4月16日14時0分配信 読売新聞

4月16日14時0分配信 読売新聞
  千葉県の森田健作知事は16日の記者会見で、自らが支部長を務める自民党東京都衆議院選挙区第2支部が、2005、06年当時、政治資金規正法が禁じていた、外国人や外国法人の持ち株比率50%超の企業(注:ドンキホーテ)から980万円の献金を受けていた問題について、「刑事罰に触れるような行為ではないと確信しているが、道義的見地から、50%を超える基準日以後の480万円は返還した」と述べた。

 参考・引用文献 石川城太『政府、過度な肩入れ避けよ』日本経済新聞H21.4.15
…グローバル化が進展し、国境を越えたヒト・モノ・カネ・サービスの移動の活発に伴い…自国企業に見えながら、所有構造を見ると…株式の多くを外国人が所有しているケースが…ある。…日産自動車の外国人持ち株比率は6割を超え、ホンダとトヨタも3割前後であるソニー、任天堂、キヤノン、日立製作所など、日本を代表する企業…も4割を超えている。…日産はルノーの株式の15%を所有し、逆にルノーは日産の44.3%の株式を所有している。…ルノー出身のカルロス・ゴーン氏が両社の社長兼最高責任者(CEO)を兼務し、日産が保有するルノー株式には議決権がないため、日産はもはやフランスの企業といってもよい

 このように、今では,外国人株主の持ち株比率が30%を超える企業も少なくありません。東証一部上場企業では,’05年には100社を超えました。有力上場企業で,外国人持ち株比率が,50%を超える企業は,46社を数え,以下のような例があります。
出典 『会社四季報CD-ROMランキングでみる上場企業』2007年2週春号 東洋経済オンライン http://www.toyokeizai.net/online/topics2/?kiji_no=8

日産自動車69.3% 西友60.3% 昭和シェル石油61.3% 
ヤマダ電機55.2% HOYA50.5% 
富士フィルムホールディングス50.4% 

 これが、グローバル化の実態です。資本は国境を超え移動しているのです。「日産はフランス企業」です。
さらに、貿易黒字額=資本収支赤字額なので、日本は貿易黒字を出せば出すほど、外国資本(外貨準備、外国債、外国証券ほか)が増えるのです。「日産はフランス企業」と同様、アメリカ・タイ・中国・ベトナムの「○○社は日本企業」という事例が膨大になっているということです。
 でも、「日産はフランス企業」で、何か困ったことはあるのでしょうか?「ヤマダ電機は外国企業」ですが、それが何か?
  「北海道の○○会社」に出資しているのが東京の企業であれ、外国であれ、「北海道の○○会社」の従業員・顧客にとっては何の問題もないことがわかります。資本の国境を超えた移動=グローバル化とは、こういうことです。「政治資金規正法」が実態に合ってないのかもしれませんね


追伸
  アデランスと、投資会社スティールパートナーズの攻防はどうなるのでしょうね?アデランスは「日本の投資会社に株式の30%を買ってもらいたい」とTOBを仕掛けましたが・・。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日立製作所 改ざん

ミス・ユニバース・ジャパンの知花くらら、森理世、美馬寛子 高画質映像で動画視聴を楽しむことができる「Woooケータイ W63H」(日立製作所)や、8.1メガカメラを搭載した「EXILIMケータイ W63CA」(カシオ計算機)など、各メーカーが液晶テレビやデジタルカメラ分野で開...

日立製作所 改ざん

ミス・ユニバース・ジャパンの知花くらら、森理世、美馬寛子 高画質映像で動画視聴を楽しむことができる「Woooケータイ W63H」(日立製作所)や、8.1メガカメラを搭載した「EXILIMケータイ W63CA」(カシオ計算機)など、各メーカーが液晶テレビやデジタルカメラ分野で開...

comment

Secret

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ