リカード 比較優位 比較生産費説 その4

<リカード・比較生産費説 その4>

<比較生産費:リカードの表>


清水書院 教科書『現代政治・経済』2008 p152清水書院 教科書『現代政治・経済』2008 p152.その2

間違い×「生産量が増え,交換すれば利益を得る」
正解 ○「特化前は,生産量≧消費量だったものが,特化後は生産量<消費量となり,消費者効用が増大する」

 では、リカード・モデルの「魔法」を解きほぐしてゆきましょう。
 リカードは,国は,イギリスとポルトガルの2カ国だけ,生産される商品もワインと毛織物という2つだけの世界を仮定し,次のような表を示しました。

リカード表1

 イギリスの全労働力を,220人とします。また,ポルトガルの全労働力を170人とします。そして,必要な労働量(労働者数)の違いがその生産費に反映し,商品の価値(価格)が決まるという,労働価値説の立場に立ち,理論を展開します。
 
 商品を生産するには,土地の広さ(ワイン作り)とか,機械の生産力(ウール作り)とか,様々な要素が必要です。ワインを作るには,広い土地がある国の方が有利ですよね。また,ウールを生産するには,例えば優秀な毛織物の機械があれば,同じ1時間でも,より多くのウールを生産できます。機械の力ですね。
 本当は,国によってこのような違いがあるのですが,ここではその違いを無視し,労働者数の違いが,生産費を決めると仮定します。

 この表を見て分かるのは,ワインもウールも,ポルトガルの方が,イギリスに比べて少ない人数で生産できるということです。これを,ポルトガルの方が「絶対優位」の立場にある と言います。

 つまり,ポルトガルの方が,圧倒的に優位な立場で,ワインもウールも生産できるので,ポルトガルとすれば,貿易する必要がないということになります。そもそも,貿易の必要がないのですが,あえて,貿易をしたとしても,ポルトガルの一人勝ちになりそうですね。ポルトガルが一方的に輸出してしまいそうです。

 一方,イギリスにとっても,ワインとウール,両方ともポルトガルよりも生産費(コスト)がかかるので,貿易しても,イギリスの商品は,ポルトガルでは売れないと言うことになってしまいます。また,ポルトガルの商品が,イギリス市場に洪水のようにあふれてしまい,イギリス産業は壊滅してしまいそうです。
リカード表1
 ところが,リカードによれば,ポルトガル,イギリスともに,「貿易をすれば,必ず利益がもたらされる」のです。ポルトガルは安い商品を生産できるのだからともかくとして,イギリスにはどうして利益がもたらされるのでしょうか。それを可能にするのが,「比較優位」の理論なのです。

 さて,いよいよ比較生産費説の説明に入るのですが,表1は,数字が大きく,計算をすると小数点などが出てきて,わかりにくくなってしまうのです(100÷120=0.833…など)。とにかく,「できるだけわかりやすく説明する」のが主旨なので,ここで,表の数値を思い切り変えます。ただし,数字の大きさを変えるだけで,表の本質(例えば,ポルトガルの方が「絶対優位」にあるなど)は変わりません。
リカード表2
 ずいぶんすっきりしました。ポルトガルは依然として絶対優位の立場にあります。
 この表でも,ワインもウールも,ポルトガルの方が,イギリスに比べて少ない人数で生産できます。ワイン1㍑は,1人の労働者で作れますし,イギリスでは5人もかかることに比べれば,圧倒的に優位ですね。ウールも同様です。では,どうして,「貿易をすると,イギリスに利益がもたらされる」のでしょうか。

 表2を見ると,イギリスはどちらの商品を作るにしても,労働量では不利なのですが,その不利な割合は,ワインとウールでは差があるのです。イギリスではウール1㍍を生産するために,4人の労働量が必要なので,ワイン1㍑生産に必用な5人の0.8倍の労働量ですみます。

 ポルトガルでは,ウール1㍍を生産するために,2人の労働量が必要なので,ワイン1㍑生産に必要な1人の,2倍の労働量を投入しなければなりません。つまり,ウール生産にワイン生産の2倍の労働量がかかり,イギリスでは同じく0.8倍の労働ですみます。比較すると,ウール生産では,その生産性において,イギリスの方がより優位です(0.8:2)

 逆にポルトガルの場合,ワイン1㍑生産に必要な労働量はウール1㍍生産に用いられた労働量の0.5倍(1÷2=0.5)ですみ,イギリスの場合は,1.25倍(5÷4=1.25)かかります。比較すると,ワイン生産では,その生産性において,ポルトガルの方がより優位です(0.5:1.25)。では,ここまでの論をまとめてみます。
リカード表2
イギリスは,ウール生産で比較優位にある =得意である
ポルトガルは,ワイン生産で比較優位にある=得意である

 イギリスは,どちらを作っても,ポルトガルよりは,効率よく作れません。ですが,ウール作りの方が,かろうじて得意と言えます。

 ポルトガルは,何を作ってもイギリスより得意です。でも,ウールづくりと,ワインづくりのどっちがより得意かといわれれば,ワイン作りの方がより得意です。

 リカードによれば,ポルトガル,イギリスともに,特化して「貿易をすれば,必ず利益がもたらされる」のです。

続く
スポンサーサイト
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


FC2カウンター
カテゴリ
記事を検索する
「国債」 「公債」 「食糧」 「貿易黒字」などで検索して下さい
プロフィール

菅原晃

Author:菅原晃
図解 使えるミクロ経済学 発売です!

図解 使えるミクロ経済学

図解 使えるマクロ経済学 発売です!

図解 使えるマクロ経済学


高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学発売です!

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学


経済教育学会 
経済ネットワーク 会員
行政書士資格


注 コメントする方へ

このブログでは、個人的なご意見・ご感想(価値観 正しい・間違い、好き嫌い、善悪)は、千差万別で正誤判定できないことから、基本的に扱っておりません。
意見は書き込まないで下さい。こちらの見解(意見)を尋ねる質問も、ご遠慮願います。
経済学は学問ですので、事実を扱い、規範(価値観)は扱っていません。事実に基づく見解をお願いいたします。
カテゴリ『コメントに、意見は書かないで下さい』を参照願います。
なお、はじめてコメントする方はコメント欄ではなく「質問欄」からお願いいたします。

ご質問・ご意見(非公開でやりとりできます)
内容・アドレス表示されず、直接やりとりできます。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ