新聞の間違い(7) 日経新聞のでたらめその3+読売

H21.4.13 藤井彰夫編集委員 『アジアの力日本に生かせ』日本経済新聞

…2008年度の日本の貿易収支が、第2次石油危機直後の1980年度以来、28年ぶりの赤字になった…05年春に政府がまとめた「21世紀ビジョン」。日本は輸出で稼ぐ輸出立国から、海外投資で稼ぐ投資立国に転換し、貿易収支(財・サービス収支)は輸入拡大で2030年に赤字に転じると試算した。赤字転落は想定と全く違う展開で現実になった。…「輸出で稼ぐ」をモデルにしてきた日本経済の行く末は縮むばかりだ。

H21.4.13 「貿易赤字、影響はどう広がる?」日本経済新聞

…輸入額が輸出額を上回ったわけで、貿易で稼いできた日本経済の大きな転機になる可能性もある。
Q貿易赤字になるとどうなる?
A単純化すると、貿易収支が黒字なら、日本の保有資産が増える。逆に貿易赤字なら日本の保有資産が減ると考えればいい。輸出で稼ぐ企業の収益は悪化するので…家計の所得が少なくなり、個人消費が停滞する可能性もある。

H21.4.13 岡田章裕『輸出主導に転機 08年度貿易赤字 内需刺激限界も』読売新聞
…2008年度…貿易収支は7253億円の赤字となり、28年ぶりの赤字に転落した。…輸出でお金を稼ぎ続けることが難しくなっていることを示した。
…日本は高度経済成長を遂げた1970年代以降、貿易黒字を続ける「輸出立国」で、赤字転落は、2度の石油危機の影響を受けた時期だけ
 だった。バブル崩壊後の90年代に景気後退に苦しんだが、02年度以降、おおむね10兆円前後の貿易黒字を記録してきた。
…ただ、内需だけで日本の経済成長を支えることは難しい。輸出増加への努力を続け、引き続き輸出に経済の牽引役の一端を担わせることが不可欠だ。

(4)輸出が増えると輸入も増え、輸入が増えると輸出も増える

 輸出と輸入は表裏一体です。輸出をする=労働力を特化することは、他の所に使う労働力を、輸出産業に特化するということです。
石炭から、石油に、エネルギー革命が起きました(1960年代)が、石炭産業は雇用を減らし、石油産業は雇用を増やしました。でも、日本は石炭の大輸入国です。08年度3兆2557億円の輸入額です。石炭産業に従事するはずの労働者数を、自動車・鉄鋼・電子部品・建設機械などの産業にシフトさせています。日本の輸出入浜島書店 資料集『最新図説 政経』2006 p309
輸出増=輸入増なのがわかるでしょう?
これは、世界中の国で比較しても同じです。実教出版 資料集『新政治・経済資料』p2008 p259一人当たり輸出入
輸出が増えると輸入も増え、輸入が増えると輸出も増える のです。

 企業が、最も効率のよい(利潤を最大化)部門に、従業員を配置換えするのも、特化(輸出と同じ原理)です。その部門に特化し、輸出して(企業生産のモノ・サービスを売って)、必要なモノ・サービスを輸入(企業も他社から購入する)しているのです。これが貿易です。だから、企業が得意分野に特化すればするほど(労働者シフト)、輸入も増えるのです。
 企業が自社に必要なものを全て自給自足してみると考えて見ましょう。ものすごく非効率です。ですから、得意な部門に特化(自社で提供)し、必要なものを輸入(他社の財・サービス購入)する のです。これを、国と国で行えば、貿易になります。自給自足<貿易、企業の自給自足<企業の部門特化です。
 私たちも同じです。衣食住を自給自足せず、何かの仕事に特化して貿易(自分が作った財・サービスを提供し、他者から購入する)しています。医者、弁護士、公務員、銀行員、ガソリンスタンドの店員、パン職人、大工、農業・・・みんな、仕事を特化しています。サッカーをしても、野球をしても、バスケをしても、どれも人より十分得意な学生は、やはり、どれかに特化し、プロを狙います。
 輸出が増える(人がその仕事に特化する)と輸入も増える(ほかの財・サービスを購入せざるを得ない)のです特化>自給自足です。

スポンサーサイト
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2009年04月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ