<保育園問題>

コメントする方へ(特に初めての方)

右側の、質問・ご意見欄を使用願います。匿名で構いません、アドレスは非公開です。書かれた内容は、今まで通り、コメント欄に掲載されます。

一度、「質問欄」を使った方は、コメント欄をそのまま使用して投稿して下さい。



<保育園問題>

なんで、認可保育園に入れないのか、なんで、「需要(親子)>供給(保育園)」なのか・・・

とても単純です。価格規制しているからです。

保育園2

本当にかかっている値段は、このくらいです。

http://matome.naver.jp/odai/2143606465305209501

子供1人に毎月39万円の税金!?保育園に使われている税金がハンパない

いずれも、月額
0歳児 約41万円
1歳児 約20万円
2歳児 約18万円
3歳児 約11万円
4~5歳児 約10万円



ところが、実際の負担額は

0歳児 約2万円
1歳児 約2万円
2歳児 約2万円
3歳児 約1万6千円
4~5歳児約1万4千円




世帯あたりの月額保育料は、


0円が9.6%、
1~1万円未満が8.8%、
1万~2万円未満が16.3%、
2万~3万円未満が28.4%、
3万~4万円未満が15.5%、
4万~5万円未満が8.3%、
5万~6万円未満が4.9%、
6万円以上が2.8%となっている。




差額は、すべて「税金(公金)」です。

私立の場合は国が1/2、都道府県が1/4、市町村が1/4を負担している。
公立の場合は全額市町村が負担している。




そうすると、自治体が、保育園を作れば作るほど、「税金」がかかります。
あるいは、私立を「認可」すればするほど、自治体の「税金」がかかります。

自治体は、「保育園」を増やし、認可保育園の「待機児童」を減らしたいのですが、何しろ「カネ」がかかります。簡単に、「ハイハイ」と増やすわけにはいきません。

保育園料、月2~3万(1日1000円~1500円)が安すぎなのです。価格統制すると、「ろくでもない」結果になる、典型です。

本当の市場価格は、「無認可保育園」です。

http://contents.en.mamitan.net/basic/?itemid=16

週5日 8時~18時まで利用した場合の保育料
0~2歳児クラス:58,000円
3~5歳児クラス:55,000円




http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000080127.html
~施設、入所児童数ともに増加、ベビーホテルは減少~
○ 認可外保育施設の総数      7,939か所  前年度比 105か所の増
(内訳)ベビーホテル         1,767か所    同   51か所の減
      その他の認可外保育施設    6,172か所    同   156か所の増

○ 入所児童の総数           203,197人    同    2,476人の増
(内訳)ベビーホテル         32,984人    同    1,527人の減
        その他の認可外保育施設   170,213人    同    4,003人の増




http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11907000
-Koyoukintoujidoukateikyoku-Hoikuka/0000098603.pdf
認可保育園等 H27年度

数28,783
利用者 237万人



さて、認可保育園を増やせ!ですか? 消費税率10%にする理由の中に、「保育園の拡充(社会福祉目的財源)」が含まれています。

では、みんなで、保育園のために、消費税10%を、実現しましょう!!!。

でもなあ、1/4が65歳以上の高齢者の、シルバー民主主義・・、2035年には、1/3に・・・。

これからますます65歳以上の有権者数の割合は増え続け、2050年には有権者の5割が65歳以上・・・(国立社会保障・人口問題研究所推計)

ますます、シルバー民主主義が加速・・・。

無理だろうなあ(苦笑)。フリーランチはないなあ。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ