隅田川 『大機小機 2つの赤字をどうみるか』

日経H23.7.13 隅田川 『大機小機 2つの赤字をどうみるか』

大機小機

 まともな記事に出会いました。おそらく、この方は経済学者ではないでしょうか?至極全うなことを書いています。

 「貿易収支や経常収支そのものはそれほど重要な政策目標ではないし・・・」
 「貯蓄・投資バランス(筆者注:ISバランスのこと)に基づいて考えれば・・・」
 「貿易・経常収支の赤字そのものが問題とはいえないが・・・」
 

この意味する内容については
 
ブログ カテゴリ:ISバランス/貯蓄投資差額 (7)
http://abc60w.blog16.fc2.com/blog-category-77.html


を参照下さい。

 日経記者は、自分の新聞のコラムを読まないんでしょう。セクショナリズム(官僚主義)の典型ですね。他のページについては「知らない」「分からない」「著者に聞いて・・・」

ブログ かんべんしてよ 日経 H23.7.18記事 

 もう1人、 菅野雅明氏です。この方も、何度か当ブログで取り上げましたが、いつも完璧です。JPモルガン証券だそうですが、この様な方がいると、信頼度が一気に高まります。

JPモルガン


 次の記事も、「経常赤字転落」と表現しているように、経常赤字=資本黒字を理解していないところは除いて、まあ、言わんとしている趣旨はOKでしょう。

 日経H23.8.2
大機小機

 単に、国債を現在のように国内で消化するには、消費税を4%程度引き上げれば十分です。そんなに心配することはありません。 

 前回の記事では、下記のように書きました。

--------

櫨浩一『貯蓄率ゼロ経済』日本経済新聞社 2006年 p11 p106

2020年頃には家計貯蓄率はゼロに
櫨浩一『貯蓄率ゼロ経済』日本経済新聞社 2006年 p11 p106.jpg
  
櫨浩一2006年 p106
櫨浩一『貯蓄率ゼロ経済』日本経済新聞社 2006年 p11 p106

 現在の、S-Iがゼロ、あるいはマイナスになると言うことです。国民の貯蓄だけで、投資がまかないきれなくなるということです。

(S-I)=(G-T)+(EX-IM)

(1)左辺ゼロ=財政赤字プラス+貿易黒字マイナス
(2)左辺マイナス=財政赤字プラス+貿易黒字マイナス

 このように,左辺と右辺は必ず等しくなるので,日本は,必ず「貿易赤字」になります。
貿易赤字=資本収支黒字なので、外国から日本への投資が、増えることを示します。
「櫨浩一経済調査部長は「貯蓄率がマイナスになれば、海外からの投資増が必要になる…」と語る」というのは、海外からの投資黒字=貿易赤字国になるということです。日本は、必ずそうなります。今のイギリスや、アメリカのようにです。

(S-I)=(G-T)+(EX-IM)

(3)左辺ゼロ=貿易黒字ゼロ
(4)左辺マイナス=貿易黒字マイナス(貿易赤字)

 その際、「金利」を引き上げなければなりません。日本の国債金利<外国(自国)の国債金利であれば、日本の国債は売れません。「債券価格の調整が必要=金利引き上げ」ということです。

--------


 このように書きましたが、国債費を「ゼロ」にすれば、単なる「貿易赤字」になるだけです。


 (S-I)=(G-T)+(EX-IM)

 つまり、上記の式で、(G-T)がゼロ=国債費ゼロであれば、左辺=右辺なので、貯蓄不足=貿易赤字(資本黒字)になるだけです。

 国債費をゼロにするには、消費税を4%程度引き上げれば十分なのです。だから、世界(日本)の投資家は、「日本政府が十分に担保できる」のを知っているので、日本の国債価格は、世界一(金利は超低金利)なのです。
スポンサーサイト

theme : 間違いだらけの経済教育
genre : 学校・教育

comment

Secret

国債

>国債費をゼロにするには、消費税を4%程度引き上げれば十分

消費税4%で十分とはどういうことなのでしょうか?
4%=8兆円程度では国債新規発行分を賄うことはできないと思うのですが。

経常収支赤字→資本収支黒字?

ご無沙汰しております。また、よろしければ一つ教えて下さい。菅野さんの記事ある、「国内部門が資金不足に陥ると、経常収支は赤字になり、国債を海外の投資家に引き受けて貰う必要が出る。」というのは本当ですか?すなわち、経常収支赤字→資本収支黒字なんでしょうか?個人的には、資本収支黒字→経常収支赤字の気がします。信用のある資金移動が自由な国では結果的には同じなのかもしれませんが、金を貸すか貸さないを海外金融機関が決めて、結果貸すことになれば、ローンで外車を買えるということではないかと思います。金が無いのに外車を買ったら、ローンが出来ますといわれたら、それはおかしくないですか(ローンできないのに買えないでしょ)?と言いたくなります。細かいですが、菅野さんのレポートだと因果関係が間違っているので減点でしょうか?
(布団を干したら晴れるんじゃなくて、晴れてるから布団を干すっていうことを考えれば、おかしいのは一目瞭然かと。)

No title

 国債発行額とともに、公債償還額があります。その差額平均は、2009年までで(民主党政権下では違いますが)5兆8000億円くらいです。

消費税1%はおっしゃるように2兆円~2.5兆円相当なので、消費税を3%~5%程度引き上げれば、十分です。

 詳しくは拙著『高校生からのマクロ・ミクロ経済学入門Ⅱ』 「国債とは」の章をご覧ください。

No title

>国内部門が資金不足に陥ると、経常収支は赤字になり、国債を海外の投資家に引き受けて貰う必要が出る。」というのは本当ですか?すなわち、経常収支赤字→資本収支黒字なんでしょうか?



 ①国内部門の資金不足(貯蓄不足)→②経常収支赤字=資本収支黒字

 と、①→②になります。②は国際収支表上、「同時」です。

>資本収支黒字→経常収支赤字

 上記、①→②の流れ、「資本収支→経常収支」はISバランス論(貯蓄投資差額)のことであり、国際収支表の記入原理とは違うことにご注意ください。

 詳しくは拙著『高校生からのマクロ・ミクロ経済学入門Ⅱ』 「貿易黒字とは」の章をご覧ください。

No title

早々にご回答ありがとうございます。貯蓄投資差額の話は分かりますが、くどいですが1つ確認させてください。
>①国内部門の資金不足(貯蓄不足)→②経常収支赤字=資本収支黒字
>と、①→②になります。②は国際収支表上、「同時」です。
とのことですが、貯蓄不足になるというのはどういうことですか?簡単に言うと消費が所得より多くなりえなければ貯蓄不足にはならないのでは?つまり、①になれば②となるということはわかりますが、まず①になるためには資本収支黒字があるのではないですか?

晴れになる→多くの家庭が布団を干す が成立するからと入って、多くの家庭が布団を干す→晴れになる ことはないです。これを因果関係はなく同じことですといっても、誰も納得しないと思います。

素人の私が②だから①となるとなる考えはナイーブ過ぎて誤りですか?

国際収支表上同時になるので因果関係は考えなくても良いと経済学では考えられているのであれば、PIIGSやアメリカみたいに何も気にせず国内で消費・投資して貯蓄不足で良い様に思います。貯蓄不足になった分、いくらでも資本収支は黒字になるわけですから(そうすると、なんでギリシャ等でもめているのか私には不思議です)。

あと、横レスで恐縮ですが、
>国債発行額とともに、公債償還額があります。その差額平均は、2009年までで(民主党政権下では違いますが)5兆8000億円くらいです。

は、財務省webのどこをみればわかりますか?ご教示いただけると幸いです。

No title

>貯蓄不足になるというのはどういうことですか?簡単に言うと消費が所得より多くなりえなければ貯蓄不足にはならないのでは?

国内貯蓄S>投資Iであれば、「貯蓄超過」です。
国内貯蓄S<投資Iであれば、「貯蓄不足」です。

前者は、日本や中国、後者はアメリカやイギリス、フランス、イタリア、オーストラリア、ベトナム、インドネシア等々です。

>PIIGSやアメリカみたいに何も気にせず国内で消費・投資して貯蓄不足で良い様に思います。貯蓄不足になった分、いくらでも資本収支は黒字になるわけですから(そうすると、なんでギリシャ等でもめているのか私には不思議です)。

 その通りです。ですので、経常赤字だろうが、黒字だろうが、どっちでも構わないのです。

 ギリシャの場合、貯蓄不足なので、国外に国債を購入してもらっています(経常収支は赤字)。

 ところが、デフォルト(国債の元本・金利を払ってもらえなくなる)という懸念が生じると、外国はギリシャの債権を売り払います(危ないから)。

 要するに、その国の財政(政府)を信用できるか否かの問題です。国債は会社の「株式」と同じなのです。

 日本の場合、大体5%ほどの発行額分を、外国に買ってもらっています。 日本の信用がなくなれば、円売りドル買い(債券手放す)という動きになります。

 アメリカがデフォルトになる(結局今回はなりませんでしたが)と、ドル売り円買い(アメリカ債権手放す)になります。

 この動きが極端になったのが、1997年のアジア通貨危機・ロシアデフォルトや、アルゼンチンのデフォルトでした。

詳しくは、拙著『高校生からのマクロ・ミクロ経済学入門Ⅱ』「国債とは」を参照ください。
 最寄りの図書館でリクエストすれば、全国の図書館から取り寄せてももらえます。




 国債費、公債費は、今年度予算(財務省)で見られます。「平成23年度予算」で検索すると、さまざまな資料で、ヒットすると思います。

 ただし、前述したように、民主党政権では、例の「ばらまき」で、国債費が膨らんでいますので、2009年までの平均額では、収まっていません。

回答ありがとうございます。

お忙しいなか、回答ありがとうございます。①だったら②になることは理解しております。ただ、私がお聞きしたいことは、因果関係を考える必要はないのか、因果関係を考えるのは間違いなのか?です。貴著書(の何ページあたり)を拝読すれば、②→①が間違いで、①→②が正しい(あるいは因果関係を考えることは無意味)と、理由など記述されているのでしょうか?

非常に厚かましいですが、ぜひ下の回答パターン3つのいずれかで、お回答いただきたくお願い申し上げます。
パターン1:因果関係を考える必要はない、なぜなら・・・
パターン2:①→②が正しく②→①は間違い、なぜなら・・・
パターン3:書籍の○○ページに、パターン1もしくはパターン2の回答を記述してあるので、勉強しなさい。

でお願いします。

財務省の話ありがとうございます。G-Tを国債費とここでは定義されてたのですね、国債費ってのは歳出の項目の事と誤解してました。

No title

パターン2:①→②が正しく②→①は間違い、なぜなら・・・

誤解1

「日本が資本輸出をする(資本赤字)のは、経常収支が黒字だからだ」

誤解2

「経常赤字国が資本黒字国となるのは、その赤字を埋め合わせるために、海外から資金をファイナンスしてもらわなければならないからだ」

 輸出入を行う主体は、輸出企業です。資本を海外に投資する主体は、金融機関や投資家です。投資する人(法人)は、儲けのために海外投資するのであり、「外貨が余っているから投資」するのではありません。
 輸出企業は、輸出代金を、海外口座に「外貨」のまま、積み上げておく(これは資本黒字に相当)ということは、しません。国内業者に支払うために、円に換えます。

 両者は、自国の経常収支動向とは無関係に、利益のために行動しています。

 また、資本輸入国は、自国の経常赤字を埋めるために、社債や株や、公債を発行するのではありません。たまたまそれらを購入してくれたのが、「海外の人(法人)」だったに過ぎないのです。

 つまり、資本収支(投資)が先、経常収支は後なのです。そして、同時にこれは、恒等式です。

 何度も説明していますが、資本取引は、実物取引の90倍(2007年時点)です。後者は、すでに「犬の尻尾(バーナンキ)」になってしまったのです。

 拙著p33~40に記載してあるとおりです。
 国債費もp102以降に記載している通りです。

消費税増税

消費税4%増税で国債費はまかなえる
とありますが、

消費税増税で景気に悪影響はないのでしょうか?

97年の消費税増税では、
消費税収はあがったが、それ以上に、法人税、所得税が
落ち込んだと聞きます。

税収を上げるには景気回復が先で、
そのためには財政政策と金融政策が先に必要なのではないでしょうか?

日経の記事では景気対策の話には殆ど触れられず、

まず財政再建、増税ありきの議論なのですが、

その考えは正しいのでしょうか?

正直言って、経済学者の間でも、いろんな人が、

いろんな意見を言っているので何が正しいのか、
よくわからないというのが、経済学素人の感想です。

No title

増税について

 今回の大震災復興に関して、経済学者の共同提言と、同じく個々の経済学者の意見が載っているWebがありました。

http://www.tito.e.u-tokyo.ac.jp/j_fukkou2011_list.htm
「伊藤隆敏研究室」

 さまざまな先生の意見がコメント欄で、掲載されています。

No title

上記の意見がある一方、竹中慶大教授や、若田部早大教授は、復興増税に反対しています。

 ほかにも経済学者の間で、賛否両論があります。

???ですが、ありがとうございました

私の希望回答パータンでのご回答、誠にありがとうございます。
ただし、誤解1と2で書いてあることは一般論であり、私の質問には関係のない回答で、わたしの疑問への回答では全くありません。

私がなんどもうかがっている、②→①ではないのですか?といっていたのは、資本収支が黒字だから国内の消費や投資が可能になるのではないですか?(最初の質問で書いた自動車ローンの記述にあるとおり、ローンが組めるから消費できるんじゃないですか?)ということでした。
>つまり、資本収支(投資)が先、経常収支は後なのです。
ではないのですか?と聞いていたのです。そのことは、「まず①になるためには資本収支黒字があるのではないですか? 」とわたしが書いていたとおりです。
(②を経常収支赤字=資本収支黒字とお書きでしたので、私の意図が伝わっていなかったのかもしれませんことはありえます)
で、私の理解は資本収支が黒字があるから、国内部門が資金不足になるのだろうと思っていたわけです。

菅野さんの文では、国内が資金不足に陥ると、経常収支が赤字になって、国債を海外投資家に引き受けてもらう必要があるとかいてあります。つまり、経常収支赤字→海外投資家に引き受けてもらうと読めるので、減点ですねと申し上げていたわけです。

いまだに、なぜ①→②(資本収支黒字)と回答されているのかは私にはわかりませんが、
>つまり、資本収支(投資)が先、経常収支は後なのです。
とお書きなので、私としては納得することにいたしました。
(極端な場合、海外から資金が流入しない事情があると、貯蓄不足になりえませんからね。にもかかわらず①がまずあるって言われても・・・)ご本も拝読させていただきます。

お忙しいところ、ありがとうございました。

No title

>菅野さんの文では、国内が資金不足に陥ると、経常収支が赤字になって、国債を海外投資家に引き受けてもらう必要があるとかいてあります。

①国内の資金不足(S-Iマイナス)

②経常収支が赤字になり=国債を海外投資家に引き受けてもらう
(経常収支赤字=資本収支黒字は同時)
(資本収支黒字=経常赤字)

 これで、正しいです。間違いではありません。

 説明している通り、「資本が先、経常はあと」です。

 ここで言っている「資本」とは、国際収支表の「資本」ではなく、日本全体の資本取引(実物取引の90倍)のことです。

 ただ、国際収支表に出て来る「資本」は、「経常→(というか同時)資本」となっています。

>上記、①→②の流れ、「資本収支→経常収支」はISバランス論(貯蓄投資差額)のことであり、国際収支表の記入原理とは違うことにご注意ください。

>国内貯蓄S>投資Iであれば、「貯蓄超過」です。
>国内貯蓄S<投資Iであれば、「貯蓄不足」です。

 以上です。


くどいですか、おしえていただけるとありがたいです。

>国内貯蓄S>投資Iであれば、「貯蓄超過」です。
>国内貯蓄S<投資Iであれば、「貯蓄不足」です。

資本収支が黒字でなくて(資本収支≦0)、S<Iになりえるのですか?これが、分からない理由みたいです。

No title

(S-I)=(G-T)+(EX-IM)です。

左辺マイナス(ゼロ)=右辺マイナス(ゼロ)です。

(G-T)がマイナス(つまり財政黒字)であれば、EX-IMがプラスでも、左辺はゼロ、マイナスになります。

ありがとうございました

菅野さんの話に端を発していたので(G-T)がマイナス(つまり財政黒字)ってことは、まったく想定外でした。色々と、今回もありがとうございました。

拝読させて頂きました

高校生からのマクロ・ミクロ経済学入門II拝読させて頂きました。大変わかり易く書かれていて勉強になりました。最後の工場で働くA,B,Cさんの賃金に差をつけるのは当然に思います。(Cさんの所得は社会福祉の考える事で、工場が考えることではないかなと。またAさんを優遇しないと、将来的にはAさんは他社に転職してしまうのではないでしょうか?)
ところで、1つ分からない所があります;話としてずっと三面等価の話があって、180ページに需給ギャップでY=C+I+G+(EX-IM)-40と出てきます。Yが生産で、C+I+G+(EX-IM)が需要なのではないですか?結果Y=C+I+G+(EX-IM)+40ではないのでしょうか?で、なぜ突然28ページのY=C+I+G+(EX-IM)に40とか加わるのでしょうか(年度では問題解決なのですか)?図134ではギャップがあって、図142ではギャップが無いのも不思議です(図142のEX-IMは7350億円ですか735億円ですか?あと、表61下のX財の説明と表の数値が不一致かと)。

No title

>180ページに需給ギャップでY=C+I+G+(EX-IM)-40

 これは本来の供給値と、本来の総需要値です。実際のYは、潜在需要値から、40兆円減になります。

 実際の値(p28 図142)とは全く違う話です。

 比較生産費は「比」ですので、「比」による比較になります。

よろしくお願いいたします。

回答ありがとうございます。

比の話ありがとうございました。わかりました。
しつこくて恐縮ですが、C+I+G+(EX-IM)は潜在需要値ですか?例えば23ページのご説明では、総供給=総需要でY=C+I+G+(EX-IM)と書かれています。ですが、180ページで突然Y=C+I+G+(EX-IM)-40と-40が追加されているのが分からないのです。なぜ政府が+40しないとY=C+I+G+(EX-IM)が成立しないという話になるのですか?理屈としては、Y=C+I+G+(EX-IM)なんだけど、現実にはならないということでしょうか?(著書のどこかに記述がありましたでしょうか?)Y=C+I+G+(EX-IM)になるようにCやIやGや輸出-輸入が調整するのでしょうか?

No title

潜在需要値=潜在供給値です。労働力・資本・生産性をフル動員して達成できる値ですが、達成しようにも、40兆円のギャップがあるというお話です。

 ですので、G出動(財政政策)が必要です(これは人為的にできます)という話です。

「CやIやGや輸出-輸入が調整」は、神のみぞできる話です。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ