資料集の間違い(4)

第一学習社『最新現代社会資料集2007』p134

鈴木先生:日本は1960年代半ば以降、貿易収支は)ずっと黒字が続いているんだ。
健太:日本はずいぶんもうかっているんですね
鈴木先生:でもね、黒字国はその「もうけ」をためこんではいけないんだ。赤字国にまた環流させないと赤字国が困るからね。そこで日本はアメリカの株を買ったり、アメリカに工場を建てたりして、貿易でもうけた分をアメリカに投資しているんだ。それが投資収支だ。


「貿易黒字はもうけではない」と出版社に指摘すると、下記の表現に変わりました。

第一学習社『最新現代社会資料集2009』p134

健太:でも、最近の貿易・サービス収支はずっと黒字ですね。日本はずいぶんもうかっているんですね
鈴木先生:もうかっているという表現は正しくない。輸出が増えても為替レートの変動でもうからない場合もあるからね


 貿易黒字は「もうかる」とか「もうからない」とか、経済学に基づかない表現を使っています。野球に例えたら、「球を打ったら、1塁か3塁に走る」とルールブックに書くようなものです。

 通常の会社なら、黒字=もうけです。仕入れと売上げの差がもうけだからです(ものすごく単純化しています。以下に出てくることばも、ものすごく単純化しています)。
Our company is in [got into] the black.「我が社は黒字になった(yahoo辞書より)」黒字はBlackで、赤字はRedなんですね。

 ところが、貿易黒字(赤字)は仕入れと売上げの差ではありません。貿易黒字分は、必ずどこかの国の貿易赤字分です。ここが、会社の黒字と決定的に違うところです。
日本の会社の黒字(もうけ)額を全部まとめると、必ずどこかの会社の赤字(損)額と等しくなる」こんなことは、絶対にあり得ません。「もうけ(付加価値)」を全部足したものが日本のGDP(国内総生産)で、約500兆円です。黒字会社のもうけが、500兆円で、赤字会社の損が500兆円なら、日本の所得は0円になってしまいます。

 貿易黒字は a trade surplus です。貿易赤字は、a trade deficit です。足すと「0円」になります。輸出>輸入なら黒字、輸出<輸入なら赤字と言います。

 貿易(モノ・サービス)をすると、必ず同額のカネが動きます。ですから、貿易黒字=資本(カネ)収支赤字、貿易赤字=資本(カネ)収支黒字になります。貿易黒字国は同額分のカネが外国に出て行き、貿易赤字国は同額分のカネが外国から入ってきます

 アメリカも、オーストラリアも、イギリスも、基本的に貿易赤字国です。でもアメリカもオーストラリアもイギリスも、2008年夏までは、未曾有の好景気でした。「貿易黒字はもうけ赤字は損」なら、あり得ない話です。アメリカは96年から06年の10年間にGDPが約1.7倍になりました。日本の高度成長期さながらです。

貿易黒字はもうけ赤字は損」ではなく、「貿易黒(赤)字)はカネの貸し借りのこと」なのです。もちろん、「貸せば得、借りれば損」ではありません。「もうけ」ということば自体が、出てくるわけがない のです。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

輸入したものだけで輸出品を作っているという事にはならないのですか?もう少しわかりやすく…
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ