図解 使えるミクロ経済学

クリック

川口マーン惠美『住んでみたヨーロッパ 9勝1敗で日本の勝ち』

上記記事で紹介した内容です。新刊は下記の内容を扱っています。

「市場」原理は「利己主義」に基づけば、「見えざる手」によって、資源を上手く配分する・・・

違います。スミスの見えざる手は、何でしたか?

① 社会の利益を増進する手 「国富論」
② 平等を実現する手 「道徳感情論」

利己主義だけでは、「平等」など、実現できないでしょう。

「市場」とは、①「利己主義」と②「道徳心(公平・中立な観察者)・利他主義」によって、成り立っています。

つまり、「市場原理主義」ガーと批判しいる人は、市場を成り立たせているもう一つの原理「道徳心・利他主義」を忘れているのです。それを無視した「市場原理」など、この世にないのです。

「市場原理主義」ガーと言っている人は、市場のことなど、何も分かっていないのです。

わかっていないのは、シロウトだけではありません。

70歳世代は、全然理解していません。

もちろん、マルキストに代表される、60代団塊の世代など、まったく理解していません。

経済学は、スミスの「見えざる手」を明かしてきた研究です。

そして、見えざる手は、「平等」を実現すること、利他主義も含まれること、約束を守ることの大切さ=道徳心・・を含んでいることを、今日の経済学は、明らかにしたのです。

①顔の見えない相手とやりとりをする、需給曲線市場
②顔の見える相手が前提の、ゲーム理論

②は、利己主義ではなく、協力が必要、協力するためには、相手を信頼しなければならない=信頼するためには、約束を破らないこと=倫理・道徳=スミスの中立公平な観察者が必要なのです。

この2つから、「市場」は成り立っているのです。

もう、ゲーム理論なしの経済学は、成立しないのです。だから、スミスの「見えざる手」の半分を明らかにしたことで、ノーベル賞を受賞しているのです。

※市場は「合理的」な人が主人公ですが、合理は「限定的・感情が理性に先立つ」ことを明らかにしたのが、行動経済学・・・もちろん、ノーベル賞受賞済み

「市場原理主義ガー」論者は②を理解していない人、その人のたわごとです。

ゲーム理論を知らない人は、「市場」の半分しか理解しておらず、だから、「フリードマンがあああ」、「新自由主義がああ」「市場原理主義がああ」と、平気で語れるのです←分かっている人から見ると、とてもとんちんかんな話に過ぎません。

今年は、「市場が2つの原理から成り立っている」ことを、分かりやすく説明します。

目に見えないヒトを相手にする場合と、目に見えるヒトを相手にする場合で、人間の行動原理は違うのです。


カバー 2
zyabara


日記的な何か
個人的アウトプット練習

菅原晃著「図解 使えるマクロ経済学」感想

私は経済学というものに対して
否定的な見方をもっている
そのため今日まで経済学については
高校程度の知識しかもっていない
しかも大体忘れてしまっているww
これでは否定的な見方を持っているとか
いうことすらおこがましいだろ!
と感じたのでこの本を読んでみた

著者は高校教師をされているとのこと
なるほど経済学などというものに
一切かかわりのない人間でも
理解ができるように書かれている

但し個人的にはIS-LMモデル等はかなり難しく感じた
ただ単に私の頭が悪いのかもしれないがwww

下記に個人的学びを書き出しておく
・実物取引1に対して金融取引が95
・流動性選好
・ルーカス批判
・選択のパラドックス

しかし最も印象的だったのは
「気まぐれで衝動的な人間という不確実な対象を分析する時点で
 科学的な世界からは程遠くなる。
 経済学は原理的に価値観から逃れられず純粋な科学にはなれない」
という文言である。
そうまさにこの内容が考えられるから私は経済学に否定的だったのだ

しかしそれを前提にしたうえで
そこで思考停止せずに何とか現象を説明しようと試みるのが
経済学ということか・・・

こんな難題に取り組み続ける
経済学者の方々には少し敬意を払った方がいいかもしれない
そんなことを思いました

スポンサーサイト

comment

Secret

質問です

『図解05 使えるミクロ経済学』
早速、読ませていただきました。
感想については、読書メータに後日書かせていただくとして、ひとつ確認というか質問をさせていただいてよろしいでしょうか。

需要供給曲線についてですが、短期モデルにおいては供給曲線が水平になる(→理解出来ます)。
完全競争市場では需要曲線が水平になる(理解出来ます)。

それでは、完全競争市場の短期モデルにおいては需要曲線と供給曲線は水平で一直線になるということでしょうか?

総需要 総供給曲線

>需要供給曲線についてですが、短期モデルにおいては供給曲線が水平になる(→理解出来ます)。

これは、39ページモデルの記述になりますでしょうか?

>完全競争市場では需要曲線が水平になる(理解出来ます)。

これは、ジャガイモ農家の面する需要曲線のところで説明しました。

短期で水平になるというのは、ミクロではなくマクロの総供給曲線ASではよく説明されます。短期ASでは、水平、長期ASは垂直・・
というものです。39ページです。

短期では、物価は変動しないと考えられるので、水平、長期では物価は変動するので、垂直というものです。あらゆる財・サービスをまとめた、マクロの需給曲線です。

完全競争市場では、プライステイカーなので、価格は所与、雑誌のように、プライスメーカーではないので、市場価格を受け入れざるを得ません。

そうすると、供給曲線は、完全競争市場のところで説明したように、右上がりになります。

p39のモデルは、総需要=総供給AS-AD曲線です。説明が足りないとすれば、こちらの不手際なので、次回、説明を加えます。


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ