、「憲法」「法律」に示された世界すなわち、「人権」なのです。

昔々、札幌駅北口にある大学で「法学の世界では新自由主義が口をはさむ余地はない。」と豪語してレプケの社会政策論を講義していた先生がいらっしゃいましたが、そんなことでしょうか?

No title

すみません。難しいことはちょっとわかりません。

 単純に社会権を保障するのが政府(これは国家が保障しないと存立できない人権)で、憲法に保障され、毎年社会保障費だけで日本の場合1兆円増えていると言う話です。

 社会権は「憲法第25条」に明記されています。

 社会権がある限り、「大きな政府」にならざるを得ないという、メカニズムについて扱う予定です。

 これは「アメリカ」も同じことです。

No title

なぜ、小さな政府論は、根強い支持があるのか?
それは、東洋的な政治の理想として、「鼓腹撃壌」の世界があるからではないでしょうか。(山本七平著「帝王学」参照)
一方で、「スウェーデン・パラドックス」( 湯元 健治、佐藤 吉宗著)が、指摘するように、大きな政府での将来展望も十分ありえると考えます。
http://blog.goo.ne.jp/yoshi_swe/e/37aac7177e592655ddf9d4719b284cfb
しかし、小さな政府に対する高い評価は、アメリカの反連邦主義などにもあるし、1つの主張として、ありうるわけで、たしかに、菅原さんご指摘のブログのレベルが低いとしても、そこに出ている意見を論破しても、それで、世の中に、「大きな政府」が受け入れられるとは限らないのが、厳然とした事実ではないでしょうか。
日本で、ハジュン・チャンが批判する、韓国のことを、「小さな政府」であり、かつ、政治のリーダーシップが素晴らしいとして、ことさら称揚する竹中平蔵氏や最近、彼の影響を強く受けているといわれる民主党の前原氏などへの支持は根強いものがあると考えます。

No title

 竹森俊平先生が、アメリカの「ティーパーティ」をこき下ろしているコラムが、日経経済教室に載っていました。

 おまりにおかしくて、笑ってしまいましたが、今度、紹介します。

 アメリカだろうが、日本だろうが、政府は「大きくならざるを得ない」のですが、そのコラムによると、ティーパーティーは「テロリスト」呼ばわりでした。

 鼓腹撃壌いいですね。景気よければ、政府なんて必要ない?ですからね。「健康な人には」という留保つきですが。

 民主党政権移行、「大きな政府」路線驀進中(国債>税収、予算額増加)なんですが、事実はなかなか伝わらないようです。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ