日経 『中国輸出、回復緩やか 貿易黒字6年ぶり縮小確実に』『10月、減少率は改善』H21.11.12

新聞を解説 

日経『中国輸出、回復緩やか 貿易黒字6年ぶり縮小確実に』『10月、減少率は改善』H21.11.12
 1から10月の貿易黒字は前年同期比27.2%の1592億3000万ドルとなった。輸出の落ち込みで、09年の貿易黒字が6年ぶりに縮小するのは確実な情勢。

『通貨供給量10月末29.4%増』H21.11.12

…中国人民銀行…は11日、10月末の通貨供給量(マネーサプライ)が前年同期比29.4%増だったと発表…。元相場を実勢より低めに維持するための元売り・ドル買い介入などの影響で、マネーサプライの膨張が続いている。

『人民元上昇 容認に含み』H21.11.12

元相場を低めに維持するための元売り・ドル買い介入は、国内の過剰流動性を膨らませ、将来のインフレや資産バブルを招きかねない。


 この状態は、「いつか来た道」です。ブレトン・ウッズ、スミソニアン体制下(1ドル=360円、1ドル=308円の固定相場制)、日本や西ドイツは、大変なインフレ状態になってしまいました。日本の場合、1973年には「狂乱物価」とも呼ばれました。 「固定相場制」を維持しようとすると、「貿易黒字」国は、インフレ状態になってしまうのです。

 貿易黒字の持続的な拡大
     ↓
マルクや円はマルク高・円高に
(日本・西独には、円とマルクでの支払になるため、ドルを売って、円・マルクを求める動きが活発化)
     ↓
 円高・マルク高に

 ところが、ブレトン・ウッズ、スミソニアン体制下、日本と西独は、固定相場を維持しなければなりません。日本の場合、1ドル=360(308)円の上下1%以内に固定するというものです。

 円が、360円の1%(356.3円)を上回って円高になったとします。これを防止するために、中央銀行(日銀)は、円売り・ドル買いを実施します(西独の場合マルク売り・ドル買い)。

 その結果、両国のマネーサプライ(貨幣量)が増大します。高度成長期(完全雇用状態に近い)にマネーサプライ(貨幣量)が増加すると、モノ・サービスの生産量<貨幣量となり、インフレになってしまうのです。マネーサプライ(貨幣量)増大は、上記新聞記事では、「国内の過剰流動性」という言葉で示されています。

参考文献 岩田規久男『国際金融入門』岩波新書2009 p208~

 日本は、1973年の2月14日から、変動相場制に移行するのですが、2月1日~9日の間に、日銀は、11~12億ドルのドル買い介入をしました。これは、当時の東京市場での9割を占める額です。

 ヨーロッパでも1973年3月2日には、固定相場制をやめるのですが、西独の中央銀行は3月1日午前中だけで、20億ドル、1日で25~27億ドルのドル買い介入をしました。未だかつてない、そして将来もないと言われた介入額です。

 これらの為替介入の結果、両国は「自国の貨幣供給量が管理不可能なほど増大する(同書p208)」結果になってしまったのです。「狂乱物価」ですね。

『通貨供給量10月末29.4%増』H21.11.12

…中国人民銀行…は11日。10月末の通貨供給量(マネーサプライ)が前年同期比29.4%増だったと発表…。元相場を実勢より低めに維持するための元売り・ドル買い介入などの影響で、マネーサプライの膨張が続いている。


 この状態は、固定相場制下の、日本・西ドイツと同じです。

 ブレトン・ウッズ(スミソニアン)体制=固定為替相場制のもとでは、アメリカ一国だけが、金融政策が自由です。一方、自国通貨をドルに固定する各国は、自由な金融政策がとれません。これを非対称性問題(N-1問題)といいます。Nは通貨数、-1の1はアメリカ、1だけが自由で、N-1国は不自由なのです。

<非対称性問題(N-1問題)>

①唯一アメリカのみが固定相場制維持の義務を持たない⇔介入するのは各国中央銀行のみ
   ↓
「国際収支天井」がない=マクロ経済運営に対外的制約がない

②(N-1)国
 好況期:輸出増→輸入増(原材料輸入増)
    ↓
  ドル需要増
    ↓
   ドル高
    ↓
 固定相場維持のため、円買い・ドル売り
    ↓
 マネー・サプライ減少=金融引き締め
    ↓
 経済成長率DOWN
    ↓
    不況


 アメリカは、完全雇用達成のために金融政策を継続できます。しかし、それ以外の国では、

 金融緩和→輸入拡大→貿易赤字拡大→自国通貨安➯固定相場維持義務(金融引き締め)
となるのです。

 また、アメリカが拡張的なケインズ政策採用するとします。金融緩和です。マネーサプライ増(ドル増)です。
 ドル供給が増えると、ドルが安くなります。固定相場制なので、各国中央銀行はドル買いをします。日本はドル買い・円売りです。
 円のマネーサプライ(供給量)は増えます。結果、モノ・サービスの生産量<貨幣量となり、インフレになってしまうのです。

 ということは、(N-1)国は、 「アメリカと同じインフレ率を維持しなければならない」ということになります。実際に、アメリカ国内のインフレは、世界的に波及したのです。

 ただし、アメリカのケインズ政策採用=アメリカのみならず、世界経済全体の拡張政策となりました。

 ところが、オイルショックにより、世界は「国民総生産減」になります。不況です。不況下でも、インフレ(物価高)です。不況下のインフレ=スタグフレーションを迎えたのです。

『中国 預金準備率上げ』日経H22.1.13

中国人民銀行が12日…預金準備率の引き上げに踏み切った…。…銀行の過剰融資が生み出したカネ余りを放置すれば、不動産などの資産バブルやインフレの懸念が一段と高まりかねないと判断…。


 預金準備率とは、金融機関が中央銀行にあずけることを義務付けられた準備金の、預金量に対する比率です。

「いつか来た道」ですね。
スポンサーサイト

theme : 間違いだらけの経済教育
genre : 学校・教育

comment

Secret

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ