『対外純資産 新興国で急増』

シノドス ジャーナル( SYNODOS JOURNAL )
http://synodos.livedoor.biz/

に、『人口減少デフレ論の問題点 菅原晃』が連載中(2010.10.8~)です。

合わせてご覧ください。


日経『対外純資産 新興国で急増』H22.10.4 グラフも 数字は筆者挿入

 新興国・地域が、海外に持つ資産が急増している。…中国は2009年に167兆円と04年の5倍以上に膨張。①…急速な経済成長を背景に個人や企業の金融資産が欧米等に向かっているほか、資源獲得のために政府が投資を膨らませているためだ。新興国が世界経済への影響力を高めつつあることを示している…。
 …純資産が大きいほど資産大国ぶりを示す。09年の日本は266兆円で19年連続で世界で最も多い。…中国の増加ぶりを支えるのは旺盛な対外直接投資だ。…中国企業による海外への投資も相次いでいる。…この結果、09年の直接投資の残高は04年の約4倍に増えた。
 海外の株式や債券等への投資残高も04年の約2倍に増加。②人民元相場を実勢より低く押さえるため、中国人民銀行が市場で大規模な円売りドル買いを続けたこともあり、外資準備も3倍以上に膨らんだ。
③…対外純資産残高はその国や地域のファンダメンタルズの強さや外国に投資している資産からの利子や配当収入が多いことを示す指標の一つでもある。④新興国の海外資産の急増ぶりは世界経済における影響力や発言力が無視できないものになりつつあることを意味する。


対外純資産.jpg


<対外純資産 その1>

 対外純資産とは何か、3回にわけて解説してゆきます。

(1)対外純資産=日本の国富

 まず、対外純資産とは、その国のストック(国富)に入ります。

三面等価の図を見て下さい。
三面等価 2008

 S部分が、(G-T)+(I)+(EX-IM)です。これは貯蓄から回りますが、同時に、生産財です。つまり、総生産(実物)のうち、消費に回らない部分を、政府・企業・外国が購入しているのです。ですから、すべて実態のある(形のある)財です。

 生産財(GDP)=消費+投資です。

 投資は、施設・設備です。工場、機械、住宅、店舗のイスやテーブル、公共投資(道路・港・ダムなど)です。鉄や砂、木やコンクリなど、実物財です。これが、次回の生産(GDP)を産み出す原資です。

 生産財(GDP)をすべて消費(C)に使ってしまったら、次年度、生産が出来ません。コメをすべて消費しないで、「もみ」として残すのは古来から当たり前です。この「もみ」が投資なのです。「投資」は拡大再生産には、絶対に必要なものです。

この「投資」が、「国富」になります。実態として、われわれの財産です。

GDP 消費+投資.jpg

とうほう『政治・経済資料 2010』p201 グラフも
 ストック・・・ある時点における、家計、企業、政府などが保有する資産・負債の合計。生産の元手になる。

フローとストックのイメージ図.jpg

 で、この投資部分は、政府(G-T)+企業(I)+外国(EX-IM)が購入しています。だから、(EX-IM)海外資産が、国富に入るのです。 「対外純資産」です。

消費+投資(政府・企業・外国).jpg

とうほう『政治・経済資料 2010』p201
2007年 ストック.jpg


(2)対外純資産=海外の日本に対する負債

 さらに、もうひとつの側面です。この投資(I)は、消費に使われなかった貯蓄(S)のことです。われわれが、貯蓄した(S)を、政府・企業・外国が借りているのです。ですから、海外から見たら、「借りている」ことになります。株式・社債・国債・銀行預金(預金は銀行からしたら、客に対する負債)として、計上されます。

 ですが、単に「株式・社債・国債・銀行預金」として、カネが宙に浮くわけではありません。企業や、国は、そのようにして得たカネを、実際の部品購入、土地・建物購入、店舗の備品、ローンを組んでの自宅購入、国であれば、道路や、ダム、アメリカだったら軍事費のミサイル代?などに使っています。

まとめ

日本の対外純資産=海外の日本に対する借金
            =実物資産


GDP 消費+投資(貯蓄).jpg

 ただ、外国から見ると、「借金」は「借金」ですが、「借金」をしている国にとっては、投資を受け入れているということです。外国資本(外国の国債・社債・株式・資産・貸付)が増えるということです。投資を受け入れるということはどういうことでしょうか。


外国人の株保有率 出典 日経H22.6.19  2010年3月末現在

オリックス 50.5%
パイオニア 31.3
日本電気硝子 44.4
三井化学 31.5
住友重機械工業36.6
日本郵船35.2
野村HD 44.1
レオパレス21 32.4

 これが、グローバル化の実態です。資本は国境を超え移動しているのです。 「オリックスは外国企業」です。

 さらに、アメリカ貿易赤字額資本収支黒字額なので、アメリカが貿易赤字を出せば出すほど外国資本(外貨準備、外国債、外国証券ほか)の投入が増えるのです。 「住友重機械工業は外国企業」と同様、アメリカの「○○社は日本企業・タイ企業・中国企業」という事例が膨大になっているということです。
スポンサーサイト

theme : マクロ経済学 ミクロ経済学
genre : 政治・経済

comment

Secret

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ