お待たせしました。『中高の教科書でわかる経済学 マクロ篇』発売です!

アマゾン 初登場 1位(6月23日午後12:50現在)です!

https://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/551282/ref=pd_zg_hrsr_b_1_5_last


<お待たせしました。『中高の教科書でわかる経済学 マクロ篇』発売です!>

https://www.amazon.co.jp/dp/4309247873

中高の教科書で分かる経済学 マクロ篇


ケインジアンや、マネタリズムなど、40年以上も前の「ポンコツ経済学」と、DSGE(新しい古典派・ニューケインジアン)の「現代経済学」までの流れを、「なぜそうなったのか」、理由を説明しながら、述べました。大変スッキリ理解できると思います。

 特に「ポンコツ経済学」と「現代経済学」の決定的違い、 「未来が現在を決める(コペルニクス的転回)」を、鮮やかに描きました。経済学の教科書には掲載されている内容ですが、一般書で扱ったのは、「日本初」です。
 
世の中に出回っている「経済解説本」や、「一般書」「新書」、経済学者でもない者が書く「経済学入門本?」が、「ポンコツ経済学」レベルで止まっていることが、理解できると思います。

 もちろん、高橋洋一や、田中秀臣など、「ポンコツ自称経済学者」が、「ポンコツ」だとわかります。彼らの著書やネット上の「話」には、一切出てこない内容です。

 つまり、アベノミクスの「理論」的根拠に基づく「成功」が、彼らには説明できません。「金融政策で、雇用が改善する」という「DSGE(中・上級)理論=現代経済学」では、すでに「語りつくされている」内容を、「ポンコツ自称経済学者」は、理解できないのです。
「ポンコツ自称経済学者」の頭の中は、自分が「学生時代に習った経済学」で止まっているのです。

 田中秀臣など、「自殺者が減っている、だからアベノミクスは成功しているんだ」と、「お前、本当にバカじゃないの?」というような話をする始末です。「雇用が改善したいるから、自殺者が減った」ということを言いたいようですが、なぜ「雇用が改善した」のかを、彼は、「理論的に説明すること」が出来ません。ただ、「雇用が改善した、データはこの通りだああ」ですから、本当に「お前、バカじゃないの?」レベルを爆走しています(爆笑)。

http://abc60w.blog16.fc2.com/blog-category-227.html

http://abc60w.blog16.fc2.com/blog-category-188.html


 「インフレ率が高くなると、失業率が低くなる」という逆相関=現代版フィリップス曲線は、「実証」ではなく「理論」です。この理論は、DSGE教科書=ニューケインジアン教科書では、詳細に述べられています。マンキューが理論化したので、当然マンキューの中上級教科書では、数式とともに「説明」済みです。日本でも、中上級教科書では掲載済みです。

 「ポンコツ自称経済学者」は、それすら読んでいないのです。終わっています。要するに彼らが相手にする仕事レベルでは、「勉強する必要のない」内容です。難しいから、Fランク学生を相手にする彼らには、必要がないし、自分が勉強しても「使う機会」がないと考えているからです。

その結果、田中秀臣など、査読論文はもちろん、学内紀要に載せる論文さえ、1つもない始末です。

 最新経済学を、常に学ぶ(学者なら、本当は発信しなければならない方)のが、学者のはずですが・・・

学者としての本分を全うせず、暇を持て余し、やっていることが「アイドル追っかけ」です。ちなみに「アイドル追っかけ論文=出版本」は、たくさん出しています(爆笑)!

当然ですが、すぐ「ごみ本」になります(爆笑)!

☆本書☆

ただし、解析力学・ラグランジュ理論でできている「現代経済学」を、グラフや図で徹底解説しましたが、すべて「カット」されました(笑)。自分では、「これ以上、易しく説明できない」というところまで落とし込んだつもりでしたが、やはり「一般的読者」には、難しいということでした。もちろん、ページ数を抑えたいというのも理由です。

 それでも、出来上がった書籍を見ると、こちらの言わんとしていることは、大変きれいな流れの中でまとまっています。さすが、プロの編集者の仕事です!

 なんと、400ページを超える超大型本になり、税込み2000円を超えます!自分が第三者なら、「河出さんは、よくこんな本を出したなあ」と感嘆するような本です。改めて感謝申し上げます。内容?内容は期待を裏切らない、2000円以上の価値がある本です。

 これを読んだら、「誰かに伝えたくなる」、そういう本です。

引き続き、宜しくお願い致します。

★訂正★

P391 
9行目
「保険料2分の1」→「2分の1」カットです。保険は全額が回っています。

P260 

誰かに貸す 債権→債券に訂正

①P60 グラフ
 どちらが世界GDPで、どちらが世界輸出額かが、分かりません。訂正します。
②P154 脚注 下から3行目
「なるからです」→「なります」に訂正
③P267 グラフ 説明文
「消費はどのくらい参加するか」→「消費はどのくらい増加するか」に訂正
④P352 4行目
「P348」→「P354」に訂正

次版以降、改善します。
スポンサーサイト

comment

Secret

Amazon1位、おめでとうございます!
僕もAmazonで予約して購入し、早速読んでいます。

ところで、僕はまさにカットされた現代経済学の説明こそを楽しみにしていたのですが、今後その説明を拝見できる機会はないですか?

No title

>ところで、僕はまさにカットされた現代経済学の説明こそを楽しみにしていたのですが、今後その説明を拝見できる機会はないですか?

若干、下記に書いています。没原稿は、もっと膨大でしたが・・(笑)

http://abc60w.blog16.fc2.com/blog-category-227.html

http://abc60w.blog16.fc2.com/blog-category-188.html

>若干、下記に書いています。没原稿は、もっと膨大でしたが・・(笑)

もちろん、そちらの記事を含め、先生のブログの記事はすべて読みました笑
うーん、没原稿、もったいない。
大学院まで物理をやっていた人間としては、経済学と解析力学をどう結びつけて説明してくれるのか、ワクワクしていたところでした。
仕事を始めてからあまり時間がないですが、億劫がらず、現代経済学の教科書をちゃんと読みますかね…。

没原稿の一部アップしますね

じゃあ、没原稿の一部、アップしますね。

最初と最後だけ、端折っていますけど・・
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
中高の教科書でわかる経済学 マクロ篇 発売です!

中高の教科書でわかる経済学 マクロ篇

中高の教科書でわかる経済学 ミクロ篇 発売です!

中高の教科書でわかる経済学 ミクロ篇


図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ