新聞の間違い 中前忠 『経済教室:デフレ前提の成長戦略を』日経22年3月5日

<新聞の間違い 中前忠 『経済教室:デフレ前提の成長戦略を』日経22年3月5日 >

…デフレ脱却を目指すには、2つの問題がある。一つはデフレは国際要因が大きく、1国の経済政策では制御できないことだ。自由貿易の下では先進国が賃金の低下傾向を避けられないし、円高是正も1国で決められる問題ではない。もう一つは「デフレは悪」と決めつけて政治的決定を行うことの多さである。日銀の生活意識に関するアンケート調査では…「物価下落は6割近くがどちらかといえば好ましい」と回答している。これを消費者の錯覚と決め付けるべきではないだろう。

…問題の設定を、デフレを克服するという視点から、デフレの下でいかに雇用を増やし、生産性を引き下げ、国民生活の水準を高めていくか、に変えていく方が妥当であろう。
…デフレだからダメなのではなくて、デフレの中でも効率化を図れば、企業収益は増え、賃金が上昇し、税収も増えるのである。…必要な施策は財政支出を減らし、非製造業を中心に民間経済を拡大することであり、金融の過剰を削減し、金利機能が働く水準まで金利の正常化を図ることである。金利の上昇は過剰の整備を促進するための最大の手段である…。金利機能を復活させることが何よりも重要なのである。


<デフレとは>

 デフレは、物価が下がる=お金の価値が上がる事です。1000万円だった家が、翌年950万に下がるとします。このばあい、お金の価値は、50÷950×100=5.26%アップします。つまり、金利が5.26%ついたのと同じ=1000万円が1年後に1052万6千円になったことと同じなのです。このような状態の中、名目金利をいくら下げても(たとえば限りなく0%に近く)、実質金利は5%以上もついてしまうのです。金利政策は無効になります。「0金利」政策を採用しても、物価が1%下落したら、実質金利は1%ついてしまうのです。
 お金をただ持っているだけで、金利がつくのです。1年待てば、「物価が下がる(デフレ)」というのは、こういうことです。これなら、誰もお金を使おうとはしません。黙っていても、高金利がつくのですから。これがデフレです。「良いデフレ」など、あり得ません。

グラフ・参考文献 岩田規久男『日本銀行は信用できるか』講談社現代新書2009p88-89
デフレ・企業倒産岩田規久男『日本銀行は信用できるか』講談社現代新書2009p88-89.jpg
デフレ 失業率 岩田規久男『日本銀行は信用できるか』講談社現代新書2009p88-89.jpg

 下のグラフはフィリップス曲線といい、「インフレと失業率はトレード・オフ(どちらかが高くなればどちらかが低くなる)になる」という関係を示します。
 1970年代の「不況かつインフレ(スタグフレーション)」時期には、成立しなかったので、経済学の一線からは消えました。しかし、日本では「成立」しています

(1)デフレは国際要因が大きく、1国の経済政策では制御できない。

 先進国の中で、「日本だけがデフレ」です。なぜでしょうか。また、日本1国の経済政策では、制御できないのでしょうか。世界中の国が、中国からの輸入を増やしたのに、日本だけがデフレでした。岩田規久生『景気ってなんだろう』ちくまプリマー新書 2008 p157

 どうして、日本と同じように、あるいは日本以上に中国・ASEAN製品を輸入しているアメリカやEUが、インフレだったのでしょうか。中井浩之 埼玉大学客員教授 グローバル化経済の転換点 中公新書 2009 p166-167

グラフ 『週間ダイヤモンド』 2010.3.27 p49
デフレ

 このように、デフレの原因は、「輸入物価下落」ではありません。ある製品の値段が下がっても、それは、「相対的な物価の下落」ですから、その分他のモノの購入にカネが回ります。すべてのモノの物価水準「絶対価格」を下げる=(これをデフレという)ものではありません

(2)デフレの下でいかに雇用を増やし、生産性を引き上げ、国民生活の水準を高めていくか

 政策金利をゼロにしても、物価が1.5%下落すると、実質金利は1.5%になります。デフレは金融政策を無効にしますが、「他方で金利機能を復活させることが何よりも重要なのである」とあります。両者は両立しません
スポンサーサイト

theme : 間違いだらけの経済教育
genre : 学校・教育

comment

Secret

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ