新聞の間違い(4) 日経新聞のでたらめその2+読売

さて、今日は、日経に加え、読売の経済欄も登場です。誤りを書いています。

H21.4.13 藤井彰夫編集委員 『アジアの力日本に生かせ』日本経済新聞

…2008年度の日本の貿易収支が、第2次石油危機直後の1980年度以来、28年ぶりの赤字になった…05年春に政府がまとめた「21世紀ビジョン」。日本は輸出で稼ぐ輸出立国から、海外投資で稼ぐ投資立国に転換し、貿易収支(財・サービス収支)は輸入拡大で2030年に赤字に転じると試算した。赤字転落は想定と全く違う展開で現実になった。…「輸出で稼ぐ」をモデルにしてきた日本経済の行く末は縮むばかりだ。

H21.4.13 「貿易赤字、影響はどう広がる?」日本経済新聞

…輸入額が輸出額を上回ったわけで、貿易で稼いできた日本経済の大きな転機になる可能性もある。
Q貿易赤字になるとどうなる?
A単純化すると、貿易収支が黒字なら、日本の保有資産が増える。逆に貿易赤字なら日本の保有資産が減ると考えればいい。輸出で稼ぐ企業の収益は悪化するので…家計の所得が少なくなり、個人消費が停滞する可能性もある。

H21.4.13 岡田章裕『輸出主導に転機 08年度貿易赤字 内需刺激限界も』読売新聞
…2008年度…貿易収支は7253億円の赤字となり、28年ぶりの赤字に転落した。…輸出でお金を稼ぎ続けることが難しくなっていることを示した。
…日本は高度経済成長を遂げた1970年代以降、貿易黒字を続ける「輸出立国」で、赤字転落は、2度の石油危機の影響を受けた時期だけ だった。バブル崩壊後の90年代に景気後退に苦しんだが、02年度以降、おおむね10兆円前後の貿易黒字を記録してきた。
…ただ、内需だけで日本の経済成長を支えることは難しい。輸出増加への努力を続け、引き続き輸出に経済の牽引役の一端を担わせることが不可欠だ。

(2)不況になると、貿易黒字は増える。三面等価

 GDP=C+T+Sです。不況とは、私たちがC(消費)を控えること、お金を使わなくなることです。その結果、Sは増えます。消費を抑え、貯蓄に回すのです(全体の所得が減るので、貯蓄額は、増えないということもあります)。
 企業は、モノ・サービスが売れないので、投資を控えます。Sを使う企業の投資Iは減少します。S-Iは増額します。S-I=(G-T)+(EX-IM)です。左辺が増額するので、右辺も拡大します。公債発行額と、貿易黒字額は、不況になると増えるのです。
 ということは、「貿易黒字を増やしたかったら、不況にしろ」ということ になります。ばかばかしくてお話になりません。実際に、日本はバブル崩壊後、97年の戦後2回目のGDPマイナス成長のときに、貿易黒字は増加しているのです。
数字出典 財務省国際収支状況


日本貿易黒字推移
不況になると、貿易黒字は増える のです。
 バブル景気の88年度から91年度にかけて、貿易黒字は減少します。好景気だと、(S-I)は減少するのです。バブル崩壊後92年度貿易黒字は拡大します。不況だと貿易黒字は拡大するのです。97年度、消費税UP・山一證券・拓銀倒産です。翌98年度、戦後2回目のマイナス成長、大不況です。貿易黒字は拡大しています。
 読売新聞の言う、「バブル崩壊後の90年代に景気後退に苦しんだ」時期に、貿易黒字は拡大しています。何度でも言います。不況になると、貿易黒字は拡大する のです。
 新聞がいかに適当なことを書いているか、わかりますか?貿易黒字は、「赤字に転落」、「貿易黒字を記録してきた」、は経済学的に誤りです。

 

スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ