資料集の間違い(5)

第一学習社『最新現代社会資料集2009』p134

国際収支とは国の家計簿みたいなものである外国と取引きをした結果、1年間でどれだけ黒字が出たか、または赤字になったかを記録した帳簿と思えばよい…
はるか:先生、日本の外貨が増えているのに、外貨準備増減が赤字というのがよくわからないんですが?
鈴木先生:国際収支は複式簿記の原理から、経常収支+資本収支+外貨準備増減の合計が基本的にゼロになるようつくられている。だから外貨準備が増加した場合は、マイナスになる。ちょっと変かもしれないが、そういうルールだと理解するしかない。
はるか:わかりました。

 
 三角形の面積は「底辺×高さ÷2」です。しかし、小学生にこの式を教えるために、小学校の先生は「なぜそうなるか」を、解説します。ものすごく丁寧に、でも必ず理解できるように、紙を切ったり貼ったりして教えます。空間把握概念の基礎の基礎で、でもだからこそとても大切なポイントです。
 この公式について「そういうルールだと理解するしかない
」などとは絶対に教えません。

 まず、国際収支表は家計簿とは全く違います。「入ってきたお金をどう使ったか」というのが家計簿です。
 国際収支表は会社で言えばバランス・シート(貸借対照表)で、①資産と②他人・自己資本が同額になります。②が減れば(例:保有株式で損)①も同額で減ります。

国際収支も同じで、「①モノ・サービス取引き=②カネの流れ」なので、「①貿易(モノ・サービス)黒字=②資本(カネ)赤字」になりますモノ・サービスが売れると、同金額が資本勘定の項目に△(マイナス)で記入されます
 だから、2007年日本は
国際収支表
となるのです。
 △は外国カネ(資産)増と覚えれば間違いないでしょう。ドル・ユーロや、外国国債、外国社債、外国株の購入額のことです。貿易黒字=外国への資金提供のこと なのです。ですから、「貿易黒字はもうけ」ではありません

 この原理を「三角形の面積」のように分かりやすく解説できないのは、出版社(編集者・執筆者)が経済学に基づいて書いていないからです。
スポンサーサイト
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ