<プリウスは、なぜいつもデザインが突き出ているのか>

<プリウスは、なぜいつもデザインが突き出ているのか>

トヨタ プリウス

プリウス1
プリウス2


差別化です。「ハイブリッド車の本家」であり、リッターあたり走行距離もその時点で、「最高値」を更新しています。現在は、「リッターあたり40キロ走る」です。

常に「最先端」の位置を目標としています。

購入する側も、「プリウス」だということを、周りの人に知ってもらいたいのです。

カローラや、アクアのボディを使っては、買う方も「差別化」ができません。これらの車で、「リッター40キロ走る」となっても、買う方も「買いません」。

カローラ

供給側にとっても、消費側にとっても、常に「目立つデザイン」であり続ける必要があるのです。しかも「思い切り、差別化」になります。ちょっと「変」なデザインで構わないのです。

 プリウスは、今後も「最先端デザイン」を求め続けられる存在になります。

プリウスは、「見たヒト」が「プリウス」と認識できる、「情報の非対称性」を埋めるためのクルマです。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ