教科書の間違い(1)

東京書籍『政治・経済』H20 p178

「…競争と摩擦・対立の激しい国際環境になってきた。こうしてゼロサム・ゲームの様相を帯びてきた国際経済の中でいかに妥協点を見いだし、国際社会の一員としての役割を果たしていくかが、日本に課せられた新たな課題…」
赤部分は、完璧に誤り


土谷英夫 2つのロンドン会議 日経3月23日

「保護主義排除の徹底だ・・・だれかの得はだれかの損という『ゼロ・サム』の世界観が広がれば由々しいことになる」
青部分は完璧に正しい

国際貿易はゼロ・サムゲーム」と言うことは、典型的な誤りです。1+1=5というくらい、ばかげた話です。

「ゼロ・サム」というのは、「パイ(例:世界全体のGDP合計額=国民所得、あるいは、製品における業界シェア)は限られている」との前提に基づいています。ここが間違いです。世界のGDPは、経済危機や恐慌時を除き、拡大しています。経済成長です。パイは大きくなっているのです。
 製品における業界シェアを争う「ゼロ・サム」というのは一見正しそうです。なぜなら、シェアの合計値が100%だからです。しかし、売上高(量)が増えていたら、どうでしょうか?やはり、ゼロ・サムではありません。
 貿易は、麻雀ゲーム(限られた点棒の奪い合い)ではないのです。
スポンサーサイト
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、ご意見・ご感想(価値観)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ