藻谷浩介 その6 『デフレの正体』角川oneテーマ21

藻谷浩介 その6 『デフレの正体』角川oneテーマ21

 この本は、平成22年7月4日『読売新聞』書評欄に、公認会計士の山田真哉氏によって「統計から真実を読み取れ」と題して、紹介されました。同欄では、「統計を読みとることで様々な思い込みを排除することに成功している」とされていたので、読んでみました。

 結論ですが、著者が「私は無精者で、経済書やビジネス書は本当に数冊しか読んだことがないのですがp125」と述べている通りです。

 経済学的バックボーンがないと、全体像が歪んでしまいます

 経済学と、同書で述べられるような経済現象は全く別物です。前者は、後者がなぜ生じるか(メカニズム)を述べます。経済現象だけに目を奪われると、本質をつかむことができません

以下、解説します。

<小売額減少で、内需減?>

P53
 日本国内での新車販売台数は、00年をピークに01年から下がり始め…国内景気が絶好調とされていた06-07年には減少ペースが大きく加速しました。
…長期的な数字を見ないまま犯人探しをすれば、なぜ車が売れないのかについても、間違った結論に走りがちです。

P54
…日本経済全体の変調の一段面に過ぎません。…百貨店だけでなく、全国チェーンの大手スーパー、全国の無数の食品スーパー、それに通販会社の売り上げも…08年度は減少が始まって…12年です。

…国内の書籍・雑誌の合計売上が96年をピークに…減っています。
『小売販売額はもちろん、国内輸送量や一人当たり水道使用量まで減少する日本』

P56
・・・国内貨物総輸送量…00年度をピークに減っています。
…自家用車による国内での旅客輸送量(人数×距離)も…02年度をピークに減少…。
 これらの数字は日本経済のいわば基礎代謝を表す非常に基本的なものです。…こういう数字を無視して、あるいは日本人全員がお客である小売販売額を無視して…「景気」を論じるのって何だか倒錯していないでしょうか。

P58
…酒類販売量が、02年から落ち込み続けています。…以上、お互いに関係のない数字を挙げてきているようですが、実は皆同じ構造的な問題によって減少に転じたのです。

P78
『名古屋でも不振を極めるモノ消費』

P86『…日本中が内需不振』p87グラフも


小売所得と販売額

 として、個人消費の落ち込みと、小売販売の落ち込みとの相関関係を示します。

P90…日本中で経済が「衰退」している状況…「こいつは片隅の事実を誇張して自説を強引に正当化している」と決め付ける前に…同じ数字をネットで確認していただいて…じっくりお考えいただきたい…。
 

<数字を見ない暴論>

 そして、「モノもサービスも売れていない」と自説を展開します。

P67
…では「モノは売れていないが、サービスの売上はどんどん伸びている」というような事態が起きているのでしょうか。旅行産業を見ても外食産業を見ても、残念ながらまったくそんなことはありませんそれにそもそも「日本はモノづくりの国」でありまして、国内でモノが売れないところへ輸出(=外国へのモノの売上)まで急落して皆さんが困っているのです。


「モノは売れていないが、サービスの売上はどんどん伸びている」というような事態が起きているのでしょうか。旅行産業を見ても外食産業を見ても、残念ながらまったくそんなことはありません。」

 というのは、事実を知らないのか、あるいは、知っていて掲載しないのか、いずれにしても、人を惑わすだけです。

<日本は、サービス業の国>

 日本は、「サービス産業」の国です。
図47 東京法令出版 資料集『政治・経済資料』2008 p230
産業構造の変化 新.jpg

 このグラフにあるように,日本国内では,第1次産業→第2次産業→第3次産業へ産業構造が変化してきました。日本では,石炭産業が衰退し,繊維を中心とする軽工業から重工業にシフトし,そして,「モノづくり」から「サービス産業」にシフトしてきたのです。

 このような産業構造のシフトを、「産業構造の高度化」とか、「ペティー・クラークの法則」といい、どんな簡単な高等学校教科書でも扱っている内容です。

『「日本はモノづくりの国」でありまして』など、何十年前もの話です。

 日本の家計の総消費額の推移です。下の、三面等価の<C>部分、われわれ一人ひとりの消費の総額です。

三面等価 2008
  
出典内閣府 国民経済計算確報 13.家計の目的別最終消費支出の構成

2国内会計最終消費支出 2.jpg

注)この消費額は、「家賃の帰属計算」を控除(引く)する前の数値です。三面等価の数値より、見かけ上大きくなっています。

 日本の、家計消費額は、伸びています。そもそも、「小売」は減っているのですが、あるいは「モノ」消費は減っているのですが、家計はそのほかにカネを回し消費していることがわかります。

 著者の言うように「モノ」が売れていないとしたら、「サービス」が売れているはずです。

出典内閣府 国民経済計算確報 13.家計の目的別最終消費支出の構成
家計の目的別最終消費支出の構成.jpg


 一目瞭然です。筆者の言う「食料」や「アルコール」は確かに微減です。ですが、その分、他に消費が回っています。

 「娯楽・レジャー・文化」が倍増に近い伸び、「住居・電気・ガス・水道」が約10兆円も伸びています。これらこそ、「サービス」業なのです。「外食・宿泊」も伸びています。これももちろん「サービス業」です。「通信」も1.55倍になっています。

 これは、われわれの生活スタイルが変わったことを示します。車より、娯楽・レジャー、電気代(パソコンや、冷房や、 携帯充電、TVなどの機器の充実による待機電力増)、そして携帯やPCの通信代、それらによるゲームなどの娯楽、保険、医療に、カネが回っているのです。

 筆者のスタンスは、

P90…日本中で経済が「衰退」している状況…「こいつは片隅の事実を誇張して自説を強引に正当化している」と決め付ける前に…同じ数字をネットで確認していただいて…じっくりお考えいただきたい…。

 というものですが、どうも、筆者自身がそのようなことをしています。 

<追記>

 コメントを頂きました。回答いたします。

掲載の図13・家計の目的別最終消費支出の構成 は 全て、物価の変動を加味した実質値です。
最終消費支出 実質値 .jpg

再度、回答です。

 藻谷浩介さんの「小売販売額」が名目値ならば、筆者の「最終消費支出」も名目を使うべきではないかということです。 
 前者が名目値かどうか、『デフレの正体』からは分かりません。

 参考に、名目値を使うと、「家計の目的別最終消費支出」は、次のようになります。

国内会計最終消費支出 名目値.jpg
家計の目的別最終消費支出の構成 名目値.jpg

 サービス支出が伸びていることが分かります。
スポンサーサイト

theme : 間違いだらけの経済教育
genre : 学校・教育

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人口減少衰退論者との対話(?)、あるいは不毛なはてブでのやり取りについて -『「デフレ」の正体』の影に-

 以下に書くのは、はてブでのやりとり。主に、かの『「デフレ」の正体』の内容に関する事柄です。やり取りは、人口減少が日本経済に甚大な影響を及ぼしている、という思想をお持ちの方とのものです。こちらの...

comment

Secret

No title

実質では伸びていますが、名目では全く伸びていないようですね。

特に、娯楽・レジャー・文化
実質:平成9年 27633.8 → 平成20年 58005.9
と2倍近い伸びなのに、
名目:平成9年 29505.4 → 平成20年 29492.3
と全く伸びていません。

実質と名目の他の目的と比べても特に開きが大きいのでびっくりしました。

No title

ふと思ったのですが、掲載の図13は物価変動率を加味した数字なのでしょうか?

物価変動率が加味されていないのであれば、消費支出も名目で見ないといけないように思いまして。

No title

勘違いをさせてしまったようで申し訳ないです。

図13とは小売販売額と個人所得の方です。

消費支出は実質ですが、小売販売額は実質なのか?ということです。

物価変動率が加味されていないのであれば、消費支出は名目の方を参照しないといけないのではないか、と思った次第です。

No title

 消費支出、小売販売額ともに、実質値です。

No title

 勘違いしていました。藻谷さんの「小売販売額」は名目か、実質かはわかりません。

 筆者の「消費支出」グラフ、最初のものは「実質値」で、追記のものは、「名目値」です。

 娯楽・レジャー・文化が、実質値は伸びているのに、名目値は伸びていないということは、価格の下落が激しく起きている分野だと言えますね。

No title

ありがとうございました。

名目値でもサービスが伸びていますが、個々の区分の増減より全体が伸びていないことが遙かに問題だと感じるグラフですね。

No title

人口減に入った日本で、GDPを伸ばすのは、本当に大変だと思います。
 何とか、一人当たりGDPは、このままを維持したいですね。

ほしのあき逮捕寸前、【噂の過激動画流失!】

ほしのあき逮捕寸前、【噂の過激動画流失!】
人気グラビアアイドルほしのあきがかねてから交際中だった騎手の三浦皇成と来年3月に結婚することがスポーツ報知の取材でわかった。


http://plaza.rakuten.co.jp/hoshinokekkon/

ほしのあきといえば、今では人気ですが無名時代は結構売り出しに苦労していたようで事務所にいろいろやらされていたことで有名です。


http://plaza.rakuten.co.jp/hoshinokekkon/
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ