黒田総裁のインフレ目標は失敗に終わった??だと???

>黒田総裁のインフレ目標は失敗に終わった

 久しぶりに記事をアップしたら、アホなコメントが来ました。くだらないので放っておいたら、さらに「橋下も公約どおり、政治家を辞めたのだから、黒田もやめるべき」という、さらにくだらない「意見」を書いてきました。「意見は、読ませるな」と、このブログで断っているにも関わらずです。

 最初は質問に丁寧に答えていくと、必ず、最後はこちらの本など読む気もないのに、自分の意見を書き込む・・こんなのばかりです。こういう人って、「質問」と書き込みながら、結局「自分の意見が正しいんだ」「自分の見方が正しいんだから認めろ・・・」ですから、もう、相手にしたくありません。

閑話休題 本題です。
>黒田総裁のインフレ目標は失敗に終わった

失敗って何の事でしょうか? 2%に行かないと失敗???

全然、今回の金融政策を理解していない人がそういうだけです。

http://shuchi.php.co.jp/article/1728?
<講演> 「金融政策とアベノミクス」 岩田規久男

第一の柱は、2%のインフレ目標の早期達成に関する「コミットメント」です。すなわち、日銀は「2%の物価安定目標を2年程度の期間を念頭に置きながら、できるだけ早く実現することを明確に約束した」ことになります。このコミットメントに基づいて、日銀はまず人びとの予想インフレ率の引き上げをめざしています



2%を早期に達成するという、コミットメントです。

コミットメントは、ゲーム理論では、「退路を断って、自分たちの利得(高い点数)・選択肢をあえて捨て」て、相手の「選択」の幅を狭めて、自分に有利に導くという戦略です。

つまりプレイヤーは「日銀」相手は「市場(投資家)」、日銀が2年後にマネタリーベースを2倍とコミットメントして、市場がその手を見て、戦略を変えると言うものです。

あの、安倍ブレーンの「浜田」先生は、金融の「ゲーム理論」の大家です。

ウイキペディアでも見てください。

浜田先生は、ゲーム理論をもとに、「コミットメント」「日銀の不退転」を示し、市場の次の「手」を変えたのです。

これを理解できていない人が、「失敗」だとか、「実質賃金がああ」とか、言っていますが、そもそも、批判者は、「ゲーム理論」の土俵にも乗っていないので、最初から「勝負」になっていないのです。

まるで、砂かぶり席で、「あーでもないこーでもない」とぐちゃぐちゃ言っているにすぎません。

アベノミクスや、日銀金融政策を批判している人で、「ゲーム理論」に基づいて批判した人、誰かいますか?ゼロでしょう?

誰も、「経済理論」しらずに批判しているだけなのです。

神取道宏「ミクロ経済学の力」←いきなりは難しいので、入門書でも良いので、ゲーム理論の「コミットメント」を参照下さい。

以下、神取道宏「ミクロ経済学の力」
コミットメント0
コミットメント 0.5


コミットメント1
コミットメント 2
コミットメント 3
コミットメント 4

ただし、一朝一夕に理解できるものではないので、「勉強」して下さい。

もし、アベノミクス・黒田日銀・浜田先生を批判するなら、「日銀がコミットメントしたのに、市場のプレーヤーの行動は変化しなかったではないか!だから間違いだ」と批判しないと、だめなのです。

実際は、金融緩和を見越して、円売りドル買い=円安(高くなる通貨を買うのがトク)、円安で、円安の恩恵を受けるほうが多い東証一部上場企業の株価買い=株高・・・理論どおりに市場のプレーヤーが動いたでしょうに!

ったく、不況原因は、「消費減」ではなく、「投資減」でしょう?前回記事、ケインズの解説=拙著『使えるマクロ経済学』のケインズ参照。

以下ケインズ理論

投資を回復させるには、金利下げる

ゼロ金利で、これ以上下がらない

予想(期待)に働きかける ルーカス以降の理論

実質金利を下げる(前回記事参照)


投資回復


消費が伸びない!って、不況回復は、消費じゃなくて、投資回復ことなの!!

ったく、忙しいと言っているのに、素人論振り回すな!解説するだけで、こっちの時間浪費しているんだぞ!!ふざけるな!((笑))本当に怒るぞ!!!!
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

>黒田総裁は増税に賛成していましたよ。
>黒田総裁が増税に反対する言動の記録は何処ですか?????


記事で批判したアホ論者から、さらにアホなコメントが。
増税と、インフレ目標のコミットメントと、どこに関係が?

金融政策、理解していないのに、コメント寄越すな((笑)

今は、金融政策の話。増税が決まっていたのは、その前の話。
原油価格下落は想定外の話。

本当に、寄越すな!((笑)見るだけで、時間を浪費される!((笑)

No title

早速、「ミクロ経済学の力」神取道宏 を図書館で借りてきました。私は”コミットメント”の意味がわかっていませんでした。家電の最低価格保証も、値崩れ防止のためとは気が付きませんでした。私にはちょっと難しいですが、面白い本です。有難うございました。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ