<マルクスで教える経済 その2>

シノドス ジャーナル( SYNODOS JOURNAL )
http://synodos.livedoor.biz/

に、『人口減少デフレ論の問題点 菅原晃』が連載中(2010.10.8~)です。

合わせてご覧ください。


<マルクスで教える経済 その2>

久保田貢 編、『ジュニアのための貧困問題入門』平和文化社2010.10.8
本

山本政俊著 第3話『生きること、働くことと憲法』P73

「…なぜ景気変動が起こるのか説明しよう。

 工場や機械、土地や建物など、ものを生産するための生産手段をもっている資本家。生産手段をもたないために、自らの労働を労働力として売ることで生活する労働者。この二つの階級が対立しているのが、資本主義社会の特徴です。

 資本家は、『労働力』という商品を働かせることで、新しい価値を生み出します。労働者をある時間働かせれば、賃金分の価値を生み出すけれど、そこで仕事を終わらせる資本家はいません。必ず、賃金分に相当する時間をこえて、労働を続けさせるこの時間帯に生み出された価値は、まるまる資本家のものとなります。これを『剰余価値』といいます。マルクスという人が、『資本論』という本で明らかにしたんだ。

 資本主義経済は、この剰余価値を生産するために、生産のための生産をするわけです。そうすると、どうなるだろう?」

「どんどんものを生産して、作りすぎる」

「そう、生産が過剰になるね。そうしたら、いつか生産と消費のバランスが崩れて、売れなくなるね。これが経済学でいうところの恐慌、不景気です。そして、資本家はよりたくさんの剰余価値=利潤を得ようとすれば、労働者をどのように働かせるだろう?」

長時間、働かせる

「そう、働いているのに賃金を払わないサービス残業がその最たるものだね。ほかには?」「くたくたになるまでこき使う」

「そう、労働の密度をあげるんだね。職業病になる人がいても、過労死する人がいても、それをはじめから何とかしようと資本家は、ほとんどいません。

 そして、資本家は、いつでもだれでもクビにできる失業、半失業の労働者の大群をつくります。これを産業予備軍といいます。このことによって資本家は『あ、そう。この労働条件がいやなら、もっと安い賃金で働く人はいくらでもいるからね』と労働者を脅すことができるのです。低賃金は剰余価値を増やし、利潤をあげるからね」


<資本家と労働者とは?>

 工場や機械、土地や建物など、ものを生産するための生産手段をもっている資本家。生産手段をもたないために、自らの労働を労働力として売ることで生活する労働者。この二つの階級が対立しているのが、資本主義社会の特徴です。 


資本家=生産手段(土地や建物など)を持つ

労働者=生産手段を持たない、労働力を売る
 

 資本主義社会では、この2つの層が対立しているというのですが・・・

 以下、次の書籍を参考に、資本家・労働者について見てみます。

稲盛和夫 『アメーバ経営』日経ビジネス文庫 2010

 稲盛和夫(78歳)は、現在JAL の再生に取り組んでいる、京セラ創立者です。その再生プランの中で、「アメーバ経営」という経営方法を導入しました。

「アメーバ経営」というのは、京セラの人たちが、経営学も、組織論も何も知らない中で、独自に作り上げた経営システムです。今では、日本中にその哲学が広く浸透しているシステムです。

 目的は3つ「市場に直結した部門別採算制度の確立・経営者意識を持つ人材の育成・全員参加経営の実現」です。詳しい内容は、とても説明しきれませんが、JALの再生を任された最大の理由の一つです。

京セラは、1959年(昭和34年)設立です。稲盛さんが、7名の同志とともに、創業した会社です。

p 21創業資金を私が出したわけではなく、私の技術を世に問う場として支援してくださる方々の資金的な援助により設立された会社であった。

 その設立2年目に、高卒の新入社員10名と、労使対立を経験します。当時の様子です。

p29当時はまだ労使対立が激しく、労働争議も頻発している時代であり、物事を「資本家対労働者」という対立構造でしか考えようとしない風潮があった。

P48~
 戦前の反動もあり、戦後の一時期、社会主義的な勢力が一挙に勢いを増し、労働争議が頻発するようになった。
…特に京都では革新勢力が強く…労働者は、自らの権利のみを主張して、経営者の悩みや苦しみにはあまり理解を示さなかった。また、経営者のなかにも、戦前からの古い体質が残っており、労働者を道具としか見ない者が少なからずいた。…第二次世界大戦が終わり、こうした労使間の対立がますます激しくなってきた京都の地で、私は会社を創業した。
 

 このような時代背景のある時です。

P23
 創業2年目に高校を卒業したばかりの新入社員を10年ほど採用し、1年間程働いてもらったときのことである。…たった1年間働いただけで「将来を保証してもらわなければ辞める」と言い出したのだ。
…「自分だけが経営者としてうまくいけばいい、というような考えは毛頭持っていない。この会社に入ってきたみんなが本当によかったと思うようにしたい」と繰り返した。しかし、血気盛んな若者たちは「資本家とか経営者というのは、そういう調子のいいことを言ってわれわれをだます」と受け付けない。


 そこで、稲盛は考えます。

p 25
「そもそも私は技術者としての夢を実現するために会社を起こしたのだが、いざ会社を創業してみると、社員は自分の一生を託して入社してくる。だから会社には私の夢の実現以上に大切な目的がある。その目的とは従業員やその家族の生活を守り、その幸せを目指すことなのだ。私が先頭に立って従業員の幸せを目指すことが、私の運命なのだ」

 そこで私は京セラの経営理念を「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること」と定めた。

 これにより…従業員は京セラを「自分の会社」と思い、あたかも自分が経営者であるかのように懸命に働いてくれるようになった。その頃から私と従業員の関係は、経営者と労働者という間柄ではなく、同じ目的のために努力を惜しまない同志となり、全従業員の間に真の仲間意識が生まれるようになった。


 これは、1960年(昭和35年)ころの話・・・今から50年前です。確かに当時は、労使対立の時代だったのかもしれません。

 現在、「労使対立」をしている会社はあります。ですが、下記に示すような、「経営者=資本家」という構図はありません。経営者も労働者の一人です。


 工場や機械、土地や建物など、ものを生産するための生産手段をもっている資本家。生産手段をもたないために、自らの労働を労働力として売ることで生活する労働者。この二つの階級が対立しているのが、資本主義社会の特徴です。 


資本家=生産手段(土地や建物など)を持つ

労働者=生産手段を持たない、労働力を売る
 


 そして、稲盛は、労働者にも経営者の視点を持ってもらおうとしました。

P 55
 アメーバ経営では、会社を小集団に分け、リーダーが中心となりメンバー全員が経営に参加する。…会社の情報をできるだけ開示することで、全従業員が自主的に経営に参加する土壌ができ上がり全員参加経営が可能となる。

 全従業員が積極的に経営に参加し、それぞれの立場で自らの役割と責任を自主的に果たそうとすれば、従業員はもはや単なる労働者ではなく、ともに働くパートナーとなり、経営者としての意識を持つようになる。
…全従業員が、会社の発展のために力を合わせて経営に参加し、生きがいや達成感を持って働くことができる。「全員参加経営」を実現する。これがアメーバ経営を行う第三の目的である。
 

 資本主義社会をとらえる枠組みは、すっかり変化したのです。


 そして、資本家は、いつでもだれでもクビにできる失業、半失業の労働者の大群をつくります。これを産業予備軍といいます。このことによって資本家は『あ、そう。この労働条件がいやなら、もっと安い賃金で働く人はいくらでもいるからね』と労働者を脅すことができるのです。低賃金は剰余価値を増やし、利潤をあげるからね」

労働者をクビにすれば、GDI(所得)=GDE(支出)も減ります。社会全体の雇用を減らして、資本家が『剰余価値=利潤』をもうけることは、不可能です。
スポンサーサイト

theme : 間違いだらけの経済教育
genre : 学校・教育

comment

Secret

病は気から?

信念で世の中が変われば、楽でいいですよ。
しかし、現実は違うでしょ。

確かにこれは間違いだらけですなぁ。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ