<文化と伝統など、後で作った話に過ぎない>

<文化と伝統など、後で作った話に過ぎない>

 日本の伝統・・・文化・・・、相撲や武士道・・○○道など、単なる後付の話です。もちろん、日本人の精神性、大和魂といっても、「そもそもいつからの話で、だれがその伝統と文化を決めたのですか?」と言っても、「誰も知らない」・・・

そんなものです。

そもそも、「伝統」という「空想の産物」を考えたのは、戦(いくさ)もなく、暇を持て余すようになった江戸時代の話です。

石村貞吉『有職故実』講談社学術文庫 1987

「平安時代の礼法、官制、服制等を伝えている公家…既に平安時代と年代を隔てること八百余年の遠きに及び、その礼法の精神、習俗の成否等、不明の点が少なくないこととなり…武家においても同じく、鎌倉・室町両時代の、幕府の礼法、武具、甲冑等を伝えながらも、四百余年、ないしは二百余年を隔てているために、その精神・意義・実際をつまびらかにすることができなくなってしまった」



 要するに、服装とか、作法の順序とか、所作は、残っているものの、その導入の経緯、なぜ導入したか・・・など、さっぱりわからないのです。日本人は、すっかり「忘れてしまっていた」のです。

 それで、江戸時代になって、長老や研究者、兵法家など、ヒマな識者が「ああでもない、こうでもない」と論争し、「こうだったはず・・・」と自説を押し付け合ったのです。

「伝統」とは、受け継がれたものではなく、あとから「こうだったはず」と言い張ったものに過ぎません。

「武士道」なども、その最たるものです。

本居宣長によると、○○道とは、「よろずのことわざ(事業)」=やっていることを雑芸に至るまでも含めて、もっともらしくあるいは、かしこぶった教え」にしたもの。

「武士道」なるものが確立したのは、江戸時代。もはや「いくさ」などない世の中、武士は「公務員」となっていました。

武士道の本家本元、山鹿素行によると、「武士道」は、農民・町民が忙しく働いているのに、武士はぶらぶらしていて「自分たちは何をやっているんだろう」と言う疑問が生じたので、「忠誠の教え」が必要だとして、つくられたものです。だから、やはり「あとづけの理屈」で、そもそも、日本人全体が共有しているものでも何でもありません。武士など、人口の1%にも満たないものです。

『葉隠』

 「武士道というは、死ぬことと見付けたり。一生越度(落ち度)なく、家職を仕果たすべきなり」



  要するに、

 「死を覚悟する覚悟をもって(そのように考えて)いれば、失敗なく定年まで奉公できます」「命を捨てる覚悟さえあれば、なんでもうまくやれるだろう」という、まさに公務員向けのマニュアルです。

 これをみて、力が抜ける人はいても、力を込めて「武士道を持って私たち日本人は、しっかりしなければ」と思った人いますか?

『葉隠』など、二日酔いを(顔に紅をぬって)ごまかす方法、あくびをかみ殺す方法など、「へ?」と思うような「ビジネスマン・必携マナー術」のオンパレードです。

松代藩『武道初心集』

武士は死を覚悟すべし。そう心がければ、無病息災・寿命長久。



要するに、「健康で長生きできますよ」・・・

これが、新渡戸稲造が、「BUSIDOU」として海外に伝えた「武士道」です。

続く・・・

追伸

 イブが食べたリンゴ。イブによると「蛇からそそのかされたそう」で、神はすぐに蛇の頭を潰したのです。イブの証言を裏付ける第三者は、いないのです。

 つまり、「蛇がそそのかした」のかどうかは、『イブが言った』に過ぎません。さて、イブは「蛇のそそのかされた」のですか?それとも???
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ