アベノミクスについて

アベノミクスについて


コメントする方へ

拙著に関するご質問、事実に関する貴重な情報などありましたら、右側の、質問・ご意見欄を使用願います。匿名でも構いません、アドレスは非公開です。書かれた内容は、今まで通り、コメント欄に掲載されます


アベノミクス、金融緩和、何点か? 確実に60点、70点以上です。

1月の失業率、3.2%です。完全失業者数は、64か月続けて、減少です。日本は、完全雇用状態です。潜在GDP=長期GDP=完全雇用GDPをすでに達成済みです。

これだけの成果を上げているのに、何を、どこに問題があるのですか?

日本は、潜在成長率「1%程度の成長」しかできません。GDPギャップは限りなくゼロです。財政出動や、金融緩和の余地(短期AD曲線をシフトさせる政策)など、もうありません。

不況3

アベノミクス批判する人は、日本が2%、3%、4%、どんどん成長できるとでも、思っているのですか?全く経済のことが分かっていない人たちだということがここで分かります。

「総需要管理政策(財政+金融)は、「需要AD」を刺激する方法で、「供給AS=GDP」を増やす政策ではありません。ましてや、「長期AS=完全雇用GDP水準=実質GDP=自然産出量」を増やす政策など、世界中の経済学の教科書を探しても載っていません。

目的「GOAL」は、脱デフレ、絶対にデフレにさせないことです。脱デフレであれば、手段は何でも構いません。とにかく大目的が「デフレにしない事」です。

不況1


デフレ
1)投資減になります
2)失業増になります

1)投資減=不況のことです。消費は変わりません。投資の増減が好不況の原因です。
投資は「未来予測」で行われます。未来を確定させると、企業の投資行動が変わります。

なぜ、投資減になるか、拙著図解使えるマクロ経済学p79参照
なぜ、失業増になるか、同p171~参照

中銀は「絶対にデフレにはしません」とします。インフレターゲットです。

金融政策は「短期」的効果しかありません。短期供給曲線ASは、インフレで右上がりになります。インフレ予測で、短期には産出量Y(GDP)が増えます。インフレターゲットは、短期をその年その年で、確定、すっと確定させるので、「長期」に働きかけることが可能です。

来年こうする→来年時点で、「来年こうする」→その時点でさらに「来年こうする」・・・

金融政策は、固定相場制では、1つしか手段はありませんでした。①利子率の操作です。日本では公定歩合です。

変動相場制では、①利子率操作に加え、②資産効果(株とか土地とか)、③為替効果という風に、手段が増えます。②資産効果で、消費が増えます。③為替効果で純輸出が増えます。

このことは、「高校生からわかるマクロ・・・」でも、ちゃんと書いています。 p235


つまり、総供給AD曲線を動かすことができます。総需要管理政策です。金融政策は、変動相場制時代になって、その影響力を大きくしたのです。昔の「金融政策=利子率操作」だけではないのです。

不況2


中銀は、「絶対にデフレにしない」ということが大命題です。ですから、失われた20年の日本のデフレ現状をみて、リーマン以降、FRBも、ECBも、BOEも、なりふり構わず、金融緩和(絶対にデフレにはしない)を採用したのです。マイナス金利は、日本の前に、欧州で導入しています。

2%は脱デフレという大目的のための「手段」です。しかも、中銀が「それを守る」という明確なメッセージです。2%を達成できている国など、どこにもありません。中銀は、何が何でも「デフレにはしない、できることは何でもやる」と宣言することで、私たちの行動が変わるのです。

私は、2%が達成できたら120点、インフレを達成できたら60点と、アベノミクス導入時のコメントに書いています。デフレにさえならなければ、「合格点」です。
スポンサーサイト

comment

Secret

リクエストです

菅原先生

先日推奨して頂きました神取先生の「ミクロ経済学の力」を
図書館でやっと借りることが出来ました。

従来のミクロ経済学の教科書にあるような紋切りの解説ではなく、学習者が苦労する点を何故学ばなければならないのか等の解説が多々あり、学習者のことを慮るところに好感が持てました。

ただ内容は高度で、ゲーム理論等の解説にもかなりページを割いているため、一読しても理解できませんでした。
何度も読んで勉強しようと思います。

ところで、菅原先生が2ヶ月振りにブログ更新をされ嬉しく思い
ましたが、相変わらずご多忙のご様子。出来ましたら、引き続き
「啓蒙」頂けましたら幸甚に存じます。

お元気であればこそ!

 ブログ更新していただけて本当にうれしいです。

私のような菅原先生のサポーターは

先生が元気で仕事をなされているという

(いわばお元気に生存されている 笑)

証です。

ご本いまから心から楽しみにしています。

なにとぞ全国の,「経済教育をまともにできるようになりたい」と願う拙い教師のためにも,素晴らしい仕事に没頭なされてください!!

脱稿されたらまたお便りしたいと思います。

No title

早稲田の山岡先生のアンケートでは、高校の公民科教諭のうち、大学で経済学を専攻したのは22.1%だそうです。(3月21日 日経)。

中学校の先生は「教育学」専攻だから、経済学なんて、一般教養でちょろっと・・・

それで、教科書はただただ、語句の羅列、

資料集など、「暴走」領域(これは大学の経済学の内容で、半ページで載せるなど、無理)まである始末です・・・某(エンペラー)社(笑い)。センテンス・スプリング(笑い)。

教科書や資料集を、経済学で解説する・・・求められているのは、これだ!(笑い)

No title

 「教科書や資料集を、経済学で解説」

という逆説的な一文は,経験則からして完全に完全に真理です 笑
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学図解 使えるマクロ経済学
(2014/10/11)
菅原 晃

商品詳細を見る


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学
(2013/09/10)
菅原 晃

商品詳細を見る


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格

高校生からのマクロ・ミクロ経済学入門Ⅱ 発売です!

高校生からのマクロ・ミクロ経済学入門Ⅱ

DLmarketで購入


目次はカテゴリ一番上『著書』を見て下さい。


注 コメントする方へ

このブログでは、ご意見・ご感想(価値観)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ