岩本康志 東大 「経済教室」日経H21.6.1 その2

<流動性のわな その2>

岩本康志 東大 「経済教室」日経H21.6.1

中央銀行は金利を操作することで経済の安定化を図っている。しかし名目金利がゼロに近づき…金利の操作という伝統的な金融政策の手段が失われたとき,つぎに打つ手は何か。

金利が非常に低くなり、それ以上の貨幣供給が景気刺激効果を持たない状態「流動性の罠(わな)」と呼ばれる。…世界的な経済危機によって、流動性の罠は日本だけに生じた特殊な問題ではなく、どの国でも直面するかもしれない問題であることが明らかになった。


 いきなり、「流動性の罠」と言われても、チンプンカンプンだと思います。経済学ではおなじみの用語ですが、知らない人にとっては、とても難しい話です。

 ケインズが示した概念です。しかもケインズがその著書「雇用・利子および貨幣の一般理論」でちょこっとだけ触れた部分です。彼の思想のおまけみたいな部分注)です。

注)分量的にはおまけですが、理論的には、核心部分と言っても過言ではありません。

J・M・ケインズ 『雇用・利子及び貨幣の一般理論』塩野谷祐一訳 東洋経済新報社1988 p204

 …利子率がある水準にまで低下した後ではほとんどすべての人が極めて低い率のしか産まない債権を保有するよりも現金の方を選好するという意味において、流動性選好が事実上絶対的となる可能性がある。…しかしこの極限的な場合は将来実際に重要になるかもしれないが、私は現在までのところその例を知らない


 こんな現象が、60年後の現在、実際に起こっていると考えられているのですから、不思議なことです。

(2)とっても難しい説明 その1

伊藤元重『入門経済学 第2版』日本評論社 2005 p208

…貨幣量が変化しても、利子率はまったく変化しません。ケインズはこのような状況を流動性の罠(liquidity trap)と呼びましたが、このような状況下では金融政策はまったく効果を持たなくなります。

 流動性の罠とは、あるところまで市場利子率が下がっていくと、人々はそれ以下には下がらないと強固に信じられる状況を示します。利子率がある水準よりも下がらないということは、債券の価格がそれに対応する水準より上がらないということですので、わずかな金利低下(債券価格の上昇)に対して、多くの人が債券から貨幣への乗り換え(貨幣需要)をするのです。この結果、貨幣需要曲線は水平に近くなります。


中谷巌『入門マクロ経済学 第5版』日本評論社 2007 p143

いままでの議論の上では~貨幣需要(資産需要)は利子率が上昇すれば減少し、利子率が下落すれば増加するとされていました。しかし、利子率に対する需要の弾力性(利子率が1%上昇した場合に、貨幣需要が何%減少するかを示す割合)が無限に大きくなった場合「流動性のわな(liquidity trap)」が存在するといいます。流動性のわなは、利子率が十分低く、すべての人が現在の利子率は下限に達している(したがって債券価格は天井を打っている)と確信している場合に発生します。このとき人々は誰も債券を新たに買おうとしないため(買っても決して値上がりしないし、下手をするとキャピタル・ロスをこうむってしまうため)、たとえ実質マネーサプライが増加したとしても、利子率はそれ以上下がらなくなります。
 

流動性のわな.jpg

 難しいですね。このグラフの裏には、「IS-LMモデル」という理論が存在します。

 まず、「IS-LMモデル」について、学んでゆきましょう。

 ケインズの「有効需要」の原理を、ヒックスという経済学者(ノーベル経済学賞受賞)が簡潔に示したものです。もちろん、「IS-LM分析」で、すべての経済政策を説明できるわけではありませんが、政策の全体像を見るには適した理論です。

IS-LM曲線.jpg

 IS-LM曲線は、国民所得Y(=GDP)と、利子率を示します。

IS曲線は、財市場(モノ・サービス=いわゆる商品)を均衡(バランス)させるような利子率と国民所得の組み合わせです。ISのIはInvestment、投資です。SはSaving、貯蓄です。「投資-貯蓄曲線」です。財(モノ・サービス)市場を示します。

LM曲線は、貨幣市場(金融市場)の均衡(バランス)を維持する利子率と国民所得の組み合わせです。LはLiquidity Preference、貨幣への選び方の好み(流動性選好)です。MはMoney Supply、貨幣の供給量です。貨幣市場のL(需要)M(供給)を示します。

 では、これらの曲線が、どのように導かれるのかを、見てみましょう。

<LM曲線>

 LM曲線は、貨幣市場(金融市場)の均衡(バランス)を維持する利子率rと国民所得Yの組み合わせです。

貨幣市場とは、(1)貨幣の供給=(2)貨幣の需要となる点です。

 (2)貨幣の需要が多い時は、需要>供給なので、利子率rがUPします。

貨幣需要 供給1.jpg

 例えば、景気の上昇局面です。企業は積極的に投資を拡大しようとします。銀行からの借り入れによって資金を調達します。 「貸してほしい」という企業数が増えますので、銀行は、「もっとも高い利子率r」を示したところに融資します。

 逆に需要<供給の場合は、利子率rはDOWNします。不景気の場合、企業は投資を控えます。銀行は借りてほしいので、利子率rを下げます。企業は「もっとも低い利子率r」を提示した銀行から融資を受けます。

貨幣需要 供給2.jpg

 (2)貨幣(現・預金)の需要は、「①取引需要②資産需要」の総量です。

①取引需要」とは、毎日の買い物や、企業による銀行からの借り入れ・投資など、「取引」するために貨幣を必要とする需用です。一般的に、我々の所得GDP=Yが増えると、「①取引需要」は増えます。私たちは、給料やアルバイト代が増えたら、モノやサービスの購入を増やそうとします。日本全体のマクロ経済活動が活発化すると、取引に必要な貨幣の需要も増加します。

②資産需要」とは、「資産として貨幣(現・預金)を持とう」という需要のことです。貨幣は富を貯蔵する手段にもなります。さらに、資産需要には、国債などの債券需要というのもあります。

流動性選好2.jpg

 図でいうと、「消費に使うカネ」が「①取引需要」です。また、「使わなかったカネ」が「②資産需要」です。


 債券需要は、利子率rが高くなると、増えます。利子率rが高くなると、「現・預金」より、「債権」で持とうという人が増えます。利子率10%→20%→30%なら、今使う「現・預金」を最低限にして、「債券」で運用しようとします。逆に、利子率が0.01%なら、「債権なんか持たないで、現金で持っていても同じだ」と考える人が増えます。「②資産需要」は利子率rによって増減します。

「現・預金」で持つか、「債券(誰かに貸す)」か=利子率rが影響

流動性選好 3.jpg

 まとめると、次のようになります。
取引需要 資産需要.jpg

取引需要 資産需要 図.jpg

 (2)貨幣需要については以上のようになります。

 次に(1)貨幣供給です。(1)貨幣供給は、中央銀行(日銀)が管理しているマネタリーベースのことです。こちらは、日銀が、利子率と独立に確定できます。政策によって決められますので、ここでは与えられた数値(所与)=一定として扱います。

1貨幣供給 貨幣需要.jpg

 このように、貨幣市場の需要と供給が均衡しているとします。この状態から、(Y,r)が変化したとします。我々の所得GDP=Yが増えると、「①取引需要」は増えますので、世の中でより多くの現・預金が必要になります。(2)貨幣需要が増えます

取引需要 資産需要2.jpg

 しかし、需要>供給となり、均衡(バランス)がとれません。貨幣の需給が均衡するためには、利子率r上昇によって、 「②資産需要」を減らす必要があります。

取引需要 貨幣需要3.jpg

 逆に、Yが減少したときには、「①取引需要」が減少するので、それにともなって、rが低下して「②資産需要」が増加します。

 貨幣市場の均衡GDP=Yと、利子率rとの関係を示す曲線をLM曲線といい右上がりで描かれます。

LM曲線は、貨幣市場を均衡(バランス)させるような利子率rと国民所得Yの組み合わせを示しています。

LM曲線.jpg

続く
スポンサーサイト

theme : マクロ経済学 ミクロ経済学
genre : 政治・経済

comment

Secret

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ