この人たちは、どこまで成長すれば成功と言うのか(苦笑)。

コメントする方へ(特に初めての方)

右側の、質問・ご意見欄を使用願います。匿名で構いません、アドレスは非公開です。書かれた内容は、今まで通り、コメント欄に掲載されます。

一度、「質問欄」を使った方は、コメント欄をそのまま使用して投稿して下さい。


<この人たちは、どこまで成長すれば成功と言うのか(苦笑)>

朝日1
朝日2


日本は、現在、完全雇用状態にあります。GDPは目一杯状態です。

不況3


労働力調査(基本集計) 平成28年(2016年)2月分 (2016年3月29日公表)
 (1) 就業者数,雇用者数
   就業者数は6351万人。前年同月に比べ29万人の増加。15か月連続の増加
   雇用者数は5684万人。前年同月に比べ89万人の増加。38か月連続の増加
 (2) 完全失業者
   完全失業者数は213万人。前年同月に比べ13万人の減少。69か月連続の減少
 (3) 完全失業率
   完全失業率(季節調整値)は3.3%。前月に比べ0.1ポイント上昇



日経 有効求人倍率、1月は1.28倍に上昇 24年ぶり水準
2016/3/1 8:30

 厚生労働省が1日発表した1月の有効求人倍率(季節調整値)は前月比0.01ポイント上昇の1.28倍だった。1991年12月(1.31倍)以来、約24年ぶりの高水準。QUICKがまとめた市場予想(1.27倍)を上回った。企業の求人は減ったものの、求職者の減少がそれを上回った。派遣労働者を中心とする職業紹介・労働者派遣業からの新規求人が減った。訪日外国人客の増加で宿泊・飲食サービスなどの求人は堅調で、高齢化に伴う医療・福祉分野の求人も増えた。求人全体では1.6%減だった。一方、求職者は2.1%減った。厚労省は雇用情勢について「着実に改善が進んでいる」との見方を示した。
 雇用の先行指標とされる新規求人倍率は0.17ポイント上昇の2.07倍で、91年6月以来ほぼ24年ぶりの高さだった。正社員の有効求人倍率は前月と同じ0.80倍で、04年11月の調査開始以来の最高水準を保った。




日本の①労働力②資本力③生産性をフルに発揮するGDP水準を、実質GDP=完全雇用GDP=潜在GDPといいます。
上記、垂直のAS線です。

IMF予想(本日付 新聞各紙参照)では、日本の実質GDPの伸びは、2016年0.5%、2017年(消費税を導入したとすれば)-0.1%です。

0.5%というのは、GDP500兆円としても、2.5兆円プラス程度の数値です。GDP需給ギャップがあったとしても、その程度の数値です。

日本は、潜在成長率「1%程度の成長」しかできません。GDPギャップは限りなくゼロです。財政出動や、金融緩和の余地(短期AD曲線をシフトさせる政策)など、もうほとんどありません(ただし、5兆円程度の財政出動をすれば、インフレにはなります。「先進国そろって財政出動をしろ」というクルーグマンの言うことを、今度のサミットで合意できるか否か・・・)。

 日本だけ、「財政出動」しても、効果は薄まります(マンデル=フレミングモデル)。やるなら、リーマン・ショック時のように「そろって」が必要です・・・・。

 じゃあ、アベノミクスで、成長を実感できないのはなぜか?

毎年1%程度、所得が伸びても、税金(公的保険)が伸びているのですから、可処分所得など増えません。

国民年金保険料、厚生年金保険料、介護保険料、健康保険料・・・すべて急増中です。

安倍政権後3年間に、2人以上世帯の、税(公的保険含む)の支出は、1月あたり、5000円弱増、可処分所得は2000円強の増です(総務省 日経2016.3.28)。

皆さん頑張って、「超高齢社会」を支えているのです(笑)。みなさんの所得が伸びた分は、ちゃんと高齢者に回っています!!(笑) 
何しろ、65歳以上高齢者が、4人に1人を超えました!!!!。

「所得が増えない!アベノミクス失敗だ!」って、「バカいうな!」というお話です。高齢者は恩恵を享受しています(笑)。


あとは、無理やり、1人12時間以上働かせる、強制労働しかありません(苦笑)。

これが、「高齢社会」の現実です。

日本の福祉は、「賦課方式」ですから、その年の現役世代が、その年の高齢者世代を支えています。

現役世代の保険料+税金(それでも足りなくて国債費)→高齢者の「医療・介護・年金」に回るシステムです。

基礎年金は、半分がその年の保険料+税金投入が1/2です。税金部分の1/3は「国債」です。

少しは、高校教科書でも読んでみてはいかがでしょうか、朝日新聞編集委員さま。

http://blogos.com/article/171621/

江田憲司
2016年04月13日 11:00
民進党への政権交代で何が変わるか?・・・貴重な税金の使い途が変わる!

今、景気が悪化しているのも、経済がマイナス成長なのも、GDPの6割を占める「消費」が伸びないからです

なぜ、「消費」が伸びないのかと言うと、「実質賃金」、すなわち、皆さんの給料が上がらないからです。民進党は、介護や年金、子育て、教育等の施策、予算の重点配分等を通じて、この「家計の可処分所得」を上げ、「懐具合」を温かくしていきます。それが、「消費増」を通じて「経済成長」にはねかえり、景気回復を持続的なものにしていく、「好循環」を生むのだと考えています。



本当に、経済学を知らないので、グダグダです。こんな経済オンチが政策考えたって、サッカー選手が、野球の解説をするようなものです。

正解

「消費が悪いから、GDPが悪い」は、「雨が降るから天気が悪い」と同じです。まったく「供給」と「需要」の区別ができていません。

消費+投資+政府+純輸出は、需要AD曲線の話です。

GDPは、供給AS曲線の話です。

不況2


需要を伸ばせば、供給が伸びる・・・・本当に、アホか!です。

2 実質賃金が低下するから、雇用増です。

需給曲線 需要 供給 曲線 1


この、マクロの労働需給曲線の「価格」は、物価変動を加味した、実質賃金です。

実質=名目-インフレ率

+2=0-(-2デフレ状態)


実質賃金が高いので、労働需要が減る(企業求人が減る)のが、デフレです。

それが、

-2=0-(2インフレ状態)

実質賃金(グラフの価格)が低下するので、企業の求人が増えます。

実質賃金が高止まり=デフレ→需要減

実質賃金が低下=インフレ→需要増


政治家には、経済学が必須なのです。経済学を勉強したことが無いから、民進党の経済政策はとんちんかんなのです。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ