飯島英胤 日韓経済協会名誉会長(東レ元会長)『論点 貿易立国の明日』読売H22.8.24

数字は筆者挿入。間違いは赤で示しました。

飯島英胤 日韓経済協会名誉会長(東レ元会長)『論点 貿易立国の明日』読売H22.8.24

 日韓はともに…経済の拠って立つ基盤が酷似している。…①貿易への依存割合が高い。ともに②国内市場が小さいから、国民の経済生活を高め、国家の反映を図るには、「③貿易立国が重要な柱」である。
…韓国の輸出の6割近くは、日本から輸入した部品・素材を使って、韓国で加工して最終製品にして輸出している。
 …一方で、これは韓国の対日貿易の赤字につながる。…④日本からの輸入を減らすには、韓国の技術で日本の部品・素材に代わるものを作れるのか…。もう一つ大事なことは、対日輸出の強化による均衡ある貿易拡大である。


<日本の国内市場は巨大>

②国内市場が小さいから

 日本は、世界で第2位の国内市場を持ちます。圧倒的な、経済大国です。

データ出典「グラフで見る日本経済」
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/economic_survey/

世界の総生産 日本の比率.jpg

 韓国のGDPとは、桁が違います

日本・韓国 GDP.jpg


上記の円グラフでは、日本は8%、韓国は1.5%になります。

<貿易依存割合の低い日本、高い韓国>

①貿易への依存割合が高い

 日本のGDP、輸出・輸入額は次のようになっています。

日本 GDP 輸出 輸入.jpg

 一方、韓国のGDP、輸出・輸入額は次のようになっています。

韓国 GDP 輸出 輸入.jpg

 一見して、韓国の方が、GDPに対して、輸出・輸入額の割合が高いことが分かります。

 GDPに対する、輸出額割合です。

日本 韓国 輸出/GDP 割合.jpg

韓国のその割合は、2008年で、45%を超えています。韓国は国内市場が小さい(日本に比較すると、人口が少ない)ので、モノづくり企業は、初めから、海外市場に目を向けてきました。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100611-00000001-president-bus_allプレジデント6月11日(金) 10時 0分配信

『なぜサムスンは日本の全電機メーカーの利益を上回るのか』

 サムスンの2009年12月期の売上高は、10兆9000億円、本業の儲けを示す営業利益は8736億円だ。
 一方、ソニー、パナソニック、日立製作所や東芝、シャープなど、電機大手9社の営業利益の合計は、6400億円(10年3月期見通し)。日本の電機大手が束になっても、サムスン1社の営業利益に届かないのである。


 一方、日本は、「巨大な内需の国」なので、「輸出立国」で成長する必要はありませんでした。

 日本は、「外需で経済成長」したのではありません。大阪万博(1970)以後の、バブル経済直前までの、日本の内需と外需です。

日本 GNP 貿易収支額

「内需=GDP-貿易収支(外需)」です。これのどこが、「内需拡大が進まず」なのでしょうか?

日本 内需 外需 1970年以降


 このグラフの赤い部分が「外需」です。内需は安定しています。日本のGNP(当時の統計)にとって、外需の割合は、「きわめて低い」のです。

 日本の高度成長も、同じです。「内需拡大」で達成したのです。貿易赤字の年でも「内需は拡大」しているのです。
日本 GNP 貿易収支 高度成長

 日本は,高度成長期,GNPが,平均して年率10%成長する経済成長を達成しました。国際的にも極めて高い経済成長率です。
 しかし,「貿易黒字」は,GNPに対して,ごくわずかの額にとどまっています。なおかつ,1960年と,1963年は,「貿易赤字」です。簡単に言うと,われわれの給与総額(GNP・GNI)は「貿易赤字」の年も拡大しています。高度成長は「輸出拡大による貿易黒字増大」によって,達成したのではないのです。

 日本は,内需の拡大で経済成長しました。日本が経済成長を達成したのは,国内市場の拡大によるものです。

 日本の貿易依存度は、世界で比較しても、圧倒的に低いのです。
林俊彦 同志社大 『超国籍化で日本経済強く』H22.8.30
…財貨について、輸出・輸入合計の国内総生産(GDP)比として世界銀行が計算する貿易依存度では、2008年の全世界の平均が52.5%であるのに対して、日本は31.5%である。これは世界190カ国中最下位から数えて7番目…。…輸出のGDP比で見ても、日本は米国とともに下位20カ国に入っている。


<日本は貿易立国ではない>

③貿易立国が重要な柱

 この10年間で,日本の外需(貿易黒字)のGDPに占める割合が一番多かったのは,2004年の1.93%です。同年の外需(貿易黒字)額は9兆6,260億円,GDPは498兆3,284億円(内閣府データ)です。
 リーマン・ショックに端を発した,世界的大不況に飲み込まれた2008年は,0.145%です(外需7,356億円,GDP 505兆1,119億円 同)。

内需99.855% 外需0.145%

 これが,日本の外需です。その比は,体重60キログラムの人の,87グラム相当です。近年の最大値,2004年の1.93%を使用すると,60キログラムの人の,1,158グラムです。

 世界で比較してみましょう。日本よりも,工業製品を輸出していないはずのイギリスでさえ,その輸出額/ GDP比率は,日本より上です。

輸出/GDP 各国.jpg

<輸出増=輸入増>

日本からの輸入を減らすには、韓国の技術で日本の部品・素材に代わるものを作れるのか…。もう一つ大事なことは、対日輸出の強化による均衡ある貿易拡大である。

 輸出増=輸入増です。韓国が輸出を伸ばそうと思ったら、別に日本からの輸入を減らす必要はありませんし、対日本の貿易赤字を減らす必要はありません日本からの輸入増=韓国の輸出増なのです。

リカード比較生産費説で示したとおりです。(このブログ カテゴリー リカード-14 輸出増=輸入増 参照)

 輸出拡大には,生産量拡大が必要です。生産量拡大には,労働力が必要です。労働力はどこから持ってきますか?それは,比較劣位産業からしか持ってこられません。「比較優位な産業に特化しなければ,輸出は成り立たない」=「輸入をしなければならない」ということなのです。
輸出増=輸入増
 
輸出と,輸入がセットということは,輸出拡大と,輸入拡大もセットということです。

図50 浜島書店 資料集『最新図説 政経』2006 p309
浜島書店 資料集『最新図説 政経』2006 p309無題.jpg
棒グラフの左側は輸出,右側は輸入

 日本の貿易額は,年を追って拡大してきました。その際,「輸出の拡大と輸入の拡大」はセットになっていることがわかりますか?「輸出を拡大する=特化する」ということは,「比較劣位産業を縮小しなければばらない=輸入を拡大する」ことなのです。日本は,繊維製品(当初),鉄鋼,造船,家庭電化製品,自動車に特化する一方,繊維製品・石油・鉄鉱石・石炭・農業産品など,劣位産業を縮小し,輸入を拡大してきたのです。

日経H22.2.25
 
日経H22.2.25 2010 1月 貿易統計.jpg

 輸出額が増えると、必ず輸入額も増えるのです。だから、日本の「輸出額-輸入額=貿易黒字=外需」も、極小なのです。

実教出版 資料集『新政治・経済資料』p2008 p259
実教出版 資料集『新政治・経済資料』p2008 p259無題.jpg

 世界の中で比較しても同様です。「一人あたり輸出額の大きい国は,輸入額も大きい,輸出額が小さければ,輸入額も小さい」という相関関係がみてとれると思います。

韓国 GDP 輸出 輸入.jpg


 韓国も同じです。
スポンサーサイト

theme : マクロ経済学 ミクロ経済学
genre : 政治・経済

comment

Secret

No title

想定してみてください。日本が全く持って鎖国的政策を行って、輸出と輸入を完全にストップしたとします。

本当にそうしても現状の生活レベルを保てるでしょうか。
少なくとも輸入において、絶対に必要な資源物資があり、それらがないと内需を維持できません。

貿易収支で外需が増えた分だけ内需が増えるというのもわかりますが、絶対的に輸入が必要な内需があり、少なくともその輸入を超える外需がないと貿易収支が赤字化してしまいます。

内需が拡大するために外需が必要なのです。
なぜなら外需が全くない状態で、役割分担をたとえしないとしても、
輸入が絶対に必要な内需があるからです。

発展と栄華においても役割分担が大変重要です。
シンガポールや香港がもしも鎖国して、輸入も輸出も行わなかったとしたら、今のような発展した状態にはなっていないでしょう。単なる農村にすぎなかったと思います。

役割分担と集約によって日本の地位を確固足るものとすることで、日本は発展できるのでしょう。
そして、資源輸入国である日本にとっては、少なくとも、輸入額を補うだけの輸出が必要なのです。だから少なくともそうした点を考慮し恒常的な貿易均衡を保てるだけの輸出産業体制が必要です。

財務省貿易統計において16兆7140億円2009年8月~2010年7月にかけての石油や石炭のエネルギー資源輸入量です。
もしも、日本の輸出を減らしたとしても、内需維持をするためにどうしても必要な資源なのです。

第二次世界大戦後、もしも、日本が輸出も輸入もしなかったら、間違いなく発展できませんでした。資源が乏しいわが国は輸出をしなければ、貿易赤字になってしまうからです。

その面で日本の外需の重要性はたしかにあります。

ただし、現状デフレギャップ、失業率の増大が続く日本では内需拡大できる潜在能力を現実が達成できておらず、内需拡大が現状大変重要なのは明らかです。

No title

1 「想定してみてください。日本が全く持って鎖国的政策を行って、輸出と輸入を完全にストップしたとします」

についてです。

「自給自足<貿易(交換)」の方が、利益(消費者利益)を享受できます。

2 「貿易収支で外需が増えた分だけ内需が増えるというのもわかりますが、絶対的に輸入が必要な内需があり、少なくともその輸入を超える外需がないと貿易収支が赤字化してしまいます」

についてです。

「貿易収支の赤字=資本収支黒字」のことであり、「赤字」を懸念する必要はありません。「赤字」でも日本のGDP=GDI(国内総所得)は伸びます。図で示したとおりです。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ