<51.7%:自給率上限 >

<日本は自給率のどこを目標にするのか>

参考・引用文献 川島博之(東大院農学生命科学研究科准教授)『食料自給率の罠』朝日新聞出版社2010

P59図
1961 2005 カロリー自給率.jpg

 1961(昭和36)年のカロリー自給率は、78.8%です。これこそ、日本が実現したい理想値?でしょうか?。
 その頃のように、今の豊かな食生活を捨てて、自給率をアップさせた方がいいですか?コメしか食べるものなかったですけど。我々は、豊かになると、「コメ」や「麦」・・・要するに主要穀物を食べなくなります。ひたすら「コメ」を食べていた昭和30年代と違い、今は、イチゴ、夕張メロン、マンゴー、有機野菜、高級肉、ふぐ、カニ、アワビ、トロ、ワイン、日本酒、チーズ、バターetc、高級食材を食べます。「青汁」などの健康食品は、右肩上がりです。

 この78.8%は、物理的理由により、絶対に不可能な数値です。検証してゆきましょう。

P61
 …国土が狭い日本では、コメを生産するだけで精一杯であった。…経済成長に伴い、肉、牛乳、植物油をもっと摂りたいと思った。だが、飼料用作物や油用作物を大量に生産する土地など残されていない。だから輸入したのだ


P66
食料 輸入.jpg
p66-68
食料輸入 内訳.jpg

<自給率向上方法?>

 カロリー自給率であれ、生産額自給率であれ、摂取カロリー自給率であれ、自給率なる指標そのものに、「意味がない」ことは、このブログで説明してきたとおりです。

2011-01-07記事 カテゴリ: 農業自給率UPは無意味
2011-01-10記事 カテゴリ: 農業自給率UPは無意味
2011-01-13記事 カテゴリ: 農業自給率UPは無意味 参照


 ですが、本当に100歩ゆずって(1万歩ですけど)、「自給率」を向上させるとしたら、どこまで上がるのかを検証しましょう。

P70~
耕地面積推移.jpg

 さて、カロリー自給率を向上させるために、何を作るべきでしょうか?野菜・果物をいくら作っても、カロリーは上がりません。高カロリーである必需品は、小麦・トウモロコシ・大豆です。

 2007年、日本は、トウモロコシを1,663万トン、小麦を528万トン、大豆を416万トン輸入しています。これらを自給すれば良いのです。
 トウモロコシは8トン/ha(アメリカ並みと考えて)、小麦は4トン/ha(日本数値)、大豆は2トン/ha(同)の収穫量です。この数値を使い、自給に必要な土地を示します。

耕作地 自給率向上のために.jpg

 上の図から、高カロリー作物は、日本の休耕地・放棄地をフルに使っても、生産しきれないことがわかります。これらを全て自給するには、昭和36年の、日本の農地最高面積時代だった「609万ha」の約1.2倍の面積が必要です(723万ha)。土台、自給率向上は「絵に描いたもち」なのです。

耕地面積 自給するのに必要な面積.jpg

耕作地 自給率向上のために.jpg

 休耕地をフルに使って、小麦を生産したとします(これは、かろうじて、何とか、やっと、下駄を履かせて可能数値です…本当は、降雨量・湿気の多いところは無理、虫食い土地を全て利用するとして・・・家庭菜園に貸した用地は、全部回収して・・・。

 そうすると、カロリーベース数値が11.4%上がります。日本のカロリー自給率は平成21年度40% です。小麦を全て自給して、51.4%になります。これが、自給率なるものを目一杯アップさせた日本の「限界値」です(魚・・・これを大量に日本で自給しても、低カロリーなので、カロリー効率は上がりません)。

 さて、40%から、51.4%にアップさせたとして、この数値をどう思いますか? 下記の語群から正しいと思うものを選んでみましょう。

① 40%は低いが、51.4%なら及第点だ。
② 40%でも、51.4%でも不安だ。
③ 40%でも、51.4%でも、意味はない

浅川芳裕『日本は世界第5位の農業大国』講談社+a新書 2010
カロリーベース 食糧自給率 その2

 カロリー自給率を、下駄を履かせながら目一杯上げた、51.4%は、スイス並みです。これが日本の限界です。

<自給費用>

http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/dbd987bd69f54f27c2ecc36cf237b3b5
池田信夫 blog(旧館)「食糧危機」の本当の原因

 農水省のホームページによれば…政府買付価格は大幅に上昇している」と書かれているが、ブッシェルというのは約27kgだから、10ドル/ブッシェルというのはトンあたりに換算すると約37,000円
…他方、国産小麦の落札価格は銘柄平均で約43,000円…これは割安に見えるが、実は約100%の補助金を受けているので、原価は国際相場の2.5倍だ。
2008年4月現在

以下は、単純計算です。国際価格37,000-国産小麦原価14,800=22,200円/tを農家に補助します。

すべて自給します。
輸入量 555万トン+ 国内86万トン=641万トン(2007年)
なので、6,410,000トン×22,200=142,302,000,000

補助金は、約1400億円になります。

 一生懸命キャンペーンして、補助金を1400億円払って、51.4%を目指すことに、何の意味があるのかさっぱり分かりません。

 自給率UPはまやかしなのです。
スポンサーサイト

theme : 間違いだらけの経済教育
genre : 学校・教育

comment

Secret

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ