新聞の間違い(37) 論説委員長平田育夫 その3 『日本国債いつ火を噴くか』日経2009年12月20日

 論説委員長平田育夫『日本国債いつ火を噴くか』日経2009年12月20日

 …日本は、外貨建ての国債を出していないし、国債の93%も国内の金融機関や、個人が持つ。だから、両国の(筆者注:外国資本が、逃げ出し長期金利の上昇した、ギリシャ・スペイン)のようにはならない、というのが、常識的な見方だ。
 …個人の金融資産は、個人負債を除き、1065兆円。一方、国と地方の長期債務残高は、825兆円で今後も増える。2010年代中には、個人資産を、全部充てても、公債費を、買い切れなくなる
 …日銀の国債買い入れ拡大も、もろ刃の剣。これまでの買い入れ拡大は、賃金の上昇を押さえるのに役立ったという見方もある。だが、やり過ぎれば、制御不能のインフレや、金利上昇を招く
 …いま、年1.2%台の10年物国債利回りが、米国と同じ。3.6%になるとしよう。国の利払い費は新規国債を出さなくても、7~8年後には、約12兆円膨らむ。今年度の消費税収9.4兆円を上回る額で、財政をさらに悪化させ、後世代の負担を増やす。金利の上昇は、設備投資を冷やすなど経済への打撃も大きなものになる
 …財政再建は進まず歳出の半分程度を国債に頼り続ける。日銀は大幅な国債購入に乗り出す。インフレ懸念や財政悪化懸念が高まり、長期金利も急騰する。その惨劇の幕が上がるのはズバリ来年、財政運営への不信感がきっかけになる。


あまりにも間違いが多いので、赤で示しました。

(3)日銀の国債購入

日銀の国債買い入れ拡大も、もろ刃の剣。これまでの買い入れ拡大は、賃金の上昇を押さえるのに役立ったという見方もある。だが、やり過ぎれば、制御不能のインフレや、金利上昇を招く

…財政再建は進まず歳出の半分程度を国債に頼り続ける。日銀は大幅な国債購入に乗り出す。インフレ懸念や財政悪化懸念が高まり、長期金利も急騰する。その惨劇の幕が上がるのはズバリ来年、財政運営への不信感がきっかけになる。


 日銀や、そのほか金融機関が「国債」を購入するとは、どういうことなのかを明らかにしましょう。

 まず、国債は、毎日市場で売買されています。新規国債(借換債含む)も連日のように売り出されています。
 日銀は、金融政策で、FF金利を低下させたり、量的緩和を行う場合、「買いオペレーション」という手段を採用します。民間の金融機関が持っている国債などの債券を購入し、日銀券を当座預金に積み上げます。

 日銀が、市中の金融機関との間で、国債などの売買を行うことで、金融機関に資金を供給(吸収)し、無担保コールレートをコントロールします。

 各銀行は、企業や個人などの預金者への払い戻し準備や、金融機関通しの決済資金(A銀行口座からB銀行口座に送金すると、日銀のA銀行残高が減り、B銀行残高が増える)のために、日銀に預金をしています=日本銀行当座預金(銀行の銀行)。この資金の過不足を金融機関同士で補う際の金利が、無担保コールレート(’09年12月現在0.1%が目標)です。

 さて、このように日銀が、不況脱出のために購入した国債は、日銀のバランスシートではどのようになるのでしょうか。

H19年度バランス・シート
日銀 バランスシート

 このように、日銀が国債を市場から購入(買いオペ)すれば、それは、日銀の「資産」になります。そして その分、日銀券が発行されるわけです。

 国債購入を増やせば、市場に日銀券が出回ります(マネタリーベースを構成)。量的緩和や、金利引き下げです。
 
 逆にいえば、国債残高がなければ、銀行券は発行できないことになります。ですから、

 岩村充 早大教授は『貨幣の経済学』集英社 2008 p153 で「国債は政府の株式」に例えているのです。また、国債は通貨制度のアンカー(昔の金本位制度における金)だと喝破しています。

 金本位制では、その国の保有する金以上にマネーを増やすことができませんでした。それと同じように、日銀の保有する「国債」は、アンカーになっているのです。

 前回2001年から続いた、「量的緩和」のときに、日銀は、国債保有高を100兆円まで増やしています。まだまだ購入できます。

 さて、この「国債」ですが、政府は、「金利」を国債に対して払わなければいけません。
当然、日銀にも、その保有する分の「金利」を払いますが・・・

H19年 日銀 「損益計算書」「剰余金処分表」

政府が日銀に払った、金利        ① 6,820億円

日銀が政府に払った、利益 法人税など   459億円
                  国庫納付金  6,087億円
                   配当金     500万円
                      合計② 6,546億円
 
                       ①-②=274億円


 このように、実際には、67.4兆円の日銀の国債保有に対し、たった274億円のコストしか、日銀に払っていません。お金は政府と日銀の間で、ぐるぐるしているだけです。

 お札を刷るコストは、1万円札で16円です。1兆円分の1万円札は16億円で刷れます。
10兆円分、新札を発行すれば、160億円かかります。274億円のコストが、いかに低いかお分かりでしょう。

…財政再建は進まず歳出の半分程度を国債に頼り続ける。日銀は大幅な国債購入に乗り出す。インフレ懸念や財政悪化懸念が高まり、長期金利も急騰する。その惨劇の幕が上がるのはズバリ来年、財政運営への不信感がきっかけになる。

 来年度の新規国債発行が50兆円程度とします。日銀の「大幅な国債購入」を25兆円としてみましょうか。それを足したとしても、2003年当時の100兆円の保有には届きません。 

「インフレ懸念や財政悪化懸念が高まり、長期金利も急騰する。その惨劇の幕が上がるのはズバリ来年、財政運営への不信感がきっかけになる。」

 なんて、あり得ないことがお分かりでしょうか。

 新聞は、日経といえども、しかも論説委員長でも、「一般的な経済俗説」にはまっているという例です。

伊藤元重 東大教授『入門経済学第2版』日本評論社 2005  P 2

 経済学を学ぶ目的は、世間に流布する俗説や通説を鵜呑みにしないで自分の頭で経済現象について考え、理解することができる能力を身につけることであると思います。…「経財学を学ぶ目的は、マスコミや、エコノミストによって作られる俗説に惑わされずに自分の目で経済現象を見つめる能力を身につけることにある」…新聞や雑誌を開けば、俗説はいくらでも見つけることができます。
スポンサーサイト

theme : 間違いだらけの経済教育
genre : 学校・教育

comment

Secret

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ