『対外純資産 新興国で急増』

シノドス ジャーナル( SYNODOS JOURNAL )
http://synodos.livedoor.biz/

に、『人口減少デフレ論の問題点 菅原晃』が連載中(2010.10.8~)です。

合わせてご覧ください。


<対外純資産 その3>


日経『対外純資産 新興国で急増』H22.10.4 グラフも 数字は筆者挿入

 新興国・地域が、海外に持つ資産が急増している。…中国は2009年に167兆円と04年の5倍以上に膨張。①…急速な経済成長を背景に個人や企業の金融資産が欧米等に向かっているほか、資源獲得のために政府が投資を膨らませているためだ。新興国が世界経済への影響力を高めつつあることを示している…。
 …純資産が大きいほど資産大国ぶりを示す。09年の日本は266兆円で19年連続で世界で最も多い。…中国の増加ぶりを支えるのは旺盛な対外直接投資だ。…中国企業による海外への投資も相次いでいる。…この結果、09年の直接投資の残高は04年の約4倍に増えた。
 海外の株式や債券等への投資残高も04年の約2倍に増加。②人民元相場を実勢より低く押さえるため、中国人民銀行が市場で大規模な円売りドル買いを続けたこともあり、外資準備も3倍以上に膨らんだ。

対外純資産.jpg

③…対外純資産残高はその国や地域のファンダメンタルズの強さや外国に投資している資産からの利子や配当収入が多いことを示す指標の一つでもある。
④新興国の海外資産の急増ぶりは世界経済における影響力や発言力が無視できないものになりつつあることを意味する。


<対外純資産 その3>

…中国は2009年に167兆円と04年の5倍以上に膨張。①…急速な経済成長を背景に個人や企業の金融資産が欧米等に向かっているほか、資源獲得のために政府が投資を膨らませているためだ。新興国が世界経済への影響力を高めつつあることを示している…。
②人民元相場を実勢より低く押さえるため、中国人民銀行が市場で大規模な円売りドル買いを続けたこともあり、外資準備も3倍以上に膨らんだ。


<中国の対外純資産>


 中国の対外純資産は、「中国の外貨準備-中国への海外からの純投資額」のことです。

①…急速な経済成長を背景に個人や企業の金融資産が欧米等に向かっているほか、資源獲得のために政府が投資を膨らませている

 のは確かなのですが、「海外投資<中国への海外からの投資」なので、「中国の海外実物資産<外国の中国内実物資産」です。
中国 対外純資産1.jpg


 要するに、中国の対外純資産というのは、為替介入で膨らんでいる「外貨準備増大のことなのです。

http://www.chinapress.jp/finance/17568/
チャイナ・プレス「中国:2009年6月末外貨準備高2兆1316億ドル、同期比17.84%増加」

 7月15日、中国人民銀行のデータによると、2009年6月末の中国外貨準備高は2兆1316億ドル(約199兆3046億円)、2008年同期比17.84%増加したとのこと。


 下記が、2008年までのグラフです。

BRICS辞典 http://www.brics-jp.com/china/gaika_jyunbi.html
中国 外貨準備

 中国の外貨準備高(外貨準備金)は世界一で、その額は2兆ドル(約200兆円)に迫るほどです。2006年辺りまでは日本が世界一でしたが、今やその日本の1.5倍近くにまで伸びています。グラフから分かる通り、特に近年、数値が激増しています。

 昨年6月末時点で、外貨準備が約199兆3046億円、新聞では、対外純資産が「2009年に167兆円」と、時期が違うので厳密ではありませんが、約32兆円、「外貨準備-中国への国内投資額」の差があるということです。

中国 対外純資産2.jpg

 この図で、控除部分が約32兆円ということになります。中国の対外純資産=「外貨準備金=過去の為替介入額累積」のことです。

中国 国際収支表.jpg

異様な一本足打法だということが分かります。

④新興国の海外資産の急増ぶりは世界経済における影響力や発言力が無視できないものになりつつある

 日本が、対外純資産を「影響力や発言力」という武器にしたことなど、多分ないと思います。そもそも国民は、「武器」だと思っていないのではないでしょうか。

 ただ、97年でしたか、当時の橋本総理が、アメリカで、「日本の持つアメリカ国債を売りたいと思うこともある」と発言し、アメリカ国債価格が下落し、大騒動になったことがありましたが・・・。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101005-00000124-san-int
『欧州外交 躍る中国 ASEM ギリシャ国債買い増し表明でアピール』産経新聞 10月5日(火)7時56分配信

 中国の温家宝首相は4日に開幕したアジア欧州会議(ASEM)首脳会議に先立ち、財政危機のギリシャで国債の買い増しを表明するなど欧州連合(EU)への積極的な協力姿勢を示した。世界最大の外貨準備を“武器”に欧州との関係強化を示し、人民元切り上げを迫る米国や中国漁船衝突事件で対立する日本を牽制(けんせい)する狙いがある。
…中国の基本戦略は米国と欧州の分断だ。中国の外貨準備は約2兆4500億ドル(約204兆円)に達し、65%がドル、26%がユーロで構成される。外貨準備を分散するため、中国は昨年からユーロ資産を買い増しており、ユーロ危機が小康状態を得た今年7月、ギリシャ同様、財政難のスペインの国債4億ユーロ(約460億円)分を購入した。


 この記事では、今年の中国の外貨準備は、さらに、204兆円に増えているようです。

最新記事です。
日経『中国外貨準備16兆円急増』H22.10.14

 中国人民銀行(中央銀行)は13日、9月末の外貨準備高が2兆6487億ドル(217兆円)だったと発表した。6月末に比べ1940億ドル(約16兆円)増え、増加額は四半期ベースで過去最大


 217兆円だそうです。

<国際収支表の原則>

 国際収支は、複式簿記という記入方法で書かれている、会社で言う「貸借対照表=バランスシート」のことです。
 モノ・サービスを売買すると、必ず同額のカネが動きます。ですから、モノ・サービスを売ると、貸し方(+)に記載された同額が、借り方(-)にも記載されます。ですから、経常収支黒字額=資本収支赤字になるのです。モノ・サービス金額=カネ金額です。
だから、2007年の日本は

国際収支表

となるのです。△は外国カネ(資産)増と覚えれば間違いないでしょう。ドル・ユーロや、外国国債、外国社債、外国株の購入額のことです。


実際の記入方法です。

例ア
 日本の自動車会社が,車をアメリカに輸出します。代金は,10万円です。
  自動車の輸出→財(モノ)の欄→貸し方(+)ア10
  預金証書輸入→その他投資の欄→借り方(-)ア10
例イ
 日本の輸入会社がアメリカの航空機を使い,代金を払う。代金は5万円です。
  輸送サービス輸入→サービスの欄 →借り方(-)イ5
  預金証書輸出  →その他投資の欄→貸し方(+)イ5

例ウ
 日本が,地震に際し,食料援助を受けました。感謝状を輸出します。代金は3万円です。
  食料の輸入 →財(モノ)の欄→借り方(-)ウ3
  感謝状の輸出→経常移転の欄→貸し方 (+)ウ3

例エ 
 日本企業が,タイに子会社を作るため,子会社の株を買い,代金をタイの銀行に振り込みます。代金は2万円です。
  株券の輸入 →直接投資の欄  →借り方(-)エ2
  預金証書の輸出→その他投資の欄→貸し方(+)エ2

例オ
 イギリスの投資家が,日本企業の株を購入します。代金は4万円です。
  株券の輸出 → 証券投資の欄→貸し方(+)オ4
  預金証書輸入→その他投資の欄→借り方(-)オ4 

例カ
 日銀が,民間銀行との間で,円売り・ドル買いをします。金額は11万円です。
日銀のドル輸入円輸出 →準備資産の欄 →借り方(-)カ11
民間銀行のドル輸出円輸入→その他投資の欄→貸し方(+)カ11

経常収支黒字=②資本収支赤字(資本収支・外貨準備・誤差脱漏)
経常収支赤字=②資本収支黒字(資本収支・外貨準備・誤差脱漏) 
国際収支表の記入の仕方

上記の表で、経常収支+5=資本収支-5
                  (資本収支+6・外貨準備増減-11)

になります。

 中国は、事実上の元=ドル固定相場制を採用しています。当局は、元売り・ドル買いをします。

日経21年10月17日中国外貨準備21年10月17日

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

反日デモ、実は官製=政府系学生会が組織―香港紙
時事通信 10月17日(日)14時50分配信

 【香港時事】17日付の香港各紙は16日に中国各地で起きた尖閣諸島問題をめぐる反日デモについて、各大学の政府系学生会が組織したものだったと伝えた。中国政府は「一部の大衆が日本側の誤った言動に義憤を表明した」(外務省スポークスマン)と説明しているが、実際には官製デモだったことになる。
 中国系香港紙・文匯報によると、四川省成都市のデモ参加者たちは「各大学の学生会が1カ月前から準備を開始した」「校内で日本製品ボイコットの署名活動も行った」と話した。
 また、リンゴ日報も「デモに参加したある大学生がインターネット上で、デモは学生会が組織したことを明らかにした」と報じた。
 中国の大学学生会はすべて政府や共産党の指導下にあり、自主的な政治活動は一切認められていない。 
スポンサーサイト

theme : マクロ経済学 ミクロ経済学
genre : 政治・経済

comment

Secret

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ