外貨準備増減 その2

『日本経済新聞』21年4月8日

 財務省が発表した3月末の外貨準備高は、前月末に比べ、91億9500万ドル増え、1兆185億4900万ドルとなった。増加は3ヶ月ぶり。米国の長期金利の低下を受けて、保有する米国債の時価評価額が膨らんだのが主因。

財務省発表 平成21年 国際収支状況(速報)の概要 (公表済み資料)
12月中 経常収支:1,254億円の黒字
 1月中 経常収支: ▲1,728億円の赤字
 2月中 経常収支:1兆1,169億円の黒字

教育出版『政治・経済 明日を見つめて』H20 p127
国際収支が黒字ならば、外貨準備高は増加し、赤字ならば減少する。


財務省速報のように、日本の経常収支は2月時点で、黒字です。増加は3ヶ月ぶりとありますので、教科書通りなら、2月には、外貨準備は増加しているはずなのですが・・・

そうならないのは、教科書が間違っているからです

経常収支黒字額 = 資本収支赤字▲額(①資本収支②外貨準備増減③誤差脱漏)
経常収支赤字▲額= 資本収支黒字額(①資本収支②外貨準備増減③誤差脱漏)

です。①②③トータルで、左辺=右辺になりますので、経常収支黒字=外貨準備高増ではありません






スポンサーサイト
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
中高の教科書でわかる経済学 マクロ篇 発売です!

中高の教科書でわかる経済学 マクロ篇

中高の教科書でわかる経済学 ミクロ篇 発売です!

中高の教科書でわかる経済学 ミクロ篇


図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ