新聞を解説(15) 『社説:中国マネーに頼る米国の弱み』読売新聞

新聞を解説 『社説:中国マネーに頼る米国の弱み』読売新聞 H21年6月8日

再三指摘しているように、 「貿易黒字はもうけ」「貿易赤字は損」「貿易赤字は悪いこと」 ではなく、 「貿易赤(黒)字」は「お金の貸し借り」 のことなのです。ですから、 「○○国がもうけた」とか、「○○国が損した」という問題ではありません

資本収支赤字=貿易黒字
資本収支黒字=貿易赤字

このように、貿易取引は、裏表一体なのです

A~Cは筆者記入
 中国が米国債を買い続けなければ、米国は財政資金を確保できない。…ガイトナー米財務長官が北京で…米国債の購入継続を要望した。
 …かつては、日本が米国債の最大の買い手だったが、昨秋、中国がナンバーワンに躍り出た。A:中国の保有額は、今年3月時点で約800億ドルに達する。…ドルが急落すれば、保有するドル資産が目減りしかねない-B:中国は人民元相場の上昇を抑えるために市場介入を実施し、それで急増した外貨準備をドル資産に投資している事情がある。
C:米国債を売却したり、引き受けを阻んだりすれば、ドル下落の要因になる。中国にはジレンマだが、米中が経済的に深い関係になっていることを示す。


(1)経常収支は、大きく分けると、
①貿易黒字
②所得収支=海外投資(外国の国債・社債・株式・その他貸出)からの収益
③経常移転収支=海外への無償援助です。

そして、この経常収支額=資本収支額です。

資本収支額は
④海外投資(外国の国債・社債・株式・その他貸出)と、
⑤外貨準備です(誤差脱漏を除く)。
国際収支表
 輸出して、中国企業がドルを稼ぎます。そのドルは、中国人の給料・配当・原材料費購入などのため、人民元に交換されます。中国の中央銀行・政府は人民元を放出し、ドルを購入します。これが中国の⑤外貨準備増になります。
外貨増
 ただ、ドルを持っていても仕方ないので、それを、外国の国債・社債・株式等で運用し、利潤を得ます。その利潤(過去の投資の結果)が、②所得収支に含まれます。

 もちろん、過去の日本のように、意図的にドルを買い(円安)為替操作をすることもありますが、その場合は、(1)経常収支額=④海外投資⑤外貨準備ですから、⑤が増えた分、民間の海外投資④が減ります。

 中国の、アメリカへの貿易黒字増=④海外投資⑤外貨準備が絶対に増える のです。
A:「中国の保有額は、今年3月時点で約800億ドルに達する」のは民間が主体であれ、中国国家が主体であれ、必然です。
B:「中国は人民元相場の上昇を抑えるために市場介入を実施し、それで急増した外貨準備をドル資産に投資している」部分もありますが、過去の日本のように、意図的にドルを買い(円安)為替操作をすると、(1)経常収支額=④海外投資⑤外貨準備ですから、⑤が増えた分、民間の海外投資④が減ります。
C:「米国債を売却したり、引き受けを阻んだり」にはなりません。国債購入は止められないからです(減る事はあります:たとえば、ユーロ債・オーストラリア債に投資すれば)。 

 別に国債ではなくてもいいのですが、そのかわり、アメリカ企業の社債・株・アメリカ個人への貸付を増やすことになります。投資としては国債の低いけれど確実な利率を選ぶか、リスクの大きい社債・株かということになります。
 
 皆さんが、中央銀行や政府で外貨を預かった係りの人なら、どちらを購入しますか?
中国が、アメリカ国債を購入するのは、国内の貯蓄超過が原因です。次のグラフを見て下さい。中国は経済成長しています。その分、国民所得も増大していますが、みなさん、所得が増えたら、全部消費に回しますか?しませんよね。所得が増えた分、貯蓄に回すはずです。
櫻川昌哉『経済を動かす単純な論理』光文社2009p149
各国 貯蓄率 櫻川昌哉『経済を動かす単純な論理』光文社2009
 なんと、中国の貯蓄率は、50%近いではありませんか!!所得の半分をS貯蓄に回しているんですね。この この貯蓄超過が、資本収支赤字(海外投資)=経常黒字になるのです。
 何度も言います。 「貿易黒字はもうけ」「貿易赤字は損」「貿易赤字は悪いこと」ではなく、 「貿易赤(黒)字」は「お金の貸し借り」のこと なのです。
スポンサーサイト
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2009年06月 | 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学図解 使えるマクロ経済学
(2014/10/11)
菅原 晃

商品詳細を見る


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学
(2013/09/10)
菅原 晃

商品詳細を見る


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格

高校生からのマクロ・ミクロ経済学入門Ⅱ 発売です!

高校生からのマクロ・ミクロ経済学入門Ⅱ

DLmarketで購入


目次はカテゴリ一番上『著書』を見て下さい。


注 コメントする方へ

このブログでは、ご意見・ご感想(価値観)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ